外部への発リンクにnofollowすると検索順位は上がる?下がる?

外部リンクにnofollowするとSEO効果がある?

noindexやnofollowの誤解

ページやリンクに対して「noindex」や「nofollow」を指定するのは、しばしばSEOに効果があるためだと誤解されています。

noindex、nofollow、noarchiveの役割
noindex|検索エンジンのインデックスを拒否する
nofollow|発リンクのクローリングを拒否する
noarchive|ページのキャッシュ作成を拒否する

中でも、発リンクにnofollow属性を使用したWEBサイト(とくに個人が管理するサイト)は山のようにあり、「なぜそんな無駄なことをするんだろう……。」「(誤解を恐れずに言うと)あんまり性格良くないんだろうな……。」と感じてしまいます。

ではなぜこのように思うのか、今回は、外部リンクにnofollowするとSEO効果があると勘違いする理由についてお話したいと思います。

発リンクにnofollow属性を指定する理由

2008-2009年ごろまで、発リンクに対してnofollow属性を指定することで、内部SEO効果を高めるテクニックが流行っていました。「PageRank Sculpting(ページランクスカルプティング)」というテクニックのことです。

ページランクスカルプティングを説明するためには、被リンクとリンクジュースについて知っておかなければいけません。

リンクジュースとは

リンクジュース(link juice)とは、リンク元のWEBページが持っている価値のことです。

リンクには、外部リンクと内部リンクがありますが、発リンク・被リンクの関係は内部リンクも外部リンクも同様です。つまり、内部発リンクと内部被リンク、外部発リンクと外部被リンクがあるということです。

※一般的に被リンクと言うと、外部からつけられたリンクを指すことが多い。

そういう意味では、たとえ内部リンクでもリンクが集まっているWEBページの価値は高くなります。リンクは”数と質”(リンクポピュラリティ)が重要ですが、ここで言う質とはリンク元ページが持っているページランク(リンクジュース)のことです。

たとえば、リンク元ページが10リットルのジュースを持っているとします。そのリンク元ページが、別の5ページそれぞれにリンクを貼っていた場合、10リットルのジュースを5つのリンク先ページに等分して与えなければいけません。

リンクジュースの説明図

このジュースが多い方が、ページの質が高くなります。つまり、ジュースを1リットルしか持っていないページよりも、10リットル持っているページからリンクを受けた方が価値が高い(ジュースをたくさんもらえる)ということです。

ちなみに、リンクジュースと言われてもピンときませんが、juiceには元気やエネルギーのような意味があるため、リンクによるパワーのように考えれば良いと思います。

ページランクスカルプティングとは

ページランクスカルプティング(PageRank Sculpting)とは、WEBページ内の発リンクにnofollow属性を指定して、リンクジュースを分配しないようにし、他の発リンクにリンクジュースを集約する手法のことです。

ページランクスカルプティングが有効

上記画像のように、発リンクにnofollow属性を指定することでリンクが1本減ります。すると、本来5つのリンクにそれぞれ2ずつ与えるリンクジュースが、リンクが1本減るため4本のリンクに2.5ずつ与えることになります。

たとえば、トップページから「問い合わせ」や「プライバシーポリシー」などには内部リンクが貼られますが、本来はリンクジュースを渡す必要が無いページです。

そのため、こういったページにnofollow属性を指定することで、他の重要なページにリンクジュースを多く分配し、ページの価値を上げるページランクスカルプティングが行われたわけです。

ところが、2009年6月、Googleのエンジニアであるマット・カッツ(Matt Cutts)氏が、ページランクスカルプティングによるリンクジュースの分配はもう意味がなくなった旨を話しています。

Google PageRankスカルプティングはもう役に立たない! | 海外SEO情報ブログ

現在のnofollow属性によるページランクスカルプティング効果は?

現在は、ページランクスカルプティングの効果はなくなりました。

リンクにnofollow属性を指定した場合、リンク先はクロールされるが、発リンクページが持つリンクジュースは被リンクページに分配されないことはこれまでと変わりません。

ページランクスカルプティングが無効

ところが、分配されないリンクジュースが他のリンクに分配されることはありません。リンクジュースは消えてしまうんです。

つまり、nofollow属性は、Googleガイドラインの記載通り、以下の役割のみになったわけです。

nofollowを使う理由
・信頼できないコンテンツの影響を除外するため
・有料リンクや広告へのリンクの影響を除外するため
・他のページのクロールの優先順位を上げるため

なぜ発リンクにnofollow属性を指定する人がいるの?

さて、このようにnofollow属性によって、以前のような内部SEO対策は行えなくなりましたが、いまだに発リンクにnofollow属性を指定する人たちがいます。

前述した通り、信頼できないコンテンツへのリンク、有料リンクなど明確にnofollow属性を指定するという理由があれば良いのですが、なぜそうではない人たちがいるのでしょう。

まだnofollowで内部SEO対策ができると思っているため

これは普通に考えられます。しかも、ページランクスカルプティングには効果がないという情報を知っていても、「いや、それでも多少は効いているはずだ。」と頑なに攻略要素を探すんです。

「SEO=技術を駆使して検索エンジンを攻略すること」だと思っている人は、まだたくさんいます。オカルトですね。

面倒でnofollowを外していないため

2009年ごろまでページランクスカルプティングに取り組んでいて、それ以降コンテンツを更新していない人もたくさんいます。

たとえ、10年以上更新していないWEBサイトでも、有用と判断されたら検索で表示されることは、Googleの良いところだとは思いますが……。

ライバルにリンクジュースを渡したくないため

最近は、他のWEBページを参考にした場合に、著作権に気を付けて引用をしたり、要約に参考リンクを付ける人も増えてきました。

ただ、「ライバルにリンクジュースを渡したくない!」という一心で、外部への引用リンクや参考リンクにnofollow属性を指定する人がいます。意地が悪いというか、なんというか……。

実は適切な発リンクは内部SEOの効果がある

発リンクにnofollow属性を指定する行為はとてももったいないことです。なぜなら、適切な発リンク(数や質など)をすれば、SEOにプラスの効果があり、検索順位が上がる可能性があるからです。

発リンクによる内部SEOの効果
・コンテンツの関連性が高くなる
・コンテンツの信頼性が高くなる
・コンテンツの利便性が高くなる

もちろん、発リンクをすれば、何でもかんでも評価されるわけではありません。

詳しくは上記リンク先を見てもらいたいのですが、発リンクによってコンテンツの関連性が高くなり、信頼性が高くなり、利便性が高くなります。

これは内部の発リンクも同様です。

そして、その結果コンテンツの品質が高まり、SEOにプラスの効果が得られるというわけです。

もう一度言いますが、発リンクに安易にnofollow属性を指定するのはもったいないことです。

過剰な発リンク、意味のない発リンクではいけませんが、適切な発リンクを心がけてWEBページの評価を最大限に高めてください。