上位表示だけじゃダメ!読まれる記事タイトルの付け方21条と事例

目次 ▼

検索流入が少ない理由は記事タイトルのせい

もしあなたのWEBサイトのPVが増えない、検索流入が少ないとしたら、半分はタイトルのせいです。記事のタイトルを極限まで考えれば、今よりも必ずユーザーにクリックされるようになります。

このサイトでは、記事タイトルの付け方のルールを守ることで、アクセス数を大きく増やすことができています(記事平均CTRは現在8.2%)。

そこで今回は、検索でクリックされる記事タイトル、読まれる魅力的な記事タイトルの付け方と事例についてお話したいと思います。

※リンクが付いているタイトルは、実際に使用しているタイトル

クリックされて、読まれる記事タイトルの付け方

タイトルは30文字以内!ただし言いたいことがあれば別

ユーザーが検索したときに、検索結果に表示されるタイトルの文字数上限は全角28-35文字とばらつきがあります。タイトルの意図を正しく伝えるためには、記号や半角スペースなども入れた文字数を全角30文字以内にすることが理想です。

ただし、どうしても言いたいことがあり、タイトルに盛り込みたい場合は、それを曲げてまで文字数を重視する必要はありません。

・いいね!を集めにくくなったFacebookページをいつやめるべきか?「今でしょ!」ではない

いいね!集めにくい Facebook   Google 検索

これは当時、どうしても「今でしょ!」を言いたかったので、46文字になってしまいました(現在は変更済み)。

「今でしょ!」で検索エンジンで上位表示を狙ったのではないため、検索結果でタイトルが切れてしまっても問題ありません。読んでくれた人がキャッチーだと思って、拡散しやすいタイトルをつけています。

ビッグワード単体のタイトルで上位表示を狙わない

タイトルを付ける際は、そのコンテンツにおける重要なキーワード+関連語を最大3つまで含めるように工夫しましょう。

たとえば、Facebookで退会をしたい人が、「Facebook」で検索をすることはありません。「Facebook 退会」や「Facebook アカウント 削除」などが考えられます。

ビッグワードで検索1位を狙うというSEO業者がいますが、費用対効果の面を考えると効率が悪いことです。

Facebookで考えられる2語のキーワードとタイトル
・Facebook 非表示 → 「Facebookでフォローをやめて友達の投稿を非表示にする方法
・Facebook ログイン → 「意外と知らないFacebookログインとは何なのかを説明する」
・Facebook アプリ → 「普段の生活で使えるFacebookアプリ10選」
Facebookで考えられる3語のキーワードとタイトル
・Facebook アカウント 退会 → 「Facebookさよなら アカウントを永久削除して退会する方法
・Facebook 退会 できない → 「Facebookを退会できない人はこれを読めばOK」
・Facebook ログイン 方法 → 「Facebookにログインする様々な26の方法」
・Facebook ログイン 時間 → 「あの人のFacebookログイン時間を取得する方法」
・Facebook アプリ 本数 → 「Facebookのアプリ本数を全部調べた結果…」
・Facebook アプリ 写真 → 「Facebookに簡単に写真を登録するアプリ発見!」

上記はタイトルの例ですが、コンテンツ内容によって何をキーワードにしているかが見えてくるはずです。

タイトルタグの前半にキーワードを含める

タイトルタグの前半にキーワードを含めることは、SEO対策に良い影響があると言われていますが、それよりもキーワードが前半にあることでユーザビリティが高まります。

アスクルはなぜ急激に成長したのか?独自の代理店システムを考察

アスクル 代理店   Google 検索

こちらのタイトルは、前半で疑問を投げかけて、後半で解説するという内容を表しています。上記検索結果では、「アスクルはなぜ急激に成長したのか?独自の代理店システムを」までしか表示されていませんが、「考察」が見えなくても意味は通じますね。

コンテンツ毎に違うタイトルを付ける

タイトルは記事毎に違うものにしましょう。◯◯その1、◯◯その2では、コンテンツの内容が伝わりづらくなりますし、Googleに重複コンテンツだと認識されてしまう可能性があります。

