SEO効果もある!正しいサイト名の付け方とドメイン名の決め方

商品名・サイト名のつけ方

WEBサイトは名前が重要!

WEBマスターにとってもっとも大切なことは、自分が運営しているWEBサイトを長く育てていくための愛着を持つことです。

WEBサイトがある程度スケールすると愛着がわくのは当然ですが、そこまでスケールするためには、地道にコンテンツを拡充して、ブランディングなどに取り組まなければならず、時間がかかるとモチベーションが続きません。

そんな心配があるWEBマスターは、WEBサイトのタイトル、つまりサイト名にこだわって名付けをしてみてください。

サイト名はWEBサイトは、育てばそのままブランドになります。個人でも法人でも、そのWEBサイト名があなたの実績に加わるため、とても大切です。

そこで今回は、正しいサイト名のつけ方とそれに伴うドメイン名の決め方についてお話したいと思います。

サイト名のつけ方と注意点

自分が覚えやすいサイト名にすること

サイト名は造語でも、既存にある言葉でも構いませんが、何となくかっこいいから、かわいいからという理由で、英語やフランス語からサイト名を付ける人がいます。

まずは、サイト名は自分が覚えられるわかりやすいものにしてください。自分が覚えにくい名前を他人が覚えられるわけがありません。

他人が読み書きしやすいこと

WEBサイトを作ったあとは、サイト名をどんどん露出していかなければいけません。そこで、他人がそのWEBサイトを見たときに読めなかったり、SNSなどで言及しようと思ったときにWEBサイト名を書けないことは問題です。

とくに、アルファベットを使う場合は、簡便な英語にしたり、ローマ字読みが予測できる名前にした方が良いでしょう。

他のサイトと誤解されにくいこと

もしこのWEBサイトの名前が、「SEO HACKER」「SEOラボラトリー」「海外情報SEOブログ」「SEO Japan+」だとしたら、どう思うでしょうか(業界外の人はわかりにくいかもですが……)。

100%比較され……るだけならまだしも、非難対象になるのは間違いありません。

商標などとかぶっていないこと

キャッチーで短いサイト名を付けると、すでに商標登録をされている場合があります。

後から揉めると大変なので、思いついたサイト名は検索などをして、かぶっていないか確認してください。

商品・サービス・コンセプトがわかりやすいこと

サイト名を見れば、取り扱っている商品やサービス、またはコンセプトが想像できることが望ましいです。

ユーザーは目的があってサイトをクリックします。そのため、タイトルから目的要素を感じなければ、クリックしません。サイト名だけでコンセプトを伝えることが難しい場合は、サブタイトルを使ってください。

このサイトの場合は、「わかること!」がサイトタイトル、「マーケティング支援ブログ」がサブタイトルです。

省略できたり、愛称をつけやすいこと

もし長いサイト名にしなければいけない場合、サイト名を省略した愛称を最初から考えておきましょう。

当初このサイトは「数字からわかることブログ!」という名前でしたが、途中から愛称だった「わかること!」に名称を変更しました。

ちなみに、日本カプセルコンピュータ株式会社、大学翻訳センターは、現在略称が企業名になっていますが、どこかわかりますか。どちらも有名ですね。正解は、カプコンとDHCです。

サイト名にちなんだドメインが取得できること

先に決定するのはドメインかサイト名かと言われたら、サイト名が先です。

ただし、ドメインはサイト名にちなんだものが良いため、サイト名の候補がいくつか決まった段階で、ドメインが取得できるかを確認してください。

もし取得したいドメインが中古ドメインの場合は、「Wayback Machine」や「SimilarWeb」で以前のWEBサイトなどを確認してください。

ドメインの決め方と注意点

WEBサイトを運用する場合は、サイト名だけでなく、ドメイン名も考慮しながら決めなければいけません。ドメインを決める場合は、以下の点に注意しましょう。

覚えやすいトップレベルドメインを選ぶ

基本的に、トップレベルドメイン(TLD)は何でも良いのですが、メジャーなドメインを選ぶと覚えてもらいやすくなります。また、gTLDはそれぞれ意味が違うため、考慮するとベストです(とくにメリットがあるわけではない)。

メジャードメインの意味
.com(commercial)……あらゆる商用ドメイン
.net(network)……ネットワークサービスのドメイン
.org(organization)……非営利団体のドメイン
.biz(business)……ビジネスのドメイン
.info(information)……情報のドメイン
.jp(japan)……日本国内のドメイン
.co.jp(commercial japan)……日本国内の商用ドメイン

これらのトップレベルドメインの種類で、SEOに影響を与えることはありません。

Q: 新しい gTLD は検索に影響しますか?Google は、新しい TLD が有利になるようアルゴリズムを変更しているのですか?検索において、新しい TLD はどの程度重視されるのですか?

A: 基本的に、新しい gTLD も他の gTLD(.com、.org など)と同じように処理されます。検索において、特定の TLD のキーワードが有利に働くことも不利に働くこともありません。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 新しいトップレベル ドメイン(gTLD)に対する Google での取り扱いについて

ドメイン名にはキーワードを入れた方が良い

たとえばこのサイトのドメインは「wakarukoto.com」ですが、もっとSEO情報を充実させるなら「wakaru-seo.com」の方が、Googleに正しい情報を伝えることができるでしょう。

つまり、ドメイン名にキーワードを入れた方SEOの効果が期待できるということです。

A ranking bonus is attributed when a keyword or phrase exists within a domain name. The weight given seems to be less significant than when the domain name exactly matches that of a particular SEO query, but more significant than when a keyword appears later in the URL.

Google Ranking Factors: 273 Facts & Myths (2019) | Northcutt

EP1661018A2 – Internet domain keyword optimization – Google Patents

長すぎるドメインにしない

ドメインにキーワードを入れた方が良いと言っても、「seo-sem-sxo-searchengine-marketing-blog.com」などのようにすると長すぎます。

ドメインは短いほど覚えてもらいやすいため、サイト名に合わせたドメインで、なるべく短いもの、そして可能であればキーワードが入ったものを選ぶようにしてください。

サイト名とSEOの関係

WEBサイト名はなるべく覚えやすく、一般的な言葉が含まれる名前にしてください。

上記通り、サイト名にはさまざまな要素が含まれますが、もっとも大切なことは名前を覚えてもらうことです。そして、覚えてもらったサイト名をWEBサイトやSNSで露出してもらうことです。

Googleは、E-A-T(専門性、権威性、信頼性)に力を入れています。WEBサイトの信頼性を高めるためには、ある程度の認知度が必要になります。

サイト名をWEBサイトやSNSで露出してもらうことを「サイテーション」と言い、少しずつ積み上げることで、サイトの評価を高めることができます。

優れたサイト名には大きなマーケティング効果が期待できます。そのため、適当な名前をつけてしまうのはもったいないことです。

もちろん、サイト名はずっと同じでなければいけないわけではありません。サイト名を変えることがブランディングになったり、マーケティングの一端になることもあります。

とは言えば、サイトの認知度が低い段階で安易に変更しても意味がありません。サイト名は、あらゆる要素をよく考えて愛着が持てるものにしましょう。