発リンクはSEO対策になる?効果的な貼り方、被リンクとの違い

発リンクと被リンクの違い

発リンクもSEO対策に効果がある?

WEBサイトを運営していれば、被リンクの意味や使い方は知っていると思います。そして、被リンクの重要性も知っているでしょう。質の高い被リンクとは、以下の被リンクを言います。

質の高い被リンク
・リンク元の評価が高く、リンクジュースの恩恵がある
・リンク元のコンテンツ内容と相関性がある
・被リンクのドメインやIPが分散されている

では、発リンクをする意味や重要性はどれくらい認識しているでしょうか。

ページランクスカルプティングが効かなくなった現在でも、nofollowによって発リンクを敢えてしない人がいますが、この行為は意味がないだけでなく、発リンクによるSEO対策の効果を阻害している可能性があります。

ページランクスカルプティングとは
ページランクスカルプティング(PageRank Sculpting)とは、WEBページ内の発リンクにnofollow属性を指定して、リンクジュースを分配しないようにし、他の発リンクにリンクジュースを集約する手法のこと

そこで今回は、発リンクと被リンクの違い、またSEO対策に効果的な発リンクの方法についてお話したいと思います。

ページに貼るリンクの種類

発リンクと被リンクの違い

発リンクとは、あるWEBページから違うWEBページに対してリンクを貼ることを言います。一方、被リンクとは、あるWEBページから違うWEBページに対してリンクが貼られることを言います。

つまり、「発リンク=リンクを貼った」、「被リンク=リンクを貼られた」という関係です。

発リンクと被リンクの違い

内部リンクと外部リンクの違い

また、発リンクと被リンクには、同じドメイン下にあるWEBページを結ぶリンク(内部リンク)と違うドメイン下のWEBページを結ぶリンク(外部リンク)があります。

そのため、リンクには「内部発リンク」と「内部被リンク」、「外部発リンク」と「外部被リンク」という種類があります。

リンクの種類
内部発リンク|同じドメインのページに貼ったリンク
内部被リンク|同じドメインのページから貼られたリンク
外部発リンク|違うドメインのページに貼ったリンク
外部被リンク|同じドメインのページから貼られたリンク

発リンクとペナルティの関係について

検索エンジンの上位表示のために、被リンクを受けることはとても大切なことです。ただし、被リンクには良い被リンクと悪い被リンクがあり、悪い被リンクを受けるとGoogleからペナルティを受ける可能性があります。

同じように、発リンクにもペナルティを受ける要素があります。

発リンクの数

Googleのガイドラインには、「Googleがページを検出できるよう手助けする」という項目において、1ページ内の発リンクに関して以下のように記載されています。

1 ページのリンクを妥当な数に抑えます(最大で数千個)。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

つまり、1ページに貼るリンク(発リンク)を妥当な数に抑えなければ、何らかのペナルティを受ける可能性があるということです。

ただし、1ページから数千の発リンクは、通常ではありえません。そのため、発リンクの数が常識の範囲内であれば、ペナルティを受けることはありません。

発リンクの質

Googleは、発リンクの質も検索アルゴリズムの評価対象にしています。以下のSearch Engine Landの記事には、2016年4月に行われた発リンクに対する手動ペナルティのことが書かれています。

Over the weekend, Google issued many manual actions for “unnatural outbound links.” This is a penalty issued by the Google manual actions team, specifically over sites linking out to other sites in an effort to manipulate the Google search results. In this case, it seems Google penalized the site by deciding not to trust any of the links on the website.

Google penalizes sites for unnatural outbound linking – Search Engine Land

Googleは質の低い発リンクに対して一斉にペナルティを課したわけですが、その対象とは人工的で不自然な発リンクや詐欺まがいの発リンク、または悪質な商品誘導の発リンクなどでした。

当時は手動による対応でしたが、現在はアルゴリズムに反映され、機械的に処理されている可能性があります。つまり、低品質な発リンクをすることで、気付いたらWEBページの評価が下がっていたとう可能性は十分にありえます。

発リンクとSEOの効果について

では、発リンクは低品質だけを監視するかというと、そうではありません。質の良い発リンクはページの評価を高め、検索結果の上位表示に寄与します。質の高い発リンクとは、どのようなものを言うのでしょう。

コンテンツの関連性が高くなる発リンク

適切な発リンクを行えば、リンク元ページとリンク先ページの関連性が高いことをGoogleに認識させることができます。適切な発リンクとは、発リンクをする理由が明確な場合です。

WEBページにリンクを貼る理由
・リンク先の内容を引用したり、参考にした記述をするため
・リンク先の商品や場所などを紹介するため
・記述した内容より、詳細な内容を参照してもらうため

つまり、発リンクによって、リンク先ページがリンク元ページの内容を補っていたり、事例になっていれば、コンテンツの質が上がることが考えられます。

コンテンツの信頼性が高くなる発リンク

Googleはここ数年、情報のE-A-T(専門性、権威性、信頼性)に力を入れています。それは、YMYL(Your Money or Your Life)分野のセンシティブな情報が、なるべく正しく検索されるようにするためです。

そのため、E-A-Tを補う発リンクであれば、コンテツの評価を高めることにつながります。

E-A-Tとは
Expertise(専門性があること)
Authoritativeness(権威性あること)
TrustWorthiness(信頼性があること)

E-A-Tを補う発リンクとは、リンク先が信頼できる情報ソースである場合です。たとえば、国の機関や大学の調査結果、専門分野の権威の発言などが考えられます。

コンテンツの利便性が高くなる発リンク

適切な発リンクを行えば、ユーザーの利便性を高めることができます。

前述した通り、発リンクはリンク元ページの内容を補う役割であり、信頼性を高める役割であるため、ユーザーが安心して読み進める状況を作ればユーザー満足度が高まります。

ユーザー満足度を高めるロジックは明らではありませんが、たとえば同ジャンルのWENサイトに比べて滞在時間が長いことや回遊性が高いこと、またユーザーが発リンク先に移動することも、コンテンツをじっくり見た結果だと捉えられるかもしれません。

Googleはユーザーの行動データを山のように持っているため、わたしたちが思うよりも、ユーザーの行動による満足度は把握されていると考えましょう。

発リンクでコンテンツの質を高めよう

E-A-Tについてはまた別途お話しますが、専門性、権威性、信頼性を高めるためには、適切な発リンクは必須と言って良いと思います。

発リンクがあることで、単なる推論や感想文が裏付けを伴った論文になるためです。

これから、ますます発信する情報の信頼性が重要になる中で、今のうちに発リンクの上手な使い方を身につけておかなければ、今後のWEBマーケティングで一歩も二歩も遅れてしまうでしょう。

以下は、わたしが普段発リンクに利用する情報の優先順位です。これらは、場合によっては優先順位が入れ替わります。

情報の重要性と優先度
1.国の機関による調査結果や見解
2.WHOなど世界機関が公表する調査結果や見解
3.他国の公的機関が行う調査結果や見解
4.大学など専門機関の調査結果や見解
5.特定企業が行うアンケートなどの調査結果
6.医師や研究者、分野の第一人者など専門家の意見
7.個人の体験に基づいた他サイトの情報
8.まとめサイトや専門家以外の個人ブログの情報

あなたも発リンクの重要性が理解できたら、今よりもどんどん有効的に使ってみましょう。ひとまず、このページへのリンクを貼ってみるというのはどうでしょう……。