クリエイティブコモンズとは?CCライセンスの使い方・設置方法

クリエイティブコモンズとは

無料素材だと見つからない写真がある

世の中には、多くのフリー写真素材サイトがあります。

サイト規定によりますが、フリー写真素材サイトでは、公序良俗に反しない限り、素材の「商用利用可能」「改変可能」「クレジット不要」など、使い勝手が良いサイトが多いですね。

もう一つ「再配布可能」が加わるかどうかは、サイトによって異なります。

本当はもう少し細かいのですが、このような写真素材のライセンスは、ざっくり言うと以下のようになります。あなたが写真素材を扱うなら、これらの規定は確かめた方が良いでしょう。

フリー写真素材サイトの利用規定(一部)
商用利用可能|(顧客提供含む)WEBサイトや紙の資料などの販促に使える。
改変可能|リサイズ、トリミング、加工などしても良い。
クレジット不要|クレジット表記を付けなくても良い。
再配布可能|有料、無料問わず素材を別サイトなどで配布しても良い。

ただ、フリーの写真素材はとても便利ですが、私たちがよく知っている写真素材サイトだけだと、イメージに合う写真が見つかりにくい場合があります。

フリーの写真素材だけでは足りない理由

さまざまなWEBサイトでフリーの写真素材を探していて、個人的にはこの3つの状態、シチュエーションの写真が不足していると感じます。

・本人目線の写真
・細かなシチュエーションの写真
・魅せるための写真

本人目線の写真

フリー写真素材の多くは、人物をわざとらしく撮った写真ばかりです。流れの中での1枚や日常風景を切り取った自然な写真は、意外と見つかりません。

細かなシチュエーションの写真

フリーの写真素材を見ていても、「◯◯しているところ」など、限定したシチュエーションに合う写真が欲しいのにありません。細かなシチュエーションの写真が圧倒的に少ないと思います。

魅せるための写真

かっこ良い!という写真素材がほとんどありません。画像加工ソフトを使える人は限られているので、最初からかっこ良く魅せるために撮られた写真を探したい場合に困ります。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは

では、フリーの写真素材で欲しいものが見つからない場合は、どうすれば良いのでしょう。

「有料写真素材で探せば?」という意見もわかりますが、その前に「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(Creative Commons License)」の写真素材を活用しましょう。

クリエイティブ・コモンズ(Creative Commons、以下「CC」)とは、著作物の適正な再利用の促進を目的として、著作者がみずからの著作物の再利用を許可するという意思表示を手軽に行えるようにするための さまざまなレベルのライセンスを策定し普及を図る国際的プロジェクト およびその運営主体である国際的非営利団体の名称である。クリエイティブ・コモンズが策定した一連のライセンスはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスと呼ばれる。

クリエイティブ・コモンズ – Wikipedia

これまで私が紹介してきた無料写真素材サイトは、サイト独自の規定で写真素材の取り扱いを決めていました。

その規定を一元化して、著作権に関する取り決めを行い、規制に見合ったライセンスマークを表示することで、もっと素材を使いやすくしようという試みがクリエイティブ・コモンズ・ライセンスです。「CCライセンス」と略したりします。

有名なところでは、「Flickr(フリッカー)」「Google Images」などが、全ての画像において、CCライセンスによる著作権の取り決めが行われています。

CCライセンスでは、以下のような取り決めとその取り決めに応じたマークが付加されています。

CCライセンスの種類
Copyright「すべての権利を主張する、コピーライト」
CC-BY「表示」
CC-NC「非営利」
CC-ND「改変禁止」
CC-SA「継承」
CC-ND「改変禁止」
CC-SA「継承」
CC0「いかなる権利も保有しない、パブリックドメイン」

CCライセンスのマークの種類

コピーライト(Copyright)

こちらは全ての権利を主張する「コピーライト」表示です。おそらく見たことはあると思います。これが付いている画像などは、許可なく使ってはいけません。

表示(BY)

表示(BY)がついている画像などは、利用にあたって、著作権者の表示(氏名、作品タイトルなどの出典およびURLなど)が必要になります。

非営利(NC)

非営利(NC)がついている画像などは、利用にあたって、非営利目的での利用に限定されます。

改変禁止(ND)