・クラウドワークスは次から次へ提携をぶっこんでくる!2013年の提携一覧(10月末まで)
・やっぱりクラウドワークスの提携話の数が半端ない件~2014年5月

※現在どちらも記事削除済み

この2つは内容が似通っているため、統合して301リダイレクトをかけました。重複コンテンツだと認識されると、以下の弊害の恐れがあります。

重複コンテンツを放置してはいけない理由
・ペナルティの対象になるため
・クローラビリティが下がるため
・検索結果から除外するフィルタがかかるため
・リンクの評価が分散されるため
・WEBサイトの評価が下がるため

タイトルに同じ(意味の)キーワードを複数回使わない

重要なキーワードでも、同じ言葉を複数回使うより、どうやったらコンテンツの内容を限られた文字数で表現できるかに気を使ったほうが良いです。こちらもユーザビリティの観点で考えましょう。

・SEOのSEOによるSEOのためのSEOを学ぶ
1年半でスマホアクセス割合38%→65%!スマホサイト対応してる?

上が論外だということは誰でもわかると思いますが、もしも検索上位表示された場合、逆に新鮮でクリックされるかもしれません。

下は、「スマホ」というキーワードが、前後半で2つ出てきていますが、前半はスマホのアクセス数、後半はスマホサイト対応を表すため、複数回使った方が意味が伝わりづらい例です。

検索行為は質問だと認識してタイトルを付ける

ユーザーが検索をするのは、ユーザーが検索エンジンに質問を投げて、検索結果でその回答を得る行為だと理解してください。

Facebookタグ付けとは?見られたくない写真公開を事前に防ぐ方法

「とは」を付けて検索することを「とは検索」と言います。「とは」の後は文章が省略されており、上記の場合「Facebookタグ付けとは(なんだろう)?」という質問が入ります。

つまり、そのようなタイトルが付いているコンテンツは、コンテンツ内容で明確な回答をしなければいけません。

ちなみに、当該キーワードにおいて「とは検索」の対象になると、ページ最上部に強調スニペットとして表示される場合があります。

パンダアップデートとは   Google 検索

あなたにとって重要なキーワードが、検索ユーザーにとって疑問になるキーワードであれば、積極的に「とは検索」で検索されるようなタイトルにしてください。もしページ最上部に強調スニペット表示されたらラッキーです。

他にも、ユーザーは「意味」、「って」、「?」などを使って検索を行います。このようにユーザーは検索エンジンを使って回答を探しているのです。

タイトルでメリットをわかりやすく説明する

ユーザーはメリットを求めて検索をします。そのため、メリットを明確にできるコンテンツであれば、それをタイトルで示しましょう。

めちゃ稼げるかもUIscopeユーザーメリットとビジネスモデル
・UIscopeのユーザーメリットとビジネスモデルを解説

上は、コンテンツ内容に、UIscopeのユーザーメリットを明確に記載していたため、メリットがあるということをタイトルに明記しています。一方、下だとインパクトが弱くなってしまいます。

タイトルにメリットが強調できる言葉を入れる

タイトルでメリットをわかりやすく説明することに加えて、メリットを強調できる言葉を付加すると、ユーザーはそのコンテンツに魅力を感じます。

オフラインであとで読む!簡単ブックマークPocketの登録と使い方
・ブックマークサービス「Pocket」の登録と使い方

上は「簡単」にできることを強調しています。メリットを強調すると、似たようなタイトルのコンテンツが並んだ時でも目が止まりやすくなります。下は、やはり弱く感じます。

ここで気をつけることは、誰でもわかる言葉、スッと頭に入ってくる単語を使うことです。簡便、簡易、平易、容易いなどよりも、「簡単」が一番スッと入ってくる言葉ですね。

タイトルでコンテンツ内容を予測させる

タイトルでコンテンツ内容を予測させるためには、この2点が必要です。

・キーワードが含まれている
・要約として機能している

ユーザーは、知りたいことをキーワードで検索するため、タイトルにキーワードが含まれているのは当たり前です。さらに、ユーザーはタイトルを見てクリックするため、タイトルがコンテンツの要約になっていなければいけません。

文章を書くテクニックとして、三段構成の場合コンテンツの序論が全体のまとめになった文章は多いと思います。そのため、序論をさらにまとめたものがタイトルになる場合が多いと思います。

昔からあるSEO対策は今でも有効?無効?またはペナルティ?

