SEOに影響する?404 Not Foundが出る理由とリダイレクト対策など

404エラーページ

404エラー、404 Not Foundとは

404エラーとは、アクセスしたURLにWEBページなどが存在しない場合にサーバーが返すエラーのことです。

最近WEBを見始めた人以外は、WEBサイトにアクセスしたときに「404」「404 Error」「Not Found」「404 Not Found」などが画面に表示された経験はあるでしょう。

読み方はとくに決まりがないようです。わたしは「ヨンマルヨン エラー」「ヨンマルヨン ノットファウンド」などと呼んでいます。

最近は404エラー画面もポップなデザインのものが増えていますが、昔は以下のようにシンプルなテキストのみで表示されていました。そのため、404エラーの表示を見て、「え!壊れた?」などビクッとする人もいました。

404-error

今は「え!壊れた?」と思う人も少なくなったとは思いますが、テキストのみの404エラーが出て、そこから何のアクションも取れなければ、ユーザーはあまり良い感情を抱きません。

そこで今回は、サイト内の404エラーの確認と対策についてお話したいと思います。

404エラーが表示される原因

このような404エラーが表示されるのは、いくつかの原因があります。

打ち込んだURLが間違っていたから

ユーザーが、直接アドレスバーに打ち込んだURLが間違っていた場合は、404エラーが表示されます。

リンクに余計な文字列が入っていたから

作成したページの中で、リンクに余計な文字列を含めてしまうと、正しいリンクとして機能しません。

また、SNSでリンクを拾ってツイートしたときやURLからリンクを自動生成するサービスを使っているなど、URLの後に続く文字列を巻き込んだリンクが生成されると、404エラーが表示さてしまいます。

インデックスが残っているのにページを削除したから

これは、オンラインニュースなどの記事を扱っているサイトでよく見かけます。ニュースは速報性が大切なため、記事によっては一定の期間がすぎると削除されます。

もしGoogleにインデックスが残っているのにページを削除した場合は、検索結果には表示されてもクリックすると404エラーが表示されます。

変更前のURLがインデックスとして残っているから

GoogleにインデックスされているページのURLを変更した場合、以前のURL情報が残っていることで、404エラーが表示されます。

リダイレクトの設定が間違っているから

ページを301リダイレクトなどしたときに、URL設定などの不備があると、ページが存在しないと認識されて404エラーが表示されます。

404エラーがSEOに及ぼす影響

「404エラーが多いと、検索エンジンの結果に悪い影響をもたらすのではないか。」と心配する人がいますが、404エラーがあることでGoogleがマイナス評価をすることはありません。

質問: ウェブマスター ツールのクロール エラー ページに表示される 404 (Not found)は、Google 検索での掲載順位に影響しますか?
答え: サイトの一部の URL が既に存在しない、または 404 を返していた場合も、サイトの他の URL (200(Successful)を返すもの)の検索結果内での掲載順位には影響しません。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 404 はサイトに悪影響を与えますか?

……とよく言われますが、404エラーで気を付けなければいけないことは、サイト内に貼ったリンクが404エラー、つまりリンク切れ(アンリンカブルリンクをになった状態を放置してしまうことです。

内部リンクで404エラーが出ることは、Googleから直接マイナス評価を受けないとしても、さまざまな面で良いこととは言えません。

ユーザビリティが低下する

もっとも大きな影響は、ユーザビリティに影響を与えることです。

サイト内にアンリンカブルリンクがあると、せっかくリンクをクリックしたユーザーがストレスを感じてしまいます。これは内部リンクだけでなく、外部リンクに対しても同様です。

最大のトラフィックを得られない

内部リンクで404エラーを出しているURLは、もしかしたらCVページだったり、何らかのユーザーアクションを促すページかもしれません。また、検索エンジンからの流入が多いページかもしれません。

本来得られるはずのトラフィックが、404エラーのせいで間引かれてしまうのはとてももったいないことです。

サーチコンソールで404エラーを確認する方法

まずは、サーチコンソールで404エラーがあるか確認しましょう。

サーチコンソールを開き、メニューからカバレッジをクリックします。「エラー」「有効(警告あり)」「有効」の選択を外して、除外のみを選択します。

サーチコンソール-カバレッジ-除外

下に移動して404があれば、何らかの404エラーが確認されているということです。この赤枠をクリックすると、検出された404の一覧をみることができます。

サーチコンソール-カバレッジ-除外-404

この404エラーの一覧の中で、対策が必要な404エラー、放置しても良い404エラーを見極めます。このサイトの場合は簡単で、「https://wakarukoto.com/?p=****」という形のURLがあれば、影響調査をすることになります。

