Googleウェブマスター向けガイドラインを読まなければいけない理由

ウェブマスター向けガイドラインを読まなければいけない理由

Googleウェブマスター向けガイドラインとは

ウェブマスター向けガイドラインとは、GoogleがWEBサイトを運営するWEBマスターに向けて、Google検索エンジンを利用するなら最低限認識しておくべきと定義しているガイドラインのことです。

ウェブマスター向けガイドラインは、主に「一般的なガイドライン」と「品質に関するガイドライン」について書かれており、以下のサーチコンソールヘルプから確認することができます。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

Googleのガイドラインには、ウェブマスター向けガイドラインの他に、「コンテンツに関するガイドライン」「品質に関するガイドライン」「Google検索でのAMPに関するガイドライン」などがありますが、基本はウェブマスター向けガイドラインだと思ってください。

また、ウェブマスター向けガイドラインはカッコ書きで「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」となっています。

これは、WEBマスターとってもっとも大切なことが、WEBサイト、WEBページ、それを構成するコンテンツの品質だとしているためです。

Googleが提示する品質とは何なのか、ウェブマスター向けガイドラインを読むことでしっかりと理解しておきましょう。

ウェブマスター向けガイドラインを読まなければいけない理由

ウェブマスター向けガイドラインに記載されていることは極めて単純です。そのため以下のことが書かれていると認識しながら読むと、これまでよりもスラスラと読めるはずです。

・WEBサイトの存在が正しくGoogleに伝わるようにしてね
・WEBサイトによってユーザーに有益な情報を提供してね
・Googleのガイドラインを守ったら評価するよ
・Googleのガイドラインに違反しちゃいけないよ
・ガイドライン違反はこれらの項目だよ
・ガイドラインに違反するとGoogleがペナルティを与えるよ

重要なことは、あなたが取る行動がGoogleから評価されるのか、それともガイドライン違反を犯してペナルティを課せられるかどうかです。

Googleから評価されることとペナルティを課せられことは、天地の違いがあります。とくにWEBサイトを運営して収益を挙げている場合、それが100万円になるのか、ゼロになるかくらい違うものだと認識してください。

そのため、英語版のウェブマスター向けガイドラインでは、日本語版のウェブマスター向けガイドラインよりも、強い口調で読了を勧めています。

We strongly encourage you to pay very close attention to the Quality Guidelines below,

(翻訳)下記の品質ガイドラインには細心の注意を払うことを強くお勧めします。

Webmaster Guidelines – Search Console Help

一般的なガイドラインの説明

ウェブマスター向けガイドラインの「一般的なガイドライン」は、「Googleがページを検出できるよう手助けする」「Googleがページを理解できるよう手助けする」「訪問者がページを利用しやすいよう手助けする」ということについて書かれています。

Googleがページを検出できるよう手助けする

ここでは、Googleに対してWEBページの存在を正しく把握させる方法について記載されています。

・アンカーテキストを伴ったリンク構成を作ること
・サイトマップによってサイト構造をGoogleに伝えること
・ページの発リンクを妥当な数に抑えること
・WEBサーバーが更新情報(If-Modified-Since)に対応していること
・robots.txtファイルを使う場合は、適切なクロールを行う記述をすること

Googleに再クロールを依頼する方法は、「URL検査ツールを使う」「サイトマップを送信する」というものがあります。

Google がページを理解できるよう手助けする

ここでは、GoogleがWEBページをクローリングし、その重要性を正しく認識する方法について記載されています。

・品質が高いサイト、及びWEBページを作成すること
・ユーザーニーズが高いキーワードをページに含めること
・titleタグやalt属性を正しく使うこと
・わかりやすいサイト構造、ページ階層を作ること
・Googleが認識しやすいように画像や動画を正しく使い、構造化データを送信すること
・CMSを使う場合は、検索エンジンにクロールの許可をすること
・Googleが正しくレンダリングできるよう、CSSやJavaScriptなどすべてのファイルをクロールできること
・URLパラメータやセッションIDがなくても、クロールできる仕様にすること
・重要な情報は、タブや展開するセクションで表示するより、デフォルトで表示させること
・広告に「nofollow」などを設定して、クローラーがたどらないようにすること