改変禁止(ND)がついている画像などは、利用にあたって、いかなる改変も禁止されます。改変とは、元画像のリサイズ、トリミング、効果付与だけでなく、人の目に触れるサムネイル表示でも同様な扱いになる可能性があります。

継承(SA)

継承(SA)がついている画像などは、利用にあたって、ライセンスが付与された画像などを改変してできた作品についても、元画像のライセンスを継承させなければいけません。

元画像のライセンスを継承させるとは、元画像などを改変してもあなたの著作物ではなく「原作者の著作物」だということです。

パブリックドメイン「CC0」

パブリックドメインのマークが付いているものは、いかなる権利も保有しないため、著作権による制限を受けません。自由に作品に機能を追加し、拡張し、再利用することができます。

つまり、オールフリーなので、どのように使っても良いということです。CCに関係なく自由に使えるので通称「CC0」です。

CCライセンスの組み合わせによる意味

CC-BY-NC「表示—非営利」

CC-BY-NCは、原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなどの出典およびURLなど)を表示し、かつ非営利目的であれば、元画像を改変したり再配布したりすることができるCCライセンスです。

CC-BY-ND「表示—改変禁止」

CC-BY-NDは、原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなどの出典およびURLなど)を表示し、かつ元画像を改変しなければ、営利目的での素材利用(転載、コピー、共有)が行えるCCライセンスです。

CC-BY-SA「表示—継承」

CC-BY-SAは、原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなどの出典およびURLなど)を表示し、改変をした場合には元画像と同じCCライセンスで公開することを守れば、営利目的での素材の二次利用も許可されるCCライセンスです。

CC-BY-NC-ND「表示—非営利—改変禁止」

CC-BY-NC-NDは、原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなどの出典およびURLなど)を表示し、かつ非営利目的であり、元画像を改変しないことを守れば、画像を自由に再配布できるCCライセンスです。

CC-BY-NC-SA「表示—非営利—継承」

CC-BY-NC-SAは、原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなどの出典およびURLなど)を表示し、かつ非営利目的に限り、また改変を行った際には元画像と同じ組み合わせのCCライセンスで公開することを守れば、改変したり再配布したりすることができるCCライセンスです。

CCライセンスの使い方

CCライセンスは、CCライセンスの何らかのマークが付いた画像を使う場合、自分の作品に対してCCライセンスの何らかのマークを付与する場合の2つの意味合いがありますね。

CCライセンスの画像を使う場合

CCライセンスの画像などは、コピーライトとパブリックドメイン以外、すべてBY(表示)が付いています。そのため、使う際にもっとも気を付けなければいけないことは、著作権者の表示(氏名、作品タイトルなどの出典およびURLなど)が必要になることです。

たとえば画像を使う場合は、画像の近く(直下など)に、著作者のクレジット(名前と作品タイトル)を表示しましょう。また、WEBサイトから引用する場合は、WEBサイト名とURLを表示してください。

もちろん、その画像が改変禁止なのか、非営利のみなのか、継承しなければいけないのかは必ず確認して、ルールに準じて使うようにしましょう。

CCライセンスを付与したい場合

WEBサイトなどで、自分の作品にCCライセンスを付与したい場合は、画像であればその直下などわかり易い場所に、またWEBサイト全体に何らかのCCライセンスを施した場合は、フッターや利用規約などにCCライセンスの画像を貼り付けてください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス素材は十分に活用できる

私も以前は、CCライセンスの素材を敬遠していました。理由は、各ライセンスを理解するのが面倒なこととクレジット表記に何となく抵抗があったためです。

ところが、「Flickr(フリッカー)」などを利用してみると意外と質が高く、イメージに合った写真素材を取得できることがわかり、今では素材を探すことが楽しいと感じるようにさえなりました。

本当はInstagramを使いたいんですけど、あちらはCCライセンス設定された写真がまだ少ない上に、キーワード検索ができないので使えません。NAVERなどにも使われていますが、本当はライセンスNGな写真も混じっていると思います。

まだCCライセンス素材を使ったことがない人は、一度使ってみることをおすすめします。まずは私と同じフリッカーからどうぞ。