Twitterの高度な検索の使い方、カテゴリー選択、フィルタリングの方法

Twitterの高度な検索の方法

リアルタイム情報に優れているTwitter

Twitterの検索といえば、以前は外部ツールを使うことが当たり前でした。

なぜなら公式サイトの検索は精度も低く、絞り込んだ検索をしたり、検索結果を絞り込むこともできなかったためです。

ところが、Twitter検索は日々進化しています。今なら外部ツールを使わなくても、さまざまな条件で、的確に知りたい内容を検索することができます。

Twitterの特徴は、何と言ってもリアルタイムな情報です。無理をして検索エンジンでリアルタイムな情報を探すよりは、Twitterだけで最新の情報を発見できます。

もちろん、これだけ膨大な情報が溢れているTwitter内を検索するには、Twitter検索を使いこなすための知識が必要です。

そこで今回は、Twitterの絞り込み検索やカテゴリー別の結果表示の方法、またTwitterでできる高度な検索のやり方について詳しくお話したいと思います。

Twitter公式サイトの一般的な検索

パソコン版のTwitter公式サイトから一般的な検索をした場合、以下の検索結果が表示されます。公式サイトは、検索結果からカテゴリーやフィルターで絞り込みができます。

ラーメン Twitter検索

検索のカテゴリーで絞り込む

検索のカテゴリーとは、上記画像の赤枠の部分のことで、検索結果を「話題のツイート」「すべてのツイート」「ユーザー」「画像」「動画」「ニュース」「ライブ放送」別に表示できるカテゴリーのことです。

話題のツイート

検索結果として、初めに表示される画面は「話題のツイート」です。話題のツイートは、検索内容ともっとも関連性が高いものから順番に表示されます。

すべてのツイート

検索結果で「すべてのツイート」をクリックすると、「ラーメン」というワードが入ったツイートを時系列に並べたものです。

ユーザー

検索結果で「ユーザー」をクリックすると、ユーザーネームまたはプロフィールに「ラーメン」というワードが入ったユーザーを表示します。

画像

検索結果で「画像」をクリックすると、画像添付があり、さらに「ラーメン」というワードが含まれるツイートを関連性が高いものから順番に表示します。

ツイートに「ラーメン」が含まれるだけなので、ラーメンとは関係ない画像も表示されます。

動画

検索結果で「動画」をクリックすると、動画添付があり、さらに「ラーメン」というワードが含まれるツイートを関連性が高いものから順番に表示します。

ツイートに「ラーメン」が含まれるだけなので、ラーメンとは関係ない動画も表示されます。

ニュース

検索結果で「ニュース」をクリックすると、ニュースサイトのURLと「ラーメン」というワードが含まれるツイートを関連性が高いものから順番に表示します。

ライブ放送

検索結果で「ライブ放送」をクリックすると、ライブ配信動画で、さらに「ラーメン」というワードが含まれるツイートを関連性が高いものから順番に表示します。

検索フィルターで絞り込む

検索フィルターとは、検索結果画面にある絞り込み機能のことで、「すべてのアカウント」「すべての地域」「すべての言語」「クオリティフィルター」の4つのフィルター項目があります。

すべてのアカウント

検索フィルター すべてのアカウント

アカウント項目では、「すべてのアカウント」または「フォローしているユーザーのみ」で絞り込めます。自分のフォローユーザーのみを表示したい場合は、「フォローしているユーザーのみ」を選択してください。

すべての地域

検索フィルター すべての地域

地域項目では、「すべての地域」または「近くの場所」で絞り込めます。より現在地に近い場所のツイートを表示したい場合は、「近くの場所」を選択してください。なお、現在地はプロフィールなどで設定できます。

すべての言語

検索フィルター すべての言語

言語項目では、「すべての言語」「英語」「日本語」「アラビア語」「スペイン語」など各国の言語で絞り込めます。

クオリティフィルター

検索フィルター クオリティフィルター

クオリティフィルターでは、「クオリティフィルター:オン」「クオリティフィルター:オフ」で絞り込めます。クオリティフィルターの意味は以下の通り。

クオリティフィルターとは
クオリティフィルターとは、同一内容の連投ツイートやbotによる自動生成ツイートなどの不快なツイート・品質の低いツイートを非表示にする機能のことです。品質基準は明らかにされていませんが、フォローしているユーザーや直近でエンゲージメントしたツイートは、フィルターの対象からはずれます。

