ブログ記事・コンテンツのリライトとは?リライトの3つの目的

記事のリライトとは

WEBは何度も書き直しができる

WEBサイトのページやブログの記事は、一度書いて公開したら後はほったらかし……ではありません。

WEBライティングも通常の紙媒体のように、推敲・校正・校閲は行いますが、それ以上に重要なことは、公開したコンテンツを何度も見直して、後から書き直すことです。それを「リライト」と言います。

WEB上の記事も紙媒体も同じ書き物ですが、もっとも大きな違いは後から書き直せることであり、書き直すことでより良くすることができるところです。

力をいれて書いたものを後から見直して、また書き直す行為は何となく面倒に思うかもしれませんが、コンテンツを正しくリライトすることで、さまざまな効果を見込めます。

そこで今回は、ブログ記事・コンテンツをリライトする目的についてお話したいと思います。

ブログ記事のリライトとは

ブログ記事のリライトとは、既存の文章に新たな要素を追加したり、明確な目的をもって書き直すことで、その文章に新しい価値を与えることを言います。

そのため、画像の入れ替え、誤字・脱字の訂正、言い回しの変更などは、リライトとは言いません。

リライトとリタイトル

記事のリライトにはいくつかの要素がありますが、大きく「リタイトル」と「リライト」に分けられます。

記事のリタイトルとは

記事のリタイトルとは、記事タイトルを変更する行為です。時間がない中でリライトをしたい場合、正しくリタイトルをするだけでも相応の効果が見込めます。

記事のリライトとは

記事のリライトとは、上記で説明した通り記事の中身を変更する行為です。

リタイトルも同様ですが、リライトは闇雲に行うものではなく、Googleアナリティクスとサーチコンソールのデータを用いて、目的を明確にして実装する必要があります。

ブログ記事をリライトをする目的

リライトは、アクセス解析データをもとにして、以下の目的をもって行う必要があります。

Google検索結果の順位を高める

ブログ記事のリライトを行うのは、Googleからの評価を高めて、検索順位を上げるためです。

検索キーワードを設定してライティングした記事は、日々のアクセス解析データを見ることで実績が明らかになります。その結果、想定よりもキーワードの順位が低く、アクセス数が少ないかもしれません。

検索結果の順位が低いブログ記事は、SEOライティングの精度が低いことが考えられます。

ユーザー評価を得て拡散してもらう

検索順位が高く、アクセス数が多くても、被リンクやSNSアクションが少なかったり、購買などのKPIにつながらなければ意味がありません。

ユーザーのアクションを促すためには、そのブログ記事がユーザーに評価されなければいけません。

ユーザー評価を得られないブログ記事は、記事内容がわかりにくかったり、ユーザーを動かすだけのベネフィットを明示しなければいけません。

情報更新によって選ばれやすくする

WEB上にはたくさんの情報があり、情報の発信者がいます。そのため、今は検索順位が高く、ユーザー評価を得られていたとしても、いつか新しい情報に埋もれてしまいます。

新しい情報に埋もれないためには、常に鮮度を保つためのテコ入れをして、ユーザーが選びやすい状態を作っておかなければいけません。

旧情報を新情報にリライトした場合は、積極的にURL検査ツールを使って、更新情報をGoogleに報告するようにしましょう。

あまり知られていませんが、記事を大幅にリライトしたあとでクローラーが更新情報を検知すると、その記事はファストトラックインデックスで処理される場合があり、一時的な順位の上昇が期待できます。

本来のリライトの意味を間違えない

しばしば、リライトを悪いことだと誤解する人がいます。

それは、どこかのWEBページをコピーして、言い回しを変えることをリライトと呼んでいる人がいるためです。

ただ、前述した通り、画像の入れ替え、誤字・脱字の訂正、言い回しの変更などはリライトではありません。もし、明らかなコピーページを見つけた場合は、Googleに著作権侵害の報告をするなどして対応しましょう。

今回は、ブログ記事をリライトする目的をお話しましたが、次回は、実際にGoogleアナリティクスとサーチコンソールのデータを用いたリライトの方法とポイントについてお話したいと思います。