被リンクは今もSEOに効果がある?被リンクを増やす方法は

被リンクの評価方法と外部からリンクを獲得する方法

読了目安:[6 分

被リンク(バックリンク)とは

被リンクとは、あるWEBページから違うWEBページに対して、貼られたリンクのことを言います。被リンクには同じドメイン下にあるWEBページから貼られた被リンク(内部被リンク)と違うドメイン下にあるWEBページから貼られた被リンク(外部被リンク)の2つがあります。

たとえば、これは「Google」、このWEBサイトからGoogleのホームに貼ったリンクですが、Google側から見れば外部被リンクということになります。

被リンクは検索エンジンの順位を決めるアルゴリズムにおいて、非常に重要な指標の1つです。その理由は、被リンクが多く貼られているWEBページほど、重要なことが書かれたコンテンツだと判断されるためです。

とても簡単な言い方をすると、被リンクとは人気投票のようなものです。そのため、以下のWEBページAとWEBページBがあった場合、どちらが上位に表示されやすいかは一目瞭然ですね。

被リンクの重要性

もちろん、被リンクは数だけではなく質も重要なのですが、それでもまずは数を集めなければお話になりません。

そこで今回は、被リンクの集め方についてお話したいと思います。

被リンクの3つの指標

被リンクの数を集めるお話の前に、Googleアルゴリズムにおいて、被リンクの何が大切にされるかは理解しておいた方が良いでしょう。

被リンクの数

これは前述した通りで、WEBページは、被リンクがたくさん貼られているほど評価が高くなります。

被リンクの質

被リンクの質には3つの考え方があります。

リンク元のページランク

リンク元のページの評価が高いほど、リンク先に受け渡されるリンクジュースが多くなります。リンクジュースとは、リンク元のWEBページが持っている価値のことです。

リンク元のコンテンツ内容

被リンクは、リンク先とリンク元のコンテンツの関連性が高いほど評価が高くなります。

ドメインやIPの分散

被リンクは、同一ドメインよりも違うドメインから多く受けている方が評価が高くなります。さらに、IPが違う場合はサーバが異なるため、より評価が高くなります。

アンカーテキスト

被リンクに使われるテキスト(アンカーテキスト)は、リンク元のコンテンツに関連性が高いほど評価が高くなります。また、被リンクに使われるアンカーテキストが、同一ではなくバラバラであるほど評価が高くなります。

被リンクを獲得する方法

相互リンク

WEBサイト同士で相互リンクを貼り合うのは、被リンクを増やす簡単な手段です。ただし、WEBサイトに関連性があり、お互いがコンテンツを補う関係性を作れなければ、ペナルティの対象になる場合もあります。

検索結果においてサイトのランキングに悪影響を与える可能性のあるリンク プログラムには、次のようなものがあります。

(中略)

過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること。

リンク プログラム – Search Console ヘルプ

SNSによる拡散

Twitter、Facebook、インスタグラムなどのSNSでWEBページのURLを拡散することで利用者の目に触れ、被リンクを獲得するきっかけになります。

ほとんどのSNSは、リンクに「nofollow」が指定されているため、被リンクの効果はゼロです。ただ、人の目に触れる機会を増やすことが、被リンク獲得につながります。

ブックマークサービス

ブックマークサービスは、日本のメジャーどころでは、はてなブックマークくらいしか残っていません(Livedoorクリップ、Buzzurlなどはサービス終了済み)。

はてブは「dofollow」ですが、単体では被リンク効果は高くありません。しかし、固定ユーザーは多く爆発力があるため、数日で数百単位の被リンクを獲得することも可能です。

プレスリリース

ほとんどのプレスリリースサイトは、リンクに「nofollow」が指定されています。そのため、この方法も人の目に触れる機会を増やして、被リンクを獲得するための手段として使うようにしましょう。

