noindex、nofollow、noarchiveの違いと使い方

nofollow、noindex、noarchiveの違いとSEOへの影響

noindexとnofollowを混同してない?

WEBページに記載する「noindex(ノーインデックス)」「nofollow(ノーフォロー)」「noarchive(ノーアーカイブ)」の違いはわかりますか。

たとえばWordpressなどのCMSには、記事の編集画面でWEBページに対して「nofollow」や「noindex」をするためのチェック項目がありますね。

また、「nofollow」や「noindex」を管理するための、プラグインも存在します。

「nofollow」と「noindex」を混同して認識したり、よくわからずに使っている人もいますが、これらは明確に使い分けが存在します。

間違っても、「なんかチェックがあるから入れとこー。」という感覚で操作するものではありません。

そこで今回は、「nofollow」「noindex」「noarchive」の違いと正しい使い方についてお話したいと思います。

noindexとは

noindex(ノーインデックス)とは、あるWEBページを検索結果に表示したくない場合に、ヘッダーのメタタグに記載されるDirective(ディレクティブ)のことで、以下のように記載します。

<meta name="robots" content="noindex"/>

WEBページは、検索エンジンにインデックスされることで検索できる対象になりますが、「noindex」が記載されたWEBページはインデックス自体を拒否するものです。ただし、クローラーによる巡回は行われるため、発リンクをたどることはできます。

Googleは、スパイダーというプログラムで世界中に散らばるWEBベージのURLを収集し、クローラーというプログラムで収集したWEBページ内の情報を取得し、インデクサというプログラムで取得した情報を整理してデータベースに格納します。

WEBページの情報をデータベースに格納することを「インデックス(index)」と言います。

noindexの使い方・使う理由

noindexを使う理由は、WEBサイト内にある重複コンテンツや低品質コンテンツを解消するためです。重複コンテンツや低品質コンテンツをGoogleに認識させないことで、WEBサイト全体の質を上げる効果があると言われています。

ただし、GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏は、重複コンテンツには「noindex」ではなく、「canonical」を使うことを推奨しています。

「canonical」とは、あるWEBページと同一内容のコンテツがあることをGoogleに伝えたい場合に、ヘッダー内に以下のように記載するものです。「canonical」を使うと、タグ内に記載したWEBページの方が優先されます。

<link rel="canonical" href="http://wakarukoto.com/?p=xxxxxxxxx">

また、単純に低品質コンテンツと思われるWEBページは、「noindex」によって検索から排除するのではなく、リライトをして質を高めた方が有効です。一部の低品質コンテンツが残っていたとしても、とくにWEBサイト全体に影響を与えるものではありません。

低品質コンテンツがわずかに存在していても検索では問題にならない。検索トラフィックがないことは価値がないことを意味しない | 海外SEO情報ブログ

nofollowとは

nofollow(ノーフォロー)とは、あるWEBページの発リンクをクローラーにたどらせたくない場合(クローリングの拒否)に、ヘッダーのメタタグに記載されるディレクティブのことで、以下のように記載します。

<meta name="robots" content="nofollow"/>

または、あるWEBページの発リンクすべてではなく、ある発リンクのみを「nofollow」にしたい場合は、そのリンクタグ内に以下のように記載することもできます。

<a href="https://○○○○○.com/" rel="nofollow">テストサイト</a>

nofollowの使い方・使う理由

nofollowを使う理由は、Googleのガイドラインに記載されています。

特定のリンクに対して rel=”nofollow” を使用する – Search Console ヘルプ

信頼できないコンテンツの影響を除外するため

信頼できないコンテンツや詐欺などの犯罪性があるWEBサイトをリンクしなければいけない場合、「nofollow」を使うことで、被リンクサイトから攻撃を受けたり、低品質な被リンクを避けることができます。

また、発リンクページが持っているページランク(PageRank)を被リンクページに渡して、検索エンジンの評価に影響を与えることもありません。ページランクのお話はまた別途。

有料リンクや広告へのリンクの影響を除外するため

Googleでは、有料サイトへのリンクも検索アルゴリズムの対象となっています。そのため、たとえば広告(バナーなど)を設置した場合に、「nofollow」を使うことで、その影響を受けることがなくなります。

クロールの優先順位を上げるため

Googleスパイダー(ボット)は、パスワードが設定されたページ内を確認することができません。そのため、「ご登録はこちらから」 や「ログイン」に対するリンクを「nofollow」設定することで、他のリンクを優先的にクロールさせることができます。

noarchiveとは

noarchive(ノーアーカイブ)とは、あるWEBページのキャッシュを作りたくない場合に、ヘッダーのメタタグに記載されるディレクティブのことで、以下のように記載します。

<meta name="robots" content="noarchive">

Googleは、インデックスしたWEBページの情報を保存したときにキャッシュページを作ります。そして、以下のように検索結果のURL横の▼からキャッシュページを表示させることができます。このキャッシュページを非表示にするのが「noarchive」です。

Google検索_三日坊主 克服

noarchiveの使い方・使う理由

noarchiveを使う理由は、キャッシュページを見られることがデメリットになる場合です。

たとえば、頻繁に価格の変更を行うECサイトの商品ページや、個人情報など機密につながるような情報が記載されたWEBページのキャッシュを削除したり、最初からキャッシュさせないために使うようにしましょう。

noindex・nofollowはSEOテクニックには使えない

ちなみに「noindex」や「nofollow」は、Wordpressプラグインの「All in One SEO」では、以下のように簡単にチェックできます。

ALLINONESEOのNOINDEXとNOFOLLOWチェック

ただし、現在は「noindex」「nofollow」「noarchive」は、実際にはほとんど使う機会はありません。「noindex」や「nofollow」は、SEOのテクニックの1つとして活用した方が良いというのは、すでに古い考え方です。

「noindex」は前述した通り、重複コンテンツであれば「canonical」を使った方がGoogleに明確に意図を伝えられますし、低品質コンテンツであればリライトした方が効果が高いでしょう。

また、「nofollow」を使って、リンクジュースの操作をした方が良いと考える人もいますが、そちらも随分前に意味のない行為になってしまいました。

「noindex」「nofollow」「noarchive」は活用場面が限られますが、昔の情報に踊らされず、正しい使い方をして、より有用なWEBサイトづくりに勤しむようにしましょう。

noindex、nofollow、noarchiveの役割
noindex|検索エンジンのインデックスを拒否する
nofollow|発リンクのクローリングを拒否する
noarchive|ページのキャッシュ作成を拒否する