サイトがGoogle検索に引っかからない原因とインデックスの確認方法

検索でページが見つからない理由

WEBサイトがGoogle検索でヒットしない…

せっかく作ったWEBサイトにアクセスが集まらない原因の多くは、検索エンジンからWEBサイトに対する流入がないためです。

もし検索エンジンからのアクセスがないと感じたら、まずはGooglアナリティクスなどのアクセス解析を見ると一目瞭然でしょう。

アクセス数が減少しているGoogleアナリティクスの画面

次に、検索エンジンからの流入がない(または少ない)ページを調べなければいけません。

いくつかのページが該当するとわかったら、考えられるキーワードで検索をします。ところが、どうしても検索に引っかかりません。

なぜ検索に引っかからないページがあるのでしょうか。

今回は、検索エンジンに引っかからないページがある原因とその対策についてお話したいと思います。

検索エンジンに引っかからない原因

対象のWEBページが検索エンジンに引っかからない原因は、以下のものが考えられます。

インデックス未登録または削除されたため

対象のWEBページが検索エンジンに引っかからない原因は、そのページがインデックスから削除されたため、またはそもそもインデックスされていないことが原因だと考えられます。

Googleにインデックスされない原因
・Googleからペナルティを受けたため
・WordPressの設定でnoindexにチェックが付いているため
・プラグイン設定でnoindexにチェックが付いているため
・robots.txtでクローラーを除外しているため
・meta robotsタグでクローラーを除外しているため
・canonicalタグで重複ページだと認識されているため
・中古ドメインがペナルティを受けているため
・500エラーでインデックス不適扱いを受けているため
・新規ドメインでクローラーが巡回しにくいため

インデックス未登録または削除された原因は上記の通りいくつかありますが、それぞれ状況を正しく認識して、対処法を講じる必要があります。

セーフサーチで除外されているため

インデックスに登録されていても、ページのコンテンツ内容によっては、セーフサーチがオンになっていることで、露骨な表現を含む画像や動画などが不適切な結果と判断されてブロック対象になっている可能性があります。

思い当たる節があれば、まずは検索結果画面の「設定」から「セーフサーチをオフにする」を選択してください。

Google 検索でセーフサーチをオフにする

ただし、Googleが判断するため、不適切な結果とは思えないページも除外されている場合もあります。

セーフサーチをオフにしてページが表示された場合は、セーフサーチに引っかからないように内容を修正しましょう。

検索順位が低くなったため

対象のWEBページが検索エンジンに引っかからない原因でもっとも多いのは、単純にページの評価が低くなってランキングが下がったことでしょう。

と言っても、あなたが作ったページが単純にダメだという話ではありません。

たとえば、「スマートフォン おすすめ」で検索すると以下の検索結果が表示されますが、ヒットした件数は「約438,000,000件」です。そのため、「100位まで見たけど、見つからない……(・_・;)」というのは珍しくもないことなんです。

スマートフォン おすすめ Google 検索

インデックス移行のタイムラグのため

WEBページのインデックス情報がファストトラックインデックスからプライマリインデックスに移行した際、その情報を各WEBサーバに浸透させるためには時間がかかります。

もし検索結果を返したWEBサーバーがまだプライマリインデックスに移行した情報を持っていなければ検索結果に表示されることはありません。

このタイムラグが生じているため、インデックスされていても検索エンジンに引っかからないという現象が起きてしまいます。

Googleのインデックス登録状況を確認する方法

Googleのインデックス状況を確認する方法は3つあります。まずは、準備としてセーフサーチをオフにしてください。前述した通り、セーフサーチがオンになっていると、結果がフィルタリングされる可能性があります。

サーチコンソールのURL検査ツールを使う

サーチコンソールのURL検査ツールを使えば、インデックス状況の調査とインデックスのリクエストを行うことができます。

ただし、表向きはインデックスされていても、検索結果に表示されこともあるので注意が必要です。URL検査ツールの使い方や結果の確認の仕方は、以下を参考にしてください。

コンテンツのタイトルで検索する

おそらく、ページ(コンテンツ)のタイトルで検索して確かめる人も多いと思います。ただし、こちらも確実とは言えません。

たとえば、「not providedになる理由は?検索キーワードを知る方法と対策」というタイトルのページ(https://wakarukoto.com/?p=18922)を検索したところ、現時点の検索順位は2位でした。

つまり、タイトルで検索しても確実に1位になるわけではありません。それどころか、1ページ目に表示されないこともあります。

not providedになる理由は?検索キーワードを知る方法と対策 Google 検索

サイト内検索「site:ドメイン名」で検索する

検索演算子の「site:ドメイン名(たとえばsite:wakarukoto.comなど)」という構文で検索して、該当ページが含まれているかを確認する方法もあります。

ただ、ページ数が何百、何千という巨大なサイトになると、該当ページを探すだけで一苦労です。

完全一致「”キーワード”」で検索する

インデックスの登録状況を明確に知りたい場合は、完全一致検索のダブルクォーテーションを使って以下のように検索すると良いでしょう。

not providedになる理由は?検索キーワードを知る方法と対策 Google 検索02

これは、ダブルクォーテーションで検索したい文字列を囲むことで、完全一致したもののみを検索できる方法です。

インデックスに登録されていれば、完全一致によって確実に1位に表示されます。仮にまったく同じタイトルが他にいくつもあって1位に表示されなければ、「”https://wakarukoto.com/?p=18922″」このようにURLをダブルクォーテーションで囲んでも検索できます。

これでも表示されない場合は、Googleが意図的にそのページを除外しているためです。

ページの検索順位が低い状態を解消するために

さて、インデックス登録されていることが確認できても、あなたのページが検索に引っかからないのは、検索順位が低いためです。

検索順位が低い場合は、今できるSEO対策を徹底的に行なって、あとは順位が上がるよう祈るしかありません。

何度もお話していますが、SEOで大切な要素は「コンテンツの質を上げる」「被リンクを獲得する」「ランクブレインを意識する」ことです。

具体的には、「キーワードに合致したタイトル、コンテンツを作る」「コンテンツに独自性・専門性を持たせる」「別のWEBページから被リンクをもらう」行為をしなければいけません。

とくに、「キーワードに合致したタイトル、コンテンツを作る」「コンテンツに独自性・専門性を持たせる」のやり方は以下に記載しているため、参考にしてください。

SEOで行う3つのこと
1.キーワードに合致したタイトル、コンテンツを作る
2.コンテンツに独自性・専門性を持たせる
3.別のWEBページから被リンクをもらう