キュレーションサイト

キュレーションサイトは、「dofollow」の被リンクになります。とくに、NAVERまとめは被リンクの効果だけでなく、導線にもなるためメリットは高いでしょう。

キュレーションサイトからのの被リンクを獲得するためには、まとめを作るユーザーに発見されなければいけません。発見されるためには、まず検索上位に表示されなければいけないでしょう。

ナレッジサイト

教えてgoo、Yahoo知恵袋、発言小町などのナレッジサイト(Q&Aサイト)では、フォーラム内の質問に対する回答として、URLが貼られる場合があり、それが被リンクになります。

ナレッジサイトで取り上げられることも、キュレーションサイト同様、まず検索上位に表示される必要があります。

ブロガーに対する依頼

ブロガーが運営するブログに対して、何らかの商品のレビュー依頼をできるサービスはたくさんあります。そのため、依頼数が多いほど「dofollow」の被リンクを獲得できます。

有象無象のブロガーが嫌なら、有名な人に個別に依頼をしても良いでしょう。ただし、相場はバラバラです。

寄稿の返し

外部のライターに執筆を依頼するとともに、ライターのブログなどに「○○で記事を寄稿した」などのリンクを貼ってもらいましょう。手間とコストはかかりますが、ライターによっては質の高い被リンクになります。

掲示板

掲示板のリンクは、管理者が対策をしない限り「dofollow」の被リンクになります。ただし、掲示板に書かれた被リンクは時間経過が経つと評価が軽減する傾向があります。

掲示板は書き込みが増えると過去の書き込みはログとしてページの奥深くに入り込んで、評価が下がってしまいます。従って、SEO目的で掲示板にリンクを書き込むことは効率的な手法とは言えません。

掲示板からのリンクもサイトの評価につながりますか? | 正しいSEO相談室 | Web担当者Forum

被リンクの重要性は?

「被リンクの獲得って面倒じゃない?そんなに意味あるの?」という人は、Google検索品質シニアストラテジストのアンドレ・リパチェフ(Andrey Lipattsev)氏の発言を見てください。

RankBrain: Third-Most Important Signal?
The story says that a “very large fraction” percent of queries are now being processed with RankBrain. It also says that RankBrain is the third-most important signal in ranking:

RankBrain is one of the “hundreds” of signals that go into an algorithm that determines what results appear on a Google search page and where they are ranked, Corrado said. In the few months it has been deployed, RankBrain has become the third-most important signal contributing to the result of a search query, he said.

Meet RankBrain: The Artificial Intelligence That’s Now Processing Google Search Results – Search Engine Land

アンドレ・リパチェフ氏は、「ランクブレイン」が3番目に大切な指標だと発言しています。つまり、順序はわかりませんが、コンテンツと被リンクは変わらずトップ2だということになります。

SEOで重要な要素
1.コンテンツの質
2.被リンク(リンクポピュラリティ)
3.ランクブレイン

基本はコンテンツの質を高めること

もちろん、ご紹介したもの以外にも被リンクを獲得する方法、被リンクのきっかけになる方法はさまざまあります。

ご紹介した以外でもっとも確実な方法は、仕事の関係者や仲間に対して、「被リンクつけて。」とお願いすることです。また、名刺に「リンク貼ってください!」と書けば、割と高い確率で被リンクが獲得できます。

誰もがわかっていることですが、被リンクを獲得する基本はコンテンツの質をあげることです。これはオンラインでもオフラインでも同様です。

たとえ仕事の関係者や仲間内でも、質の低いコンテンツを提供しているWEBサイトに対して、リンクをつけるのは気が進みません。

WEBページにリンクを貼る理由
・リンク先の内容を引用したり、参考にした記述をするため
・リンク先の商品や場所などを紹介するため
・記述した内容より、詳細な内容を参照してもらうため

一方、コンテンツの質を上げて、ずっと待っていれば被リンクが増えるかというとそんなこともありません。

コンテンツの質を上げることよりも、上記の被リンク獲得方法は手軽に行えるものばかりなので、コンテンツと被リンクは、どちらも並行して対策するのがもっとも効率的ですね。