titleタグとSEOの関係は?記事タイトルを最適化する書き方

titleタグとSEOの関係

titleタグとは

titleタグ(タイトルタグ)とは、WEBページのタイトル名を表示するために、HTMLのhead内に記述される要素のことです。

Googleでは、検索結果にtitleタグの内容が表示されることが極めて高いだけでなく、ページ内の情報を端的に表す文字列としてランキングアルゴリズムの評価対象になります。

たとえば、以下の検索結果を見ると、「サーチコンソールでFetch as Google廃止!代わりのURL検査ツールとは」と表示されていますが、HTMLソースにはtitleタグを使って以下のように記述されます(head,title要素以外は削除)。

サーチコンソールでFetch as Google廃止!代わりのURL検査ツールとは Google 検索
<head>
<title>サーチコンソールでFetch as Google廃止!代わりのURL検査ツールとは</title>
</head>

今回は、titleタグとSEOの関係についてお話したいと思います。

titleタグとSEOの関係

titleタグは、Googleのランキングアルゴリズムに影響を与えます。つまり、正しい書き方をすることで、SEOに効果があるということです。これは、以下「Google Ranking Factors」にも記載されています。

「Google Ranking Factors」とは、Google Partner(Googleが認定しているGoogle広告の正規代理店)である「NORTHCUTT」が様々な文献やGoogleの技術者のインタビューなどから、Google検索のランキングアルゴリズムに影響すると思われる要素を解説したコンテンツのことです。

Google Ranking Factors: 273 Facts & Myths (2019) | Northcutt

titleタグ内には検索キーワードを含める

titleタグは、ページ内容やページタイトルを定義づけるため、検索キーワードを含めて記述しなければいけません。たとえば、「スマホ 捨て方」で検索すると、タイトルには「スマホ」「捨て方」に関連したキーワードが含まれることがわかります。

スマホ 捨て方 Google 検索

titleタグの前半に検索キーワードを含める

検索キーワードは、titleタグの前半に含めた方が検索順位が良いことが調査からわかっています。Thumback.comによると、タイトルの語順によってトラフィックが20-30%も変わったという結果が出ています。

この結果は、検索キーワードをtitleタグの前半に含めることとともに、関連用語を近くに配置するなどの順番も大切だということを示唆するものです。

ただし、タイトルはページ内容を端的に表すものでなければいけないため、検索キーワードは必ずしも先頭である必要はありませんし、無理やり前半に含めるべきものでもありません。

titleタグに検索キーワードを含めすぎない

検索キーワードを過剰に重複させる行為は、「キーワードスタッフィング(Keyword Stuffing)」というスパム行為に当たります。これはtitleタグ内においても同様です。

同じ検索キーワードは何度も使わず、1-2回程度に留めるべきでしょう。そもそも、検索キーワードを繰り返し使うことで、タイトルがページの内容を端的に表さなくなれば、クリック率は下がってしまいます。

titleタグの文字数は長すぎてはいけない

titleタグの文字数は、全角30-35文字未満にしましょう。長すぎると、ランキングアルゴリズムの低評価対象になる可能性があります。

titleタグとユーザビリティの関係

titleタグはランキングアルゴリズムで考えるだけでなく、ユーザビリティの観点からからも最適化を考えなければいけません。そのため、以下のルールを守って書きましょう。

タイトルは全角で35文字以内

titleタグの文字数は、日本語なら多くてもで全角で35文字以内にしましょう。個人的には、28文字以内、長くても32文字以内に収めるように調整しています。理由は2つあります。

検索結果に表示される文字数に制限がある

半角を0.5文字換算すると、上が34.5文字、下が32.5文字です。表示される文字数はまちまちなので、タイトルが切れずに表示されるためには、28文字以内に収めた方が意図を検索ユーザーに伝えることができます。

タイトルタグの文字数 Google 検索

タイトルが短い方が内容を推測しやすい

もちろん、すべてのWEBページがこの限りではありませんが、ユーザビリティの観点から考えれば、やたらと長いタイトルよりも短いタイトルの方が瞬間的に理解でき、内容を推測しやすいことはわかるはずです。

タイトルはページ内容を端的に表す

もし、「人がスマホを手放せない理由とは?3つの科学的な根拠」というタイトルを付けた記事の中身が、チョコレート美味しい!という内容であれば、Googleにもユーザーにも評価されないことはわかりますね。

つまり、タイトルとページ内容の関係性が近いほど、Googleは評価しますし、ユーザーも納得して読むことができます。

タイトルはページごとに変える

Googleは、同じような内容のページを検索結果に表示しないように、情報の独自性を重視しています。そのため、titleタグの内容も変えて、独自性を担保しなければいけません。

もちろん、ユーザビリティの観点で考えても、似たタイトルがあるとサイト内を回遊するうえで障害になる恐れがあります。

強調したい部分を考えてタイトルを書く

あなたは、検索結果に対して、タイトルを何十秒も眺めて中身が想像できたページだけをクリックするわけではないはずです。

たとえば、「SEO 方法 簡単」というキーワードで検索するユーザーは、「できる限り簡単にSEO対策をしたい。」「自分でもわかるSEO対策が知りたい。」という意図を持って検索することが想像できますね。

そのような人が以下の検索結果を見ると、瞬時に「誰でもできる」「初心者もすぐできる」に目が行くはずです。

SEO 方法 簡単 Google 検索

この結果の場合、【】でキーワードが強調されている分、1位よりも2位の方がクリック率が高いかもしれません。

titleタグを最適化する書き方とは

前述したとおり、titleタグはSEOの観点からも、ユーザビリティの観点からも重要な要素であることがわかります。

そのため、titleタグの重要性を十分に理解したうえで、正しい記述をしなければいけません。

最後に、SEOとユーザービリティを重視したtitleタグを最適化する書き方をまとめておきましょう。

titleタグ最適化の書き方
・titleタグ内には検索キーワードを含める
・titleタグの前半に検索キーワードを含める
・titleタグに検索キーワードを含めすぎない
・titleタグの文字数は長すぎてはいけない
・タイトルは日本語で35文字以内
・タイトルはページ内容を端的に表す
・タイトルはページごとに変える
・何を強調したいかを考えて書く
・強調したい部分を考えてタイトルを書く

ちなみに、もう一歩先に進んで、クリックされるタイトルの付け方も知っておきましょう。

内容は少し被っていますが、以下のようにタイトルの付け方を工夫すれば、今よりも何倍も読まれる可能性が上がります。

クリックされるタイトルの付け方
1条:30文字以内が基本だが、言いたいことがあれば別
2条:ビッグキーワード1語で上位を狙わない
3条:タイトルタグの前半にキーワードを含める
4条:コンテンツ毎に違うタイトルを付ける
5条:同一(な意味の)キーワードを複数回使わない
6条:検索行為は質問、検索結果は回答だと意識する
7条:メリットをわかりやすく説明する
8条:メリットが強調できる語句を付ける
9条:コンテンツ内容を明確に説明する
10条:サイト内容を明確に説明する
11条:特定ターゲットにお題を提示する
12条:過剰な宣伝文句を使用しない
13条:ブランド名はなるべく入れない
14条:『』【】()「」を多用しない
15条:まとめ記事だとわかる表示をする
16条:ニュースや速報性を伝える
17条:反論、攻撃、煽りを表現する
18条:話題性のある商品レビューであることを表示
19条:具体的な法則名や心理学用語を入れる
20条:具体的な数字を入れる
21条:誰かが思っていそうな言葉を入れる