Twitter公式サイトの高度な検索とは

Twitterの高度な検索とは、通常のキーワード検索以上に細かな条件を指定できる詳細検索フォームのことです。

利用したい場合は、検索フィルターの下に「高度な検索」というテキストリンクがあるのでクリックしてください。

Twitterの高度な検索

Twitterの高度な検索

ただし、高度な検索が利用できるのは、パソコン版・スマホ版の公式サイトのみです。

Twitter公式アプリの場合は、Twitter検索コマンド(演算子)を使って詳細検索を実現してください。検索コマンドを使った詳細検索は、以下を参考にしてください。

高度な検索の解説と検索の事例

高度な検索で、どのような検索ができるかを把握してください。高度な検索の結果からでも、「検索のカテゴリー」「検索フィルター」で絞り込むことができます。

①次のキーワードをすべて含む

「次のキーワードをすべて含む」は、一般的なTwitter検索と同じ結果を表示します。

例)「今日の夕飯は豚肉

②次のキーワード全体を含む

「次のキーワード全体を含む」は、入力したキーワード(文字列)すべてを含むものを検索できます。検索コマンドだと、「”文字列”」のダブルクォーテーションと同じ役割です。

例)「“今日の夕飯は豚肉”

③次のキーワードのいずれかを含む

「次のキーワードのいずれかを含む」は、スペースで区切って入力したキーワードのいずれか1つ以上を含むものを検索できます。検索コマンドだと、「文字 OR 列」のOR検索と同じ役割です。

例)「夕飯 OR 豚肉 OR 生姜焼き

④次のキーワードを含まない

「次のキーワードを含まない」は、入力したキーワードを除外した検索ができます。検索する場合は①②③のどれかにキーワードを入れて検索してください。検索コマンドだと、「文字列 -エクセル」のマイナス検索と同じ役割です。

例)「豚肉 -生姜焼き」※

※ハイフンをキーワードと認識しているためなのか、マイナス検索が機能しません。そのため、上記はフォームに「”生姜焼き”」と入力して検索しています。

⑤次のハッシュタグを含む

「次のハッシュタグを含む」は、キーワードに「#」をつけることで、ハッシュタグの検索ができます。

例)「#豚肉

⑥使用言語

「使用言語」は、キーワードを選択した言語から検索します。

例)英語で「アメリカ

⑦次のアカウントからのツイート

「次のアカウントからのツイート」は、入力したTwitterアカウントのツイートの中からキーワードを検索できます。検索コマンドだと、「文字列 from:nikkei」と同じ役割です。@をつける必要はありません。

例)日本経済新聞 電子版内で「豚肉 from:nikkei

⑧次のアカウントへの返信

「次のアカウントへの返信」は、入力したTwitterアカウントに返信したツイートの中からキーワードを検索できます。検索コマンドだと、「文字列 to:nikkei」と同じ役割です。@をつける必要はありません。

例)日本経済新聞 電子版内で「豚肉 to:nikkei

⑨次のアカウントへの@ツイート

「次のアカウントへの返信」は、入力したTwitterアカウントに送られたリプライの中からキーワードを検索できます。検索コマンドだと、「文字列 @nikkei」と同じ役割です。

例)日本経済新聞 電子版内で「豚肉 @nikkei

⑩次の場所の周辺

「次の場所の周辺」は、入力された住所周辺のツイートを検索できます。検索コマンドだと、「文字列 near:”東京都”」と同じ役割です。

例)「豚肉 near:”東京都”

ただし、「位置情報付きでツイート」を有効にしなければ使うことはできません。

位置情報付きでツイート

⑪日付

「日付」は、入力した日付の範囲内でキーワードを検索できます。検索コマンドだと「文字列 since:yyyy-mm-dd until:yyyy-mm-dd」と同じ役割です。

例)「豚肉 since:2018-01-01 until:2018-08-01

Twitterの詳細検索はパソコンからが便利

ちなみに、スマホ版の高度な検索の画面は以下のものです。別段、使いづらそうには見えないので、公式サイトであればスマホでも十分に詳細検索ができそうです。

Twitterの高度な検索|スマホ

ただ、Twitterでリアルタイム情報を集めたいのであれば、パソコンを使える環境から検索した方が利便性が高いですね。

そのため、普段はスマホアプリでTwitterを使っている人も、場合によってパソコンを利用するなど使い分けをしてみてください。

また、高度な検索よりもさらに細かい検索をしたい場合は、「OR検索」や「AND検索」のような検索コマンド(演算子)もいくつか知っておくと良いですね。

覚えておくと便利な検索コマンド(演算子)については、以下を参考にしてください。