リファラー、リファラル、ノーリファラーの違い

リファラー、リファラル、ノーリファラーの違い

WEBマスターが理解すべきリファラー、リファラル、ノーリファラー

WEBサイトやブログメディアを管理している人は、Googleアナリティクスをほぼ毎日のように触ると思います。

その際、「リファラー」「リファラル」「ノーリファラー」という言葉をよく見ると思います。

よく似ていて、意味が間違われやすい言葉なのですが、あなたはこれらの意味をしっかりと理解できていますか。

今後、WEBサイトを使ってマーケティングを行いたい人は、「リファラー」「リファラル」「ノーリファラー」という言葉とその意味の違いは必ず覚えておかなければいけません。

そこで今回は、リファラー、リファラル、ノーリファラーの違いとこれらをGoogleアナリティクスで確認する方法についてお話したいと思います。

リファラーとは

リファラー(referrer)とは、ユーザーが別のWEBサイト(WEBページ)を経由して自サイトに流入したトラフィック、つまり参照元のことを言います。

リファラーのデータは、リアルタイムでアクセスログに記録されます。

リファラーは、「Organic Search(検索エンジン)」「Referral(参照サイト)」「Social(SNS)」「Paid Search(リスティング広告)」「Direct(ノーリファラーなど)」という種類に分かれています。

リファラーの種類
・Organic Search(検索エンジン)
・Referral(参照サイト)
・Social(SNS)
・Paid Search(リスティング広告)
・Direct(ノーリファラーなど)

リファラーの役割

アクセスログからリファラーを見れば、ユーザーがどのような経路でWEBサイトに流入したかがわかります。

そのため、あるWEBページのアクセス数が急激に増えた原因を調べたり、特定のリファラーによるWEBサイト内のユーザー動向をつきとめるなど、さまざまな分析をすることが可能です。

Googleアナリティクスで見るリファラーの種類

リファラーの種類を一つずつもう少し詳しく見ていきます。

Organic Search(オーガニックサーチ)とは

オーガニックサーチとは、主にGoogleやYahoo、Bingなどの検索エンジンからの流入のことです。アクセスログにオーガニックサーチのリファラーがあるということは、何らかのキーワードで検索結果に表示されたため、流入があったと考えられます。

ただし、メタ検索エンジンはOrganic Searchに含まれません。

Referral(リファラル)とは

リファラルとは、外部のWEBサイトからの流入のことです。アクセスログにリファラルがあるということは、外部のWEBページに被リンクを貼られたことで経路ができたため、流入があったと考えられます。

ただし、メタ検索エンジンを含むため、すべてが被リンク経由というわけではありません。

Social(ソーシャル)とは

ソーシャルとは、FacebookやTwitterなどのSNS経由の流入のことです。アクセスログにソーシャルがあるということは、何らかのSNSで拡散されたため、流入があったと考えられます。

ただし、Naverなど一部のキュレーションサービス、Hatena BookmarkやPocket、redditなどのソーシャルブックマークサービスもソーシャルに含まれるため、明確に区別することはできません。

ペイドサーチとは、リスティング広告からの流入のことです。

Direct(ダイレクト)

ダイレクトとは、アドレスバーにURLを直接打ち込んだり、ブラウザのブックマークをからの直接流入のことです。また、ダイレクトは、直接流入以外に参照元が不明なアクセスも含むため、「ノーリファラー」と呼ばれます。

Googleアナリティクスでリファラーを確認する方法

リファラーは、Googleアナリティクスから簡単に確認することができます。

Googleアナリティクスの「チャネル」を開く

Googleアナリティクスの画面を開いたら、左メニューの「集客」>「すべてのトラフィック」>「チャネル」をクリックします。

リファラーの確認方法

見たいリファラーをクリックする

「Organic Search」「Referral」「Social」「Paid Search」「Direct」の中から見たいリファラーを選んでください。以下は、「Social」を開いた画面です。

Socialのリファラー

完全なリファラーを確認する方法

さて、先程のソーシャルのリファラーでは、FacebookやTwitter、Naverなどの参照元はわかっても、どのページから来たのかまではわかりません。

そこで、もう少し参照元を特定するために「完全なリファラー」を見てみましょう。

完全なリファラーを選択する

セカンダリディメンションをクリックして、「完全なリファラー」を選択してください。検索窓に”完全”と入れると、「完全なリファラー」が表示されます。

セカンダリディメンションから完全なリファラーを選ぶ

完全なリファラーが表示される

ソーシャルネットワークに対して、右側に「完全なリファラー」が表示されます。

Facebookやはてなブックマークなど詳しいリファラーがわからないものも多いのですが、NaverはリンクがあるURL、Twitterは短縮URLが表示されるため、急に流入が増えた場合の原因を探ることができます。

完全なリファラーを確認する方法

リファラーはWEBサイト分析の基本

リファラーはWEBサイトに流入する前に経由した参照元のこと、リファラルが外部のWEBサイトからの流入のこと、ノーリファラーが参照元が特定できない流入のことだとわかりましたね。

リファラー、リファラル、ノーリファラーの違い
リファラー|WEBサイトに流入する前に経由した参照元のこと
リファラル|外部のWEBサイトからの流入のこと
ノーリファラー|参照元が特定できない流入のこと

ちなみに、ノーリファラーが表示される原因はいくつもあります。

参照元がノーリファラーになる理由
・ブラウザのブックマークからの流入
・ブラウザのアドレスバーに直接URLを入力した流入
・ブラウザの閲覧履歴からの流入
・デスクトップソフトやアプリのリンクからの流入
・セキュリティソフトで情報を送信しない設定をした流入
・ブラウザの設定で参照元を送信しない設定にした流入
・メールのリンクからの流入
・metaタグのリダイレクトによる流入
・スマホアプリからの流入
・QRコードからの流入
・一部のスマホブラウザからの流入
・SSL対応サイトから未対応サイトへの流入

リファラーは、アクセス数が少ないうちはそれほど見る必要はありませんが、ある程度増えると傾向が見え始めます。そこでリファラー分析を行えば、WEBマーケティングの次の一手を考えられるようになります。

たとえば、ソーシャルの流入が多い場合は、そのSNSを特定してキャンペーンを行ったり、特定のWEBサイトからの流入が多い場合は、そのWEBサイトと連携を図るなど、やれることはたくさんあります。

WEBサイトに関するデータはさまざまあり、それらのデータはアナリティクスなどを使えば、画面上で容易に見ることもダウンロードすることもできます。

その中でも重要な指標として、リファラーとリファラーに関係する言葉の意味をしっかり理解しておきましょう。