SEOとSEMとSXOの違いは?SXOの対策とは

SEOとSEMとSXOの違い

SXOという新しい概念

WEBマーケティングの世界はとても移り変わりが早く、次々と新しい用語や概念が生まれています。

最近は、「SEOよりもSXOが大事!」と言われることが多くなり、そのような記事を見かけることも増えましたが、あなたは「SXO」を理解しているでしょうか。

「えー、やっとSEOを理解して取り組んでるとこなのに、また新しいの覚えるの?」

たしかにSXOは比較的新しい言葉ではありますが、最近のSEOを理解していれば、SXOを理解することはそれほど難しいことではありません。

ただし、大まかで良いので「SEO」「SEM」「SEA」「SXO」の違いは明確にしておかなければいけません。

そこで今回は、SEO、SEM、SEA、SXOの違いとSXO対策についてお話したいと思います。

SEOとは

SEO(Search Engine Optimization|サーチエンジンオプティマイゼーション)とは、「検索エンジン最適化」のことで、ある言葉でWEB上を検索したときに、検索結果の上位に特定のWEBページが表示されるように、方策を用いて調整する行為のことです。

一般的な読み方はエスイーオー、まれにセオなどと呼ばれます。

世の中には、様々な種類の検索エンジンがありますが、ここで言う検索エンジンとは一般的にはGoogleのことです。

Yahoo! Japanの検索エンジンはGoogleブランド、Yahoo! 台湾の検索エンジンはbingブランドを使用するなど、国や地域によって特性があります。これらを考慮すると、Googleは世界の検索エンジンシェアの9割近くを占めています。

つまり、Google検索エンジンの検索結果で上位に表示されるための対策がSEOということになります。

SEMとは

SEM(Search Engine Marketing|サーチエンジンマーケティング)とは、「検索エンジンマーケティング」のことで、検索エンジンを経由して特定のWEBサイトの訪問者数を増やすための施策のことを言います。

一般的な読み方はエスイーエム、まれにセムと呼ばれます。

上記を見るとSEOと同じ意味に見えるかもしれませんが、SEMはSEOとSEA(リスティング広告)の2つに分類されます。

SEA(リスティング広告)とは

SEA(Search Engine Advertising|サーチエンジンアドバタイジング)とは、「検索連動型広告」のことで、検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに連動して検索結果に表示される広告のことです。一般的には、リスティング広告と呼ばれます。

リスティング広告 Google 検索

リスティング広告は、検索結果の上部・下部、または右側に表示され、図の赤枠のように[広告]と表記されます。

つまり、「SEM=SEO+SEA」という関係性になります。

SXOとは

SXO(Search Experience Optimization|サーチエクスペリエンスオプティマイゼーション)とは、「検索体験最適化」のことで、検索エンジンの上位表示のために行う施策ではなく、検索体験によってユーザーの満足度を高める施策のことです。

一般的な読み方は、エスエックスオーです。

では、ここで言う検索体験によるユーザーの満足度とはどのようなことでしょうか。

検索体験によるユーザーの満足度とは

まず、なぜユーザーは検索エンジンを使うのかを考えてみます。

・暇つぶしのために面白い動画を探している
・年末の忘年会のために予約するお店を探している
・レポートの参考になりそうな文献を探している
・アルファベット(Google)の総資産額を知りたい
・簡単に肩こりを治す方法を知りたい
・100万円の予算に見合う新しい車を探している

では、あなたは、これらの答えを明確に教えてくれるWEBサイトを、一回の検索、一回のクリックで見つけ出すことができるでしょうか。

おそらく、何回も検索を繰り返したり、いくつものWEBサイトを巡ることで、ようやく満足できる答えにたどり着くはずです。

以下は「Search Engine Land」で使用していた画像で、商材購入を目的としたあるWEBサイトの検索訪問者がどのような行動を取ったかを示す円グラフです。

UserActions1-e1438695481528-800x422

From SEO To SXO: Search Experience Optimization – Search Engine Land

・60%|Single Page(bounce)……1ページで離脱した
・30%|Engagment(no conversion)……エンゲージメントしたがコンバージョンに至らず
・7%|Email Capture……メールアドレスを入力した
・3%|Purchase……購入に至った

検索訪問者のうちの7%がメールアドレスを登録し、3%が商材を購入しています。商材が何かわかりませんが、実在するWEBサイトならなかなか優秀だと思います。

では、ユーザーがこのWEBサイトを探し当てたことは、満足度が高い検索体験だと言えるでしょうか。

3%(+7%)のユーザーは目的を達成したため満足度が高い検索体験と言えますが、残りの90%の人にとっては満足度が高いとは言えないでしょう。

つまり、SXOとは、ユーザーが検索によって目的を達成することで、満足度が高い検索体験を目指すものだということです。

究極のSXOは、ユーザーの欲求が検索結果の1番上に表示され、ユーザーがそのページから移動することなく欲求を叶えることです。

SXOの評価基準

ではGoogleは、ユーザーの検索体験の良し悪しをどう判断しているのでしょうか。

Googleは、検索結果の品質評価のために、クリックを監視していることが明らかになっています。

そして、先程の「Search Engine Land」では、以下の指標でSXOを評価することができるとしています。

滞在時間の長さ

検索結果からあるWEBサイトをクリックし、そこからまた検索結果に戻るまでが短いと評価は低くなり、検索結果に戻るまでが長いと評価は高くなります。つまり、サイトの滞在時間が長い方がユーザーの満足度が高いと推測できます。

ポゴスティッキング(Pogosticking)

ポゴスティッキングとは、検索結果からあるサイトを訪問したが求める情報がない場合に、検索結果に戻って他のサイトにアクセスする……という行為を繰り返すことです。

この行為を繰り返して、最後にたどり着いたサイトはユーザーの満足度が高いと推測できます。

クリック率(CTR)

検索結果の表示回数に対してクリック率が高い場合は、タイトルやスニペットにユーザーの求めることが書いてある可能性が高いことを示唆します。

新しい検索に移行したか

ユーザーが前回の検索とは関連性がないキーワードで新しい検索を始めた場合は、前回の検索結果に満足した可能性があり、最後に訪れたサイトや滞在時間が長いサイトにより満足度が高いと推測できます。

SXO対策とはユーザーファーストを追求すること

上記を見て分かる通り、SXO対策とはユーザーファーストを追求することです。

わたしが冒頭で「最近のSEOを理解していればSXOの理解は難しくない」と書いたのは、現在のSEOはユーザーファーストなコンテンツを作ることが当たり前になっているためです。

それは、Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)にも明確に記載されています。

わたしたちが行うことは、SEO、SEM、SXOを踏まえてユーザーファーストなコンテンツを提供することです。以下のように対策を進めましょう。

SEO、SEM、SXOの対策
1.ユーザーのニーズを推測する
2.ユーザーニーズに沿ったコンテンツを作る
3.UXを高めるための導線を設計をする
4.検索されるためのSEOのルールを守る
5.訪問者を増やすためにSEAを行う

Googleの本来の目的を理解できれば、SEOとSEMとSXOは同時に考えるべき、むしろすべて同じ目的のために行うべきものだと理解できるはずです。

SEO、SEM、SXOなどの言葉の意味を知ることは大切ですが、言葉の意味に踊らされずに、全てにおいて「ユーザーファースト」を追求していくことがもっとも重要で、成果を出すためにもっとも手っ取り早い考え方だということを理解しましょう。