送信されたURLにnoindexタグが追加されています|サーチコンソールの対処法

読了目安:[4 分

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラーが…

WEBサイトをいくつか管理していると、たまに「送信された URL に noindex タグが追加されています」というメールが送られてくることがあります。

Search Console mail

これは「Search Console」から届いたエラーメッセージを伝えるメールです。初めてこんなメールが届いたら、誰でも驚くと思います。

早速「カバレッジの問題を解決する」をクリックしてみると、カバレッジレポートの画面が表示されました。エラーが11件となっています。

カバレッジ

これは一体どのような状態なのでしょうか。また、サーチコンソールのエラーを修正するにはどうすれば良いのでしょうか。

今回は、サーチコンソールから送られたきたエラーメッセージの状態と対処法についてお話したいと思います。

Search Consoleのカバレッジレポート

カバレッジレポートとは、Googleのインデックス状況に関するレポートのことで、上記図を見てわかる通り「エラー」「有効(警告あり)」「有効」「除外」という4つのステータスがあります。

エラー

エラーとは、何らかの理由によりインデックスに登録できなかったページがあることを表します。エラーがあるページは、インデックスされていないためGoogle検索で表示されません。

有効(警告あり)

有効(警告あり)とは、インデックスには登録されていますが、Googleでは判断できない何らかの問題が発生しているページがあることを表します。

有効

有効とは、正しくインデックスに登録されているページがあることを表します。正常に登録されているため、とくに何もする必要はありません。

除外

除外とは、ユーザーの操作によって意図的にインデックスされていないページがあることを表します。ユーザーが手動、またはプラグインを使って、特定のページにnoindexを付与している状態です。

サーチコンソールでエラーが表示された理由

今回のエラーの理由は、サイトマップで送信したURLのメタタグに「noindex」というディレクティブが設定されていたため起こったものです。ディレクティブとは、以下のものを言います。

robots メタタグと X-Robots-Tag HTTP ヘッダーの仕様  |  検索  |  Google Developers

all インデックスの登録や表示について、制限はありません。注: このディレクティブは既定値であり、明示的に指定しても影響はありません。
noindex このページを検索結果で表示しません。また、検索結果で [キャッシュ] リンクを表示しません。
nofollow このページのリンクをたどりません。
none noindex、nofollowと同じです。
noarchive 検索結果で [キャッシュ] リンクを表示しません。
nosnippet このページの検索結果にテキスト スニペットや動画プレビューを表示しません。静止画像のサムネイル(使用可能な場合)は引き続き表示されます。
notranslate 検索結果でこのページの翻訳を提供しません。
noimageindex このページの画像をインデックスに登録しません。
unavailable_after: [RFC-850 date/time] 指定した日時以降は、このページを検索結果に表示しません。日時は RFC 850 形式(リンク先は英語)で指定する必要があります。

「noindex」は、検索エンジンに対してインデックスさせないようにするためのメタタグです。

サイトマップに記載されたURLは、検索エンジンにインデックスする目的で送信されますが、何らかの原因で「noindex」が含まれているため、エラーを返してしまいます。

サイトマップに含まれるnoindexの対処法

サイトマップにnoindexが含まれることでエラーを返している場合は、インデックスされていないURLをインデックスさせるか、インデックスさせないかのどちらかの対処を行います。

インデックスさせたい場合

エラーが出ているURLをインデックスさせたい場合は、サイトマップからnoindexを外さなければいけません。noindexが設定されているのは、概ね以下の理由です。

1.Wordpressの記事管理画面から記事単位で「NOINDEX」にチェックを付けたから
2.All in One SEOなどのプラグインで「カテゴリーをnoindexにする」にチェックを付けたから
3.Google XML Sitemapsで「HTML形式でのサイトマップを含める」にチェックが付いているから

今回のわたしの場合は、3でした。それぞれプラグインを確認すればすぐにわかります。

インデックスさせない場合

エラーが出ているURLを確認して、とくにインデックスさせなくても良いと判断した場合は、何もせずに放置して構いません。

Google XML Sitemapsのエラーの対処法

さて、インデックスさせたい個別の記事のURLにnoindexが付いているため、エラーが出ている場合は問題です。すぐにnoindexを解除した方が良いでしょう。

上記の1が原因でなければ、3が原因である場合が多いはずです。

というわけで、Wordpressの管理画面から「Google XML Sitemaps」の設定画面を開いてください。「基本的な設定」の項目の「HTML形式でのサイトマップを含める」にチェックが付いている場合は、チェックを外してください。

XML Sitemap Generator

画面下の「設定を更新」クリックすれば完了です。あとは、Search Consoleの「カバレッジ > 送信された URL に noindex タグが追加されています」のページに戻って、「修正を検証」を押します。

修正を検証

これで問題が解決したわけではなく、ここからGoogleの検証が始まります。検証が完了すれば、ステータスが「合格」に変わります。

インデックス カバレッジ レポート – Search Console ヘルプ