事前に知るべき!ブログ記事のタイトル変更メリットとデメリット

ブログ記事のタイトル変更によるメリットとデメリット

みなさん、コンテンツ(記事)のタイトルは、適宜変更してますか?

私は、タイトルを変更することで効果がありそうなら、ある程度のルールを守ってやるべきだと考えています。良いタイトルを付けることで、上位表示の可能性も高いと思います。

ただし、記事のタイトルを変更するのは、上位表示を狙うことが第一ではなく、あくまでユーザビリティ向上のためです。

基本的に、タイトル変更の頻度や回数は気にしたことはありませんが、タイトル変更によるデメリットは予め認識したうえで、適切なタイトルの変更を行っています。

そこで、今回はコンテンツのタイトル変更によるメリットとデメリットをお伝えします。

ブログ記事のタイトル変更によるデメリット

はてな、Pocketなどのブックマークサービスはタイトルが自動変更されない

ブックマークサービスは、個人がコンテンツをブックマークするために使います。そのため、タイトルを変更しても、個人のブックマークのタイトルまでは変更されません。有名ドコロでは、Pocketが該当します。

まずPocketにブックマークをして、そこを起点にSNS拡散などを行う人がいますが、その場合タイトルは前のままです。

そのため、せっかく意図を持ってタイトルを変更したにも関わらず、以前のタイトルで人の目に触れることになります。

はてなブックマークは、ブックマークを付けた人が手動でタイトルを変えられますが、以下の弊害があります。

はてなブックマークでは、ブックマークしたエントリーのタイトルを編集することができます。ただし、エントリーのタイトルは全ユーザーで共通です。変更したタイトルは、自分のブックマークだけでなくトップページや他ユーザーのブックマークでも利用されます。変更にあたっては以下の点にご注意ください

エントリーのタイトル変更のガイドライン – はてなブックマークヘルプ

Facebook、TwitterなどSNSにポストした記事タイトルは変更されない

SNSにURLをポストした際の記事タイトルは変更できません。

Facebookでは、テキスト投稿部分の修正は行えますが、リンク付き投稿で取得したタイトルを変えることができません。

ただ、元コンテンツのタイトルを変更したからといって、その度にFacebookに投稿する行為はファンに嫌われてしまうだけではなく、エンゲージメントを下げる可能性があります。

被リンクのアンカーテキストに変更前のキーワードが使われる可能性がある

Googleのアルゴリズムにおいて、アンカーテキストは被リンクとリンク元の関連性を評価する指標になります。

そのため、もし記事タイトルの変更によって、被リンクとリンク元との関連性がアンカーテキストで表現できない場合、コンテンツ評価に影響が出る可能性があります。

アンカーテキスト

例えば以下の記事タイトル変更事例ですが、このタイトルキーワードの変更自体は問題はないと思います。

Googleのペナルティを受けてしまった場合に役立つ調査ツール5選
→SEOでペナルティを受けてしまった場合に役立つ調査ツール5選

SEOの内部対策において、タイトルタグの重要性を検証してみた – スイッチ

ただ、リンク元が「Google」にフォーカスを当てるためにアンカーテキストに「Google」を使っていた場合、「SEO」に変更することで、リンクの関連性が低くなるかもしれません。

検索順位が下がってしまう可能性がある

記事タイトルの変更によって、検索順位が下る可能性もあることは頭に置いておきましょう。確実にやってはいけないことは以下の3点です。

検索順位が下がる可能性があるタイトル変更
1.キーワードを入れるためだけの変更をしてしまい、タイトルを読んでも意味がわからない
2.新しくタイトルに含めるキーワードがコンテンツとの関連性が薄い
3.せっかく検索流入が多いキーワードを削除してしまう
ウェブマスター ツール   検索クエリ   http   wakarukoto.com

Google Search Consoleを見れば、検索キーワードの傾向はわかるので、必ず参照してください。

例えば上記の場合、「RSSをタイトルに入れたいなー。」と思いましたが、ユーザビリティを確保しつつ良いタイトルできなかったので、RSSを含めることを断念しました。RSSというキーワードを入れたいために、chromeを削るのはもってのほかです。

ブログ記事のタイトル変更によるメリット

ブログ記事のタイトル変更によるメリットは、以下の2つです。

ユーザビリティを向上させることができる

検索をした際に、記事のタイトルで判断してクリックする人は全体の56%、スニペットで判断してクリックする人は33%、とりあえず一番上をクリックする人は9%です。そのため、いかに記事タイトルで興味を惹くかが重要です。

インターネット検索をする際に意識すること_Q2 インターネット検索をする際に意識すること_Q2グラフ

SEO対策に効果がある

これは結果論ですが、元の記事タイトルがあまり良くない場合、タイトルの変更だけで上位表示される可能性があります。

タイトルに記事内容との関連性が高いキーワードが入っていない場合は、タイトルの意味が通じるようにキーワードを入れ込んでみてください。今よりも必ず上位表示されます。

記事タイトルの変更は大胆かつ慎重に

記事タイトルの見直しや記事タイトルに含まれるキーワードの見直しは、場合によっては必要な行為です。

最初から変更する必要がない記事タイトルを付けることは非常に難しいので、いつかは変更しなければいけない場合があります。

その際、ユーザビリティ的にも、SEO的にも効果が高いタイトル変更を行いたいのであれば、Google Search Consoleでキーワードの検索流入を調べましょう。

もし、記事タイトルに含まれていないキーワード、かつ検索流入が多いキーワードが見つかった場合は、記事タイトル変更をするチャンスです。

キーワードをうまく記事タイトルに含めて、上位表示、ユーザービリティの向上、CTRアップをしっかり狙ってください。

ただし、とりあえず適当な記事タイトルを付けて、後から変えてしまえば良いということではないので、勘違いしないよう。