パクツイや画像無断転載の著作権侵害をTwitterとDMCA申告する方法

Twitterのパクツイやコピー画像の著作権は?侵害の対策は

ツイートや画像の無断使用にどう対処する?

「自分が描いたイラストや撮影した写真が他人のツイートに使われていた。」
「自分のツイートがコピーされて、別の人がツイートしていた。」

もしあなたが、他人からそのような被害にあったら、どのように対処するでしょうか。

TwitterやFacebookやインスタグラムなどのSNSを使えば、誰でも簡単に画像や動画をWEB上にアップロードできるようになりました。

それと同時に、これまであまり関係がなかった著作権に関して、誰もが意識しなければいけないようになりました。

それでもまだ、画像や動画の使用に対して、著作権を侵害しているという意識のない人も多いでしょう。もしくは、著作権侵害をわかっていて、軽く考えている人も多いでしょう。

著作権侵害を受けると、とても嫌な気分になります。しかもそれを問いただそうと、著作権侵害者に連絡を取っても、単純にツイートを消したり、逆ギレしてブロックするなど反省を促すこともできません。

そこで今回は、Twitterの著作権侵害とはどのようなことか、また、著作権侵害を受けた場合どのように対処すればよいかについてお話したいと思います。

著作権とは

著作権(ちょさくけん)とは、著作権法に定められた知的所有権の一種のことで、主に美術や音楽、文芸など、作者の思想、感情を創作的にを表現した著作物を対象とした権利のことです。

著作権は、商標や特許などと違って申請や審査などは必要なく、著作物を製作した時点で権利が発生します。また、著作者の権利は、著作者人格権と財産権の2つに分かれており、とくに著作者人格権は譲渡したり、相続することはできません。

著作者にはどんな権利がある? | 著作権って何? | 著作権Q&A | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

では、誰かが作ったり、撮影したものは、誰も使えないかと言えばそんなことはありません。権利が発生しないもの、権利が存在しないもののことを「パブリックドメイン」と言います。

パブリックドメインとは

パブリックドメイン(public domain)とは、製作物の著作権が発生しないものや著作権を放棄したもの、または一定期間が経過して著作権が消滅したもののことです。

製作物の著作権が発生しないもの、もしくはそもそも著作物にあたらないものとしては、歴史的事実や客観的なデータ、よくある表現や短文、アイデアや発想方法、二次利用されたパブリックドメインなどがあります。

著作物にあたらないものの種類と、利用をする際の注意点 – BUSINESS LAWYERS

そもそも著作物にあたらないもの
・歴史的事実や客観的なデータ
・よくある表現や短文
・アイデアや発想方法
・二次利用されたパブリックドメイン

上記は取り扱い方(たとえば特許申請など)によっては、著作物になる場合もあります。

Twitterにおける著作権違反とは

SNSの中でも、とくにTwitterは著作権侵害が目立ちます。Twitterの著作権侵害は、わかりやすい「画像や動画の無断使用」と「特定の文章の無断使用」に分かれます。

画像や動画の無断使用

雑誌を撮影した写真やWEB上の画像を無断で拝借して、ツイートに使用するケースはよく見かけますが、これは著作権侵害です。

また、テレビ番組をスマホで撮影して動画をツイートする人もいますが、数秒の動画でも著作権侵害にあたります。

さらにツイートだけでなく、アニメキャラや芸能人の写真をアイコンにしている人もいますが、アニメキャラの画像使用は著作権侵害、芸能人や有名人の画像使用は肖像権侵害にあたります。

特定の文章の無断使用

たとえばツイートの内容が、論文や小説の一文、雑誌などのインタビュー、歌詞などを出典も明記せずに転載した場合は、明確な著作権侵害になります。

対して、一般的なツイートの無断使用は、基本的に著作物に該当しません。たとえば、「おはよう!」「ラーメン食べた!」などのツイートは、単純な会話(文章)であり、日常で誰でも使う言葉です。

もちろん、「今日は美術館に行って絵画を見てきた。その後、ラーメンを食べ、カフェでコーヒーを飲み、家路の途中で靴紐が切れたので、スポーツ用品店に寄った。家に帰ると予備の靴紐が何本かあって、もったいないことをしたなと思った。悔しくて夜中の2時まで眠れなかった。」という長文のツイートだとしても、日常の出来事の組み合わせでしかありません。

このようなツイートはどのように使っても、とくに著作権侵害にはなりません。なぜなら、著作権の保護の対象は、前述した通り、美術や音楽、文芸など、作者の思想を表現した著作物を対象とした権利だからです。

文化的な創作物とは、文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもののことで、著作物といいます。

著作権って何? | 著作権Q&A | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

パクツイは著作権侵害に該当する?

