Twitterの膨大な過去ツイートを検索・日付で絞り込む最適な方法

Twitterの過去ツイートを検索・日付で絞り込む方法とサービスの紹介

過去ツイートを効率よく検索する方法とは

「あの人がこの前ツイートしていたお店の名前なんだったっけ?」
「あのサイト前にTwitterで見かけた気がしたんだけど……。」

Twitterには検索機能がありますが、膨大な数の過去のツイートを遡って検索するの大変ですよね。

特定のハッシュタグだけならまだしも、自分の発言だけに絞りたい場合、除外キーワードを指定したい場合、フォローしている人だけに絞りたい場合など、指定したい検索条件もいろいろあると思います。

また、Twitterは誰でも無料でアカウントを作成できるため、スパムアカウントやbotアカウントなどがつぶやく不要なツイートも多く含まれており、なかなか検索結果に辿りつけない場合もあります。

そこで今回は、過去ツイートをスムーズに検索するためのさまざまな方法をご紹介したいと思います。

過去ツイートの検索方法1.「高度な検索」を利用する

Twitterの通常の検索機能を利用しても、膨大なツイートの中から目的のツイートをいちいち探し出すのは大変です。

そこで、Twitter公式サイトにある、「高度な検索」という機能を使いましょう。

Twitterの高度な検索

上記はパソコンから見た画面ですが、公式サイトであればモバイルからも「高度な検索」を利用できます。「高度な検索」は、除外キーワードや言語指定など、様々な条件を付加して検索できるのですが、もちろん過去の日付を指定して検索することも可能です。

Twitterの高度な検索

「高度な検索」の検索結果から、画像や動画、アカウントなどさまざまなカテゴリで絞り込みをしたり、検索フィルターを使って「アカウント」「地域」「言語」などを絞り込むこともできます。

ラーメン Twitter検索 検索フィルター すべてのアカウント

「高度な検索」の細かい使い方は以下で紹介しているので、参考にしてください。

過去ツイートの検索方法2.検索窓で検索コマンド(演算子)を利用する

普段Twitterアプリを使っている人は、「高度な検索」が利用できません。

そのため、Twitterアプリで日付指定して検索したい場合は、検索コマンド(演算子)を使います。検索コマンドは、Twitterアプリだけでなく、公式サイトでも使えます。

検索コマンドで、「いつからいつまで」などの日付指定をして検索する方法は簡単です。検索窓に以下のように入力するだけです。

「ガチャピン since:2019-05-22 until:2019-05-25」

つまり、「◯◯ since:yyyy-mm-dd until:yyyy-mm-dd」という形式になります。yyyyは年、mmは月、ddは日です。○○には、キーワードやアカウント名を入れることができます。

例えば、アカウント名の場合は、「@saiganakato since:2015-11-01 until:2015-11-30」のように入力して検索します。では、具体的な使い方を説明します。

検索画面を開く

アプリを開いたら、検索窓をタップして検索画面を開きます。

高度な検索

検索ワードを入力する

検索コマンドを付加した検索ワードを入力します。今回は例として朝日新聞公式アカウントの2015年11月14日から2015年11月15日までのツイートを検索してみます。

「@asahi since:2015-11-14 until:2015-11-15」と入力して検索します。

高度な検索

検索結果が表示される

検索結果には、アカウントやツイート、「@asahi」を含むメンションツイートが表示されました。

高度な検索

少々入力が面倒ですが、検索コマンドによる高度な検索は他にもいろんなパターンがあります。細かい使い方は以下で紹介しているので、参考にしてください。

過去ツイートの検索方法3.Frikaetter(フリカエッター)を利用する

日付指定やキーワードを指定する程でもないけど、特定のアカウントの最新ツイートを古い順から遡って確認したい場合は、「Frikaetter(フリカエッター)」というサービスがおすすめです。

Frikaetter-04過去のツイートが表示される

Frikaetter(フリカエッター)」を使えば、フォローしていないアカウントでも最新のものから3,200ツイートまで過去のツイートを遡って見ることができます。有名人や気になる人のツイートを調べるには良いですね。

このサービスを使うためには、Twitter IDでログインする必要があります。サービスのトップから、「Twitter IDでログイン」をクリックします。

Frikaetter-01Twitter IDでログイン

検索窓にTwitter IDを入力して「ふりかえる」をクリックします。@は必要ありません。

Frikaetter-02過去のツイートを見たいユーザーのIDを入力

検索窓を選択すると、フォローしているアカウントがズラッと表示されます。そちらから選んでも、自分で入力しても構いません。

Frikaetter-03フォローの一覧が表示される

ずらっと3200ツイートまでが並ぶため、パソコンであればページ内検索で気になるワードがないか探してみても良いですね。Windowsなら「Ctrl+F」、Macなら「⌘(command)+F」キーを押してページ内検索をしてみてください。

Frikaetter(フリカエッター)

過去ツイートの検索方法4.Twilog(ツイログ)を利用する

Twilog(ツイログ)」は、ツイッターのアカウントを使ったツイートログ管理サービスです。

ツイログに登録されているアカウントのツイートなら最大で最新3200ツイートまで検索でき、登録されていないアカウントのツイートも最新100件のツイートが検索できます。

こちらもフリカエッター同様、Twitter IDでログインする必要があります。まず、「新規登録」をクリックします。

Twilog-使い方-01登録画面

利用規約をよく読み、納得した上で画面下の「Sing in with Twitter」をクリックしてください。

Twilog-使い方-02Sing in with Twitter

「連携アプリ認証」をクリックすれば、登録完了です。

Twilog-使い方-03Twitterの連携アプリ認証

Twitter IDがTwilogのURLになります。たとえば、「@saiganakato」の場合は、「https://twilog.org/saiganakato」です。

Twilog-使い方-04ユーザー登録完了

月別のアーカイブだけでなく、カレンダーがあるので日別にツイートを絞り込むこともできます。

Twilog-使い方-05登録ユーザーのホーム画面

ツイログに登録していないアカウントのツイート情報も表示することができます。ただし、前述した通り、閲覧できるツイートは最新100件までです。

 有吉弘行 ariyoshihiroiki Twilog

Twitterの過去ツイートを検索する方法まとめ

Twitterで過去のツイートを検索する方法はいろいろありますが、情報収集を目的とするなら検索コマンド(演算子)でじっくり情報を集めると良いと思います。

単純に楽しみたいのであれば、フリカエッターで有名人のツイートを遡るのが面白いですね。

また、ツイッターのログをまとめるサービスは、ツイログの他に「ツイセーブ」というサービスもあるので、別途合わせてご紹介します。

今回ご紹介した方法は、シンプルで現在も利用できるメジャーな方法ばかりですが、検索に特化したTwitter用スマホアプリもいくつかあります。ただし、Twitter検索アプリは入れ替わりが激しいため、敢えて外しました。

興味がある人は、Android、iPhoneそれぞれのアプリを探してみてください。

他にも特定ツイート(RTなど)前後のツイートを検索するブックマークレットや、全履歴をダウンロードする方法がありますが、また改めてご紹介したいと思います。