サーチコンソールの手動による対策とは?解除と再審査リクエスト

手動による対策、セキュリティの問題

インデックス削除の原因がペナルティだった場合

もしある日突然、検索エンジンからのアクセスがなくなったら、WEBマスターはまず初めにWEBサイト(WEBページ)がGoogleにインデックスされているかどうかを確認しなければいけません。

Googleのインデックス登録状況を確認する方法
1 サーチコンソールのURL検査ツールを使う
2 コンテンツのタイトルで検索する
3 サイト内検索「site:ドメイン名」で検索する
4 完全一致「”キーワード”」で検索する

そして、Googleにインデックスされていない可能性が高まったら、次はなぜインデックスされていないのかその原因を探る必要があります。

Googleにインデックスされない原因
1 Googleからペナルティを受けたため
2 WordPressの設定でnoindexにチェックが付いているため
3 プラグイン設定でnoindexにチェックが付いているため
4 robots.txtでクローラーを除外しているため
5 meta robotsタグでクローラーを除外しているため
6 canonicalタグで重複ページだと認識されているため
7 中古ドメインがペナルティを受けているため
8 500エラーでインデックス不適扱いを受けているため
9 新規ドメインでクローラーが巡回しにくいため

この中でもっとも深刻なのは、「Googleからペナルティを受けたため」です。

Googleは一定の基準によって、特定のWEBページやWEBサイト全体にペナルティを課す場合があります。それは、プログラムによって自動で課すペナルティと手動で課すペナルティに分かれています。

このペナルティの一部の状況を確認する手段があります。それが、Googleサーチコンソールの「手動による対策」を見ることです。

今回は、Googleの手動による対策を確認する方法とペナルティの解決方法についてお話したいと思います。

手動による対策とは

手動による対策とは、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に準拠していないWEBサイトがないかをGoogleの担当者が目視で審査して、違反があった場合にペナルティを課すものです。

よく、「手動による対策」は、プログラムによる自動対策よりも重いと思われていますが、それは関係ありません。「手動による対策」も「プログラムによる自動対策」も、ガイドライン違反によるペナルティの多くはインデックスの削除です。

実は厄介なのは、「プログラムによる自動対策」の方です。なぜなら、自動対策は一切通知がないためです。さらに、自動対策は「手動による対策」よりも先に行われている可能性があります。

そのため、管理しているWEBサイトに「手動による対策」があった場合は、手動とは別に「プログラムによる自動対策」が行われている可能性があります。

サーチコンソールで「手動による対策」が通知されていたとしても、ショックを受けずに、まずは解決する対策を取りましょう。その後、あらためて、「プログラムによる自動対策」がないか確認しましょう。

手動による対策の確認方法

Googleサーチコンソールを見ると、セキュリティと手動による対策項目に「手動による対策」というメニューがあります。

サーチコンソールでペナルティを受けているか確認する

この「手動による対策」をクリックすると、管理するWEBサイトに対して「手動による対策」が実施されたかどうかが表示されたり、「手動による対策」が行われた履歴が表示されます。

手動による対策-問題は検出されませんでした

または、サーチコンソールのメッセージセンター(Search Consol-すべてのメッセージ)にアクセスして、確認してください。

Search Console-メッセージセンター

このメッセージセンターは、まだ旧サーチコンソールのものが使われています。

手動による対策の文言

「手動による対策」があった場合、「○件の問題を検出しました」という文言が表示され、その下に「検出された問題」として、どのようなカバレッジエラーが起きているか説明と対象が表示されます。

手動による対策-検出された問題

手動による対策の対象となるスパムや違反とは

では、実際に「手動による対策」の対象となってしまうスパムやガイドライン違反とは、どのような行為なのでしょうか。

すべての対象ではありませんが、詳細がサーチコンソールヘルプの[手動による対策] レポートに記載されています。

ユーザー生成スパム

ユーザー生成スパムとは、WEBサイトに訪問したユーザーがフォーラムページやブログのコメント欄を使って、膨大な外部リンクを貼ったり、過剰な宣伝を行ったり、コメントスパムをするなど迷惑行為を行うことです。

スパム行為のある無料ホスト

スパム行為のある無料ホストとは、無料ホスティングサービスなどで大量にスパム行為が行われている場合に、ホスティングサイト全体を対象として「手動による対策」が実施されるものです。

つまり、自分はスパム行為を行っていなくても、スパマー(スパム行為をする人)と同じ無料ホスティングサービスを使っていることで、とばっちりを受けてしまうということです。

構造化データに関する問題

検索エンジンを騙す目的でWEBページの構造化データの情報を変えた場合は、構造化データに関するガイドライン違反になります。

構造化データの仕組みについて  |  検索  |  Google Developers

サイトへの不自然なリンク

大量の相互リンクや有料リンクの購入など、サイトへの不自然で人為的な被リンクが貼られている場合は、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)違反になります。

サイトからの不自然なリンク

上記同様、サイトからの不自然な発リンクがある場合も、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)違反になります。

価値のない質の低いコンテンツ

Googleが「手動による対策」の対象と定めるほど質の低いコンテンツとは、「自動生成コンテンツ」「内容の薄いアフィリエイトページ」「無断複製されたコンテンツ」「誘導ページ(ドアウェイページ)」などのことです。

クローキング、不正なリダイレクト

クローキング、不正なリダイレクトとは、クローラーとユーザーに別のページを見せたり(クローキング)、metaタグのrefreshなどを使った不正なリダイレクトのことです。