訪問者がページを利用しやすいよう手助けする

ここでは、ユーザーがWEBページを訪問したときに、正しく容易にコンテンツを閲覧できる方法について記載されています。

・重要なワードは画像ではなく、テキストを使うこと
・画像を使う場合は、alt属性を正しく使うこと
・サイト内のすべてのリンク先が正しくWEBページを表示すること
・PageSpeed Insightsなどを使って、ページの読み込み時間を最適化すること
・あらゆる端末、とくにモバイルフレンドリーなWEBページを作ること
・WEBページがさまざまなブラウザで正しく表示されること
・HTTPSを使用してサイトの接続をセキュアにすること
・画面読み上げソフトウェアを使ってテストするなど、ユーザビリティに配慮すること

品質に関するガイドラインの説明

ウェブマスター向けガイドラインの「品質に関するガイドライン」は、いわゆるスパム行為や検索エンジンに対して偽装する行為など、Googleからペナルティを受ける行為とペナルティの内容について記載されています。

品質に関するガイドラインを読む上でとくに大切なことは以下の内容です。

記載されていない不正行為についても、Google で対応策を実施することがあります。また、このページに記載されていない行為が許可されているとは限りません。抜け道を探すことに時間をかけるより、ガイドラインを遵守することでユーザーの利便性が向上し、検索結果の上位に表示されるようになります。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

品質に関するGoogleの基本方針

以下は、品質に関するGoogleの基本方針です。とくに難しいことは書いてありません。WEBマスターであるための基本理念として、心に刻んでおきましょう。

・検索エンジンよりもユーザービリティ最優先でページを作成する
・ユーザーをだます行為をしない
・ブラックハットなど検索エンジン上位表示のための不正行為をしない
・E-A-Tを重視した品質が高いWEBサイトを作成する

具体的なガイドライン

具体的なガイドラインには、以下の行為を行わないように記載されています。これらはすべてスパム行為と認識され、Googleによって「プログラムによる自動対策」、担当者によって「手動による対策」のペナルティ対象となるものです。

・コンテンツの自動生成
・リンク プログラムへの参加
・オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
・クローキング
・不正なリダイレクト
・隠しテキストや隠しリンク
・誘導ページ
・コンテンツの無断複製
・十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
・ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
・フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
・リッチ スニペット マークアップの悪用
・Google への自動化されたクエリの送信

WEBマスターとしてサイトの品質を守ろう

公式のガイドラインは、どうしても難しい書き方をされていたり、専門用語が並んでいるため読みにくいものです。そのため、ガイドラインを読まずに避けている人も多いでしょう

ただ、ガイドラインを熟知することは、今運営しているWEBサイトの今後の未来を左右すると言っても過言ではありません。

ウェブマスター向けガイドラインは比較的理解しやすい内容なので、何度も読み返して、わからない単語があれば、検索して調べてみましょう。

Googleのランキングアルゴリズムは、機械的な評価から少しずつ実際にユーザーが評価したような指標がくわえられて発展しています。そのため、もしWEBサイトの順位が低い場合は、ユーザーに対する何らかの不利益があると考えましょう。理不尽と思えるランク付けは1割もないす。

ただし、「ユーザー生成スパム」や「サイトへの不自然なリンク」「スパム行為のある無料ホスト」などによって、意図せず悪い影響を受ける場合もあります。また、ハッキングによって被害を受けるかもしれません。

そのため、WEBマスターの責務として常にサーチコンソールを監視し、問題を解決する方法とサイトの再審査をリクエストする方法は押さえておいてください。

ちなみに、ウェブマスター向けガイドラインが理解できたら、WEBサイトを運営する過程で「Google General Guidelines(Google検索品質評価ガイドライン)」にも目を通すといろいろ勉強になるのでおすすめです。

こちらは英語版しかないため少々辛く感じるかもしれませんが、ランキングアルゴリズムによるWEBページの詳細な評価方法について記載されています。