タイトルでサイトの内容を明確に説明する

タイトルは、コンテンツの内容だけでなく、WEBサイトの内容を説明する場合もあります。

WEBサイト全体が持つコンテンツとの関連性が高い方が、SEOの評価が上がるとされています。

もちろんランキングアルゴリズムの1つのシグナルでしかないため、WEBサイト自体がカテゴライズされている場合(SEO対策に関するサイト、雑貨紹介に関するサイトなど)に限ります。

雑記ブログなど、そうでない場合はとくに気にする必要はありません。

特定ターゲットにタイトルでお題を提示する

予備知識、基本知識がある特定層に対して、お題目を提示するタイトルの表現手法です。

リブセンスが受けた検索ペナルティとは?安全なSEO対策はある?

これは、SEO、WEB業界関係者の間では有名なニュースだったため、「リブセンスが検索ペナルティを受けたかもしれない」「リブセンスの営業利益が大きく減少した」という予備知識がある層が読むことを前提で付けたタイトルです。

ターゲットが明確なため、このようなタイトル付けができますが、話題性により検索数が上下します。

タイトルに過剰な宣伝文句を使用しない

に下記のように過剰な宣伝文句をタイトル入れると、コンテンツの信用を落としてしまいます。

・100%◯◯
・どこよりも安い!
・絶対痩せる

本当にタイトル通りのコンテンツであれば良いのですが、内容によっては、E-A-T(専門性、権威性、信頼性)を欠いていると判断されてしまいます。

タイトルにブランド名はなるべく入れない

取り扱っている商品が、明確にブランド名を必要としているなら、ブランド名を入れても全く問題はないでしょう。

ただし、明確なブランディングコンセプトがない限り、企業名や店名をタイトルに入れる必要はありません。文字数の浪費になります。

1.資生堂の肌にツヤを取り戻す大人気化粧水が明日まで7割引き!
2.◯◯ドラッグストアー△△支店:肌にツヤを取り戻す大人気化粧水が明日まで7割引き!
3.肌にツヤを取り戻す大人気化粧水が明日まで7割引き!

1の様に、ブランドネームが売りになるならば、キーワードとして採用してください。2の店名は必要ありません。売りが伝わりにくくなります。3の様に商品の売りだけで十分です。

タイトルには『』【】()「」を多用しない

記号をタイトルに入れることを進めるコンテンツをいくつか見たことがありますが、特別な意味がない限り使わなくて大丈夫です。

・【速報!】明日から例年の「100倍の花粉」がやって来る!
・『必読!』今からできる【一日5分】の勉強で【一か月後】には海外留学

このような括弧は前後で2文字分消化します。数字の強調は効果が高いため、使いたい気持ちはわかりますが、使いすぎでどこを見て良いかわかりません。

・速報!「例年の100倍の花粉」が明日からやって来る!
・必読!『一日5分』の勉強だけで一か月後に海外留学
「あすけん」を使用した感想を聞いてみた

個人的には、タイトルに括弧を使うこと自体あまりないのですが、括弧で強調するとしたらこのように修正します。あすけん感想のコンテンツは、「あすけん」がひらがなであるため、括弧を付けてわかりやすくしました。

同様に、★☆※!これらも1タイトルに3つ4つ入っていると過剰に感じます。

タイトルにはまとめ記事だとわかる表記をする

まとめ記事をよく見る人もいるでしょう。まとめ記事は数字とセットになって表現される場合が多いのですが、必ずしも数字が必要なわけではありません。タイトルの文字数との兼ね合いで考えましょう。

・これ全部無料!写真素材10サイトまとめ
・絶対可愛い~と言われるオシャレネイル30個まとめ
いつの間に!?オンラインで取得可能な不動産情報取得サービス5選
著作権フリー、商用可、登録不要、日本語無料写真素材サイト23選

このようなまとめ記事はよく見られますし、ブックマークをされやすいタイトルです。

「不動産オンライン情報~~」は専門的すぎたかなと思ったのですが、このような情報をまとめたコンテンツがあまりなかったために、はてなブックマークが伸びたタイトルです。