では、論文や小説の一文、雑誌などのインタビュー、歌詞などではなく、一般人の誰かが思想・感情を創作的に表現したものをツイートして、それをRTせずに、コピペして自分のアカウントでツイートした場合はどうなるのでしょうか。

Twitterにおいて、まったく同じ他人の文章をコピーなどして、そのままツイートすることを「パクツイ(パクってツイート)」と言います。もちろん、パクツイはスラングです。

RTを狙った自分の渾身のツイートが2RTだったのに、後日他の人がまったく同じ文章でツイートしていて、さらに1000RTを超えていたら……。多分ブチッと来る人はたくさんいるはずです。

このようなパクツイは、「思想、感情を創作的に表現したもの」と認められれば、著作物にあたるものとして著作権侵害の可能性があります。

「『著作物』と言えるためには、ある程度の創作性が必要です。パクられるようなツイートであれば、通常は創作性があるでしょうから、著作物であることが多いと考えられます。

他人のつぶやきを盗んでツイートする「パクツイ」 弁護士が「著作権法違反」と警告|弁護士ドットコムニュース

線引きが難しいため、パクツイを主張しても著作物にあたるかは意見が割れそうですが、そもそもパクツイは「独創的で面白い!」と思われたからパクられたわけで、その時点で著作権侵害にあたると考えて良さそうです。

ちなみに、パクツイという言葉は2013年ごろからある言葉です。そのため、なかなかなくならないものだということですね。

Twitter上の著作権侵害の対策は

仮にTwitter上で自分の著作物に関する著作権違反を発見しても、手間やコストを考えるとわざわざ訴えるメリットがありません。ただ、放置するのは悔しいですね。

そこで、然るべきところに申告して対応をお願いしましょう。

対策1.Twitterを通してDMCAに申告する

Twitterでは、以下のようにDMCAに対する著作権侵害への「申告フォーム」が設けられています。

ただし注意点として、著作権侵害を申告する場合は、「連絡先情報を含む申し立てに関する情報を、対象の違反者にすべて開示する」ことが前提になります。

Twitterは、あなたの連絡先情報を含む申し立てに関する情報を、対象の違反者にすべて開示することになります。 詳しくは、著作権とDMCAに関するポリシーをご確認ください。

著作権侵害について報告する | ヘルプセンター

対策2.Twitter社にスパム申告する

公式のTwitterルールとして、パクツイは「他者のアカウント情報(例: 自己紹介、ツイート、プロフィールリンクなど)を自分のものとして繰り返しツイートした場合」に該当するスパム行為と見なされます。

Twitterルール

ツイートの詳細画面にはスパム報告をする機能があります。そのため、パクツイを見つけたら、個別のツイートから以下のようにTwitter社にスパム報告をしましょう。

1.報告するツイートに移動します。
2.アイコンをクリックまたはタップします。
3.[ツイートを報告する] を選びます。
4.[不審な内容またはスパムです] を選択して報告を送信します。
5.次に、そのツイートが不審または拡散スパムである理由を選択します。
6.報告の送信が完了すると、Twitterを快適に利用するために推奨される対策が表示されます。

Twitter上のスパムの報告

もしスパム報告によって、そのツイートが悪質だとみなされた場合は、Twitterから当該アカウントへの連絡があり、ツイートの削除、最悪アカウントの凍結という対応をする場合もあります。

新たな投稿や他のTwitter利用者と交流する前に、禁止されているコンテンツの削除の要求
投稿の作成や他のTwitter利用者との交流の一時的制限
電話番号またはメールアドレスによるアカウント所有権の認証の要求
アカウントの永久凍結

Twitterルール

イラストや写真の著作権は自分で守ろう

さて、おそらくこんなことを書いても、TwitterなどのSNSでの著作権侵害はなくならないだろうと思います。

なぜなら、パクツイにしろ、画像や動画の著作権侵害にしろ、悪気なかったり、気づかずにRTしてしま人たちがたくさんいるためです。

本来は、著作権侵害をされた、見つけたから、それらをDMCAやTwitter社に申告をするのではなく、著作権侵害をしない仕組みづくりが大切なのですが、多くの人を一斉に規制するのは難しいでしょう。

そこで、せめて自分が描いたイラストや撮影した写真・動画には、自分なりのサインを入れておいた方が良いでしょう。

動画はちょっと難しいのですが、イラストや画像であれば簡単にサインを入れることはできます。

イラストや画像にサインを入れることに、なんとなく気恥ずかしさを感じる人もいるかと思いますが、みんなが行動すれば今よりは著作権侵害で泣く人は減るはずです。

パクツイは……仕方がないですね。これは事前に防ぎようがないです。