現在のGoogle検索順位別クリック率は?今後CTRはどう変わる?

Googleの検索順位別クリック率

検索結果のクリック率は重要

現在のWEBマーケティング業界でもっとも重視されるのは、Googleの検索結果に表示される記事の順位です。

当たり前ですが、検索順位が高いほどユーザーはWEBページを見つけやすくなり、クリックされる確率(CTR)も高くなります。

では、もし検索結果で1位に表示されると、一体どれくらいクリックされるのでしょうか。

Googleの膨大な検索データを分析すれば、検索順位1位だけでなく、検索順位別のある程度の平均クリック率(CTR)がわかります。

平均クリック率がわかれば、必ず記事を改善する手助けになるはずです。

そこで今回は、Googleの検索順位別クリック率についてお話したいと思います。

クリック率(CTR)とは

クリック率は、よくCTR(Click Through Rate)という言葉に置き換えられます。

CTRとは、クリックスルーレートのことで、検索結果画面やあるWEBページにおける対象リンク(対象記事)の表示回数に対して、何回クリックされたかの割合を示したものです。

CTR(クリック率)=クリック数÷表示回数(×100%)

たとえば、「SEO」というワードで検索したときに、あるWEBページが検索結果画面に1万回表示され、そのうち1000回クリックされた場合、そのWEBページのCTRは10%ということになります。

また、あるWEBページに挿入した広告が1万回表示され、そのうち90回クリックされた場合、その広告のCTRは0.9%ということになります。

ちなみに、検索結果における表示回数は、目視できる・できないは関係ありません。つまり、1ページ目に表示される場合は1位でも10位でも1回と数えます。

ただし、検索要素のタイプ(AMP、強調スニペット、カルーセルなど)によってカウントは多少異なります。

Googleの検索順位別クリック率

Googleの検索結果に表示された順位別のクリック率は、Googleが公式で発表しているものではなく、世界中のSEOマーケティング会社が、それぞれの基準で分析をしています。

最近のものでは、2017年にInternet Marketing Ninjasというマーケティング会社が、Google検索結果における順位別のクリック率(CTR)を発表しています。

これは、90日分で6400万回以上のインプレッション、400万回以上のクリックを検出した約2万の検索クエリを分析したもので、調査対象はアメリカ国内です。クエリの半分がBtoB、半分がBtoCとなっています。

Announcing: 2017 Google Search Click Through Rate Study

平均掲載順位 平均CTR
1位 21.12%
2位 10.65%
3位 7.57%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.74%
10位 1.64%
11位 1.46%
12位 1.80%
13位 1.42%
14位 1.23%
15位 1.43%
16位 1.42%
17位 1.29%
18位 1.05%
19位 1.75%
20位 1.26%

上記のグラフ、またInternet Marketing Ninjasのレポートから、以下のことがわかります。

・検索順位1位のクリック率は21.12%、つまり1度検索したら20%以上のユーザーが1位のリンクをクリックする
・検索順位2位のクリック率は10.65%で、1位の半分しかない
・検索順位8位から10位はクリック率が1%台後半で変わらない
・2ページ目の検索順位11-20位もクリック率は1%台で推移
・1-20位の合計は71.90%で、それ以外28.10%は3ページ目や広告をクリックしたり、何もせずに検索から離れている

今後の検索順位別クリック率はどうなる?

Internet Marketing Ninjasが発表したGoogleの検索順位別クリック率は、あくまでも参考値でしかありません。

なぜなら、1年後、5年後など日々の検索順位別クリック率は、変わっていく可能性があるからです。

上位表示記事のクリック率が上がる

具体的に言うと、上位表示された記事、また10位に表示された記事のクリック率は今よりも上がり、4-9位あたりのクリック率が下がるかもしれません。

Google検索エンジンの結果表示画面には、カルーセル、強調スニペット、アンサーボックス、ナレッジグラフカード、リッチリザルトなどが表示され、常に最適化の実験が続いています。

そのため、ユーザーはファーストビューに表示されるさまざまな検索結果要素をクリックしやすくなっています。

何もせず検索から離れるユーザーが増える

最近の検索結果には、アンサーボックスがよく表示されます。たとえば、「アナと雪の女王 興行収入」と検索すると、Googleはこのように端的な回答を返してくれます。

アナと雪の女王 興行収入 - Google 検索

他の情報は必要なく、興行収入がいくらか知りたいだけの人にとっては、アンサーボックスの情報で十分でしょう。そのため、記事をクリックせずにGoogleから離れる人が増えるかもしれません。

検索順位別クリック率は記事タイトルを見直す参考に

前述した通り、検索順位別のクリック率は参考値でしかありません。

有名なところだと、非ブランドクエリよりもブランドクエリの方が、上位の順位にクリック率が集中しますし、BtoB向けの検索クエリとBtoC向けの検索クエリでは、より下位の記事までクリックされる可能性があります。

また、1語検索、2語検索、3語検索でも検索順位別のクリック率は変わります。

膨大な検索クエリは1つ1つ特徴があるため、それらをすべて十把一絡げに考えるのは危険です。

そのため、記事の検索順位だけを見て、順位が良いけど検索流入が低いという場合は、検索クエリを1つずつ丁寧に調べて、その原因を探った方が良いでしょう。

もちろん、ある検索クエリが検索上位に表示されているにもかかわらず、上記で紹介したクリック率から大きくかけ離れている場合は、何らかの原因があります。

記事タイトルを見直したり、スニペットを見直して、平均クリック率に近づけられるように改善していきましょう。