タイトルでニュースや速報性を伝える

TwitterやFacebookで拡散されやすいのが、この手のタイトルです。

・明日から開催!春のパン祭り
・今話題のロボット「ペッパー」がうちに来たよ
韓国情報機関がLINEを傍受!というショッキングな記事に関して

これらはフロー型記事と呼ばれ、一定の時期を過ぎると価値が失われます。そのため、ユーザーも「今見ておかないと。」という意識でクリックをします。

ただし、同様のライバルもたくさんいるので、誰よりも早くコンテンツを投稿する、もしくはまったく違った観点でコンテンツを作成するなどの工夫が必要です。

タイトルで反論、攻撃、煽りを表現する

タイトルでの煽りは、WEBサイトにコメント機能があるとより効果が上がります。そして、話題性が強いほどチェックされやすくなります。

攻撃対象が有名人や有名企業に対しての場合は、ライバルが多いため難しく、内容が浅いコンテンツの場合は読まれても拡散されません。

逆に、ネットで話題、一部のカテゴライズされた人たちで話題などへの反論の方がチェックはされやすいでしょう。

・AKBのCDを買う~~~は◯◯だ!
・Twitterで◯◯を晒すのはやめろ、誰でもやるだろ!
・◯◯事件の真相を知っているから全てバラす

タイトルで煽って、コンテンツ内容でも煽り倒すという勇気があるコンテンツもあれば、タイトルで煽ってコンテンツはそうでもないという場合もあります。

話題性のある商品レビューであることを表示する

単なる商品レビュータイトルでは見てもらえません。

特定の支持層が存在する商品、例えばApple製品やブランド商品をいち早く使ってみた系のタイトルは、レビューを参考にしたい人がクリックしてくれます。

・最新iPhone◯を買ったから徹底的にレビューするよ
・ノンフライヤーを使って手当たり次第50品揚げてみた
・USJのハリーポッターで人生最高に楽しんだ4つのポイント

このサイトではレビュー的なことはやっていませんが、このようなタイトルを付けておけば、商品を使ったうえでの紹介だということがユーザーにわかってもらえます。

タイトルに具体的な法則名や心理学用語を入れる

具体的な法則や心理学、行動経済学用語を入れるとタイトルに信ぴょう性が増します。また、それらを違った角度から説明したコンテンツであれば、拡散が見込めます。

・引き寄せの法則をうまく使って営業数字を150%伸ばす方法
・恋愛にも使える!ドアインザフェイス7つの活用法
5分で理解するフェルミ推定 マンホールの蓋はいくつある?

フェルミ推定の検索順位

このフェルミ推定の記事は、Google、Yahoo、Bingでwikipediaに続いて検索順位が2位です。

wikipediaが「サルでもわかる!フェルミ推定」などのタイトルには絶対にならないので、ちょっとタイトルを工夫すれば、ガンガンクリックされることになります。

タイトルに具体的な数字を入れる

これまでの事例でもいくつか出てきましたが、具体的な数字を書くとユーザーがイメージをしやすくなります。

タイトルに数字を入れる場合は、「具体的なメリットを数字化する」「具体的な数字でコンテンツ内容を明確にする」のどちらかを意識してください。

・1秒縮まる!パパ格好良いと言われる走り方3つのチェック
・3か月で5,000個売り上げた脅威の交渉術を公開
無料・有料おすすめの1本はこれ!コピペチェックツールの比較

タイトルには誰かが思っていそうな言葉を入れる

タイトルに、固い表現を使う必要はありません。ユーザーが思っていることを代弁したタイトルを付けると、自然と見てみたくなります。

・もう三日坊主では終わらせない、気持ちが持続するジョギング術
・あーお腹減ったぁ…ダイエットを成功させる食べても大丈夫な間食
Q&Aサイト多すぎぃ!総合から面白い専門サイトまでサービス一覧

クリックされるタイトルは自然にSEO対策になる

記事タイトルは単なるSEO対策ではなく、キャッチコピーとして考えた方が効果が高まります。と言っても専門的なキャッチコピーの勉強をする必要はありません。

ある程度、タイトル付けに必要なライティングテクニックだけ押さえて書くようにすれば、クリックされるタイトル、読まれるタイトルを付けられるだけでなく、自然とSEO対策にもなります。

次回は、ウェブマスターツールの実データを用いて、タイトルの重要性を深堀りしたいと思います。