悪質なスパム

ここで言う悪質なスパムとは、一般的なスパム行為と考えられる行為がとくに悪質な場合にみとめられるものです。

クローキングされた画像

クローキングされた画像とは、WEBサイトで表示される画像の一部が、Googleの検索結果に表示される画像と異なるスパム行為のことです。

隠しテキスト、キーワードの乱用

隠しテキストとは、cssやjavascriptを使ったユーザーの目に見えないキーワードの埋め込み行為を言います。

キーワードの乱用(キーワードスタッフィング)とは、ページの内容とは異なる不自然なキーワードを大量に埋め込む行為を言います。

AMPコンテンツの不一致

AMPコンテンツの不一致とは、AMPと標準WEBページで内容を変えて、ユーザーに提供する行為です。

不正なモバイルリダイレクト

不正なモバイルリダイレクトとは、UAなどを利用して、パソコンとモバイルで違うドメインにリダイレクトする行為のことです。

手動による対策の解除方法

もし、サーチコンソールを確認したときに、Googleから上記の「手動による対策」が行われていた場合、どの様に解決すれば良いのでしょうか。

検出された問題を展開して説明と対象を確認する

「手動による対策」を開いて、検出された問題に書かれている違反行為とその説明、対象を確認します。

問題を解決するための手順を確認する

説明にある「詳細」をクリックすると、先ほど説明した問題を解決する手順が記載されています。詳しくは以下のリンク先を確認してください。

[手動による対策] レポート – Search Console ヘルプ

対象に記載されたページの問題を修正する

対象に記載されたページの問題を修正してください。問題があるページは以下の様に記載がある場合もありますが、すべてのページを細かく教えてくれるわけではないため、1ページずつチェックするしかありません。

「https://wakarukoto.com/websitetest/* – websitetest/ ディレクトリ下の一部またはすべてのページが影響を受けています。

[すべてのページに影響があります] – この記述がある場合、手動による対策がサイト全体に影響を及ぼしています。

「審査をリクエスト」を依頼する

カバレッジエラーのすべての問題を修正したら、「審査をリクエスト」をクリックします。

手動による対策-審査をリクエスト

再審査リクエスト画面では、「表示された問題についてどのように対処されたかお知らせください」というフォームに修正した問題とその対処方法などの内容を記述します。

問題とその対処方法を記述する

再審査リクエストをわかりやすくGoogleの担当者に伝えるために、「サイトの品質に関する問題」「問題修正のために行った手順」「取り組みの結果」を書きましょう。以下事例です。

再審査リクエストの記述例
価値のない質の低いコンテンツの問題を解決するために、以下の修正を行いました。

1.サイト内に重複ページがないか調査
2.外部サイトに重複ページがないか調査
3.ページA、ページB、ページC、ページD、ページEを適宜修正

その結果、問題が解決したことを確認したため、再審査リクエストをお送りします。

再審査リクエスト後の対応

Googleに再審査リクエストを送ると、審査が開始されたことを伝えるメッセージが届きます。その後は、再審査リクエストに時間がかかったとしても、何度もリクエストを送らないでください。

もし別の問題が起こって、それに対処したとしても、一度送った再審査リクエストの最終決定が通知された後に処理をするようにしましょう。

Googleの再審査には、1-2週間ほどかかります。ただ、実際はそれ以上かかる場合もあります(カバレッジの解決まで4か月ほどかかったことがあります)。

プログラムによる自動対策

「手動による対策」の処理が終わると一息つけますが、それで全て終わったわけではありません。

今回の一連の対応で、肝を冷やす経験はしましたね。その焦りを持って、次は「プログラムによる自動対策」がないかどうかを確認しましょう。

サーチコンソールの検索パフォーマンスで「ページ」を選択し、直近の表示回数がゼロのページがないか探してください。もし見つかったら、冒頭に書いた「Googleのインデックス登録状況を確認する方法」でインデックス状況を確認しましょう。

その結果、インデックスされていなければ「URL検査ツール」を使ってインデックスをリクエストしてください。

もし、インデックスされない原因、またはインデックスされていても検索されない原因があれば、そのページを見てどれに該当するかあたりを付け、解決の糸口を探りましょう。

ガイドライン違反項目
・ユーザー生成スパム
・スパム行為のある無料ホスト
・構造化データに関する問題
・サイトへの不自然なリンク
・サイトからの不自然なリンク
・価値のない質の低いコンテンツ
・クローキング、不正なリダイレクト
・悪質なスパム
・クローキングされた画像
・隠しテキスト、キーワードの乱用
・AMP コンテンツの不一致
・不正なモバイル リダイレクト

手動による対策は親切な対応だと認識しよう

もしかしたら、サーチコンソールの「手動による対策」の通知を見て、「うわー、これくらい見逃してくれよー。」と思う人もいるかもしれません。ただ、それはまったくの逆です。

このような「手動による対策」の通知がなければ、本当の意味でWEBサイトの品質を見直すことはなかったかもしれません。ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)の重要性を知ることもなかったかもしれません。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)は、複数ページに分かれているため読みにくい部分はありますが、一度頭に入れてしまえば難しいことが書いてあるわけではありません。

このウェブマスター向けガイドラインとGoogleが求めるコンテンツの質を十分に理解することで、より質の高い、ユーザビリティを考慮したコンテンツを作ることができるようになるはずです。

面倒な作業かもしれませんが、必ず役に立つことなので押さえておいてください。