サーチコンソール-カバレッジ-除外-404エラーの詳細02

上記では、「https://wakarukoto.com/?p=13443」にどう対応するかを考えなければいけません。

ちなみに、サーチコンソールに表示されるカバレッジの「エラー」「有効(警告あり)」「除外」のステータスは以下で紹介しています。

404エラーの対応方法と手順

404エラーがあった場合は、それらがサイトに影響するかどうかURLを見て、一つひとつ調査しましょう。

リンク切れのページを確認する

リンク切れページの内容を確認しましょう。リンク切れページは、基本的に「以前URLを変更したページ」「削除したページ」「そもそも存在しないページ」のどれかです。

「削除したページ」で、もう手元に残っていない場合は、「Wayback Machine」を使ってどのようなページだったかを確認しましょう。

内部リンクが貼られていないか確認する

404エラーを出すリンクが内部リンクとして貼られていないか確認しましょう。わたしは、「Search Regex」というサイト内検索&一括変換のプラグインを利用して、該当URLを調査しています。

内部リンクが貼られていないかsearch regexで確認

サイト内でリンクとして使われていたら、URLを削除、または変更して404エラーを表示しないように対応します。

必要であれば301リダイレクトをかける

301リダイレクトの方法は別途お話しますが、わたしは「Redirection」というプラグインでリダイレクト管理をしています。

Redirectionで301リダイレクトを管理する

古いURLから新しいURLに対して

単純にページのURLを変更しただけの場合は、古いURLから新しいURLに対して301リダイレクトを設定してください。

削除したページから関連記事に対して

ページを削除した場合は、そのページに関連する内容が記載されたページに対して301リダイレクトを設定します。

トップページに対して301リダイレクトをしない

リンクジュースを集めるために、無理やりトップページに対して301リダイレクトをしないようにしましょう。なぜなら、301リダイレクトは「Moved Permanently(恒久的な移動)」を表すためです。

I know of several websites that got into ranking trouble by 301 redirecting many pages to home (or a top level page of some kind) instead of returning a 404 or 410.
It doesn’t pay to squeeze on the PR too tightly. I’d say look for important backlinks that point to problematic pages and create appropriate content at the same URL – even if it’s just an explanation about the change to the website.

“404や410を返す代わりに、多くのページをトップページ(あるいはそれに類するトップレベルのページ)にリダイレクトしてランキングのトラブルに巻き込まれたサイトのことをいくつも知っている。

PageRankをきつく絞り取ろうとしても得することはない。私なら問題となるページへ張られている重要なバックリンクを探して、同じURLに適切なコンテンツを作成するだろう。たとえ新しく作るページが単にウェブサイトの変更を説明するページであったとしてもだ。”

なくなったページをトップページに301リダイレクトしないほうがいい | 海外SEO情報ブログ

必要なければ放置or削除依頼を申請する

301リダイレクトの必要性がなければ、放置しても構いません。Googleがクロールする過程でページがなくなったことを認識すれば、そのうちインデックスからも消えてます。

今回の場合はあまり必要性を感じませんが、Googleに対してインデックスの削除申請をすることもできます。

Google から情報を削除する – Search Console ヘルプ

404ページをカスタマイズする

404エラーでもう一つ重要な対策があります。それは、ユーザーにわかりやすい404ページを用意するということです。

404ページは、ユーザーのミスによっても発生するため、すべてのページをリダイレクト処理することはできません。そのため、ユーザーの離脱の機会を減らす意味でも、最低限カスタマイズした404ページを用意してください。

404ページカスタマイズ

カスタマイズポイント1.現在の状態を説明する

「ページが見つかりませんでした。」などの文言とともに、ユーザーに対してどのようなアクションをとれば良いかを促します。

カスタマイズポイント2.現在の状態を説明する

ユーザーがすぐにアクションできるように、サイト内検索を設けましょう。

カスタマイズポイント3.現在の状態を説明する

カテゴリーの一覧を設けて、ユーザーが目的にたどり着ける様にアシストしましょう。

上記通り、「わかること!」の404ページは、必要最低限の情報だけを盛り込んだもので、決して優れた404ページではありません。他サイトの優れた404ページ、また404ページ作成の注意点に関してはまた別途お話します。

まずは、404エラーの対応、簡易的な404ページのカスタマイズをして、ユーザーにストレスを与えない対応をするようにしましょう。