Twitterアンケート機能の質問・選択肢の作り方、投票のやり方

Twitterアンケート機能とは

Twitterのアンケート機能とは

Twitterには、手軽に使える「アンケート機能」が備わっています(Twitter公式ではTwitter投票と呼ばれる)。

Twitterのアンケート機能とは、Twitterユーザーが自分で質問と選択肢を作ってツイートをすることで、フォロワーを中心とした他のTwitterユーザーに投票をお願いできる機能のことです。

選択肢は2-4択で、選択肢から1つを選んで投票する単一回答(Single Answer)方式のシンプルなアンケート機能ですが、誰でも簡単に作ることができるため、ちょこちょこタイムライン上で見かけます。

数千、数万単位のフォロワーを抱えるTwitterアカウントなら、単純なアンケートでもなかなか面白い結果が生まれそうです。

たとえば、Twitterアンケート実装当初、芸能人の有吉さんはこんなアンケートをツイートしていました。

有吉さんはフォロワーが700万人を超えているため、投票数が198,933票もあります。このような結果は、知名度の高い人気芸能人ならではですね。

今回は、そんなTwitterのアンケート機能の仕様、アンケートの作り方と投票の仕方などについてお話ししたいと思います。

Twitterアンケート機能の概要

以下、Twitterアンケート機能の文字数、選択肢、投票期間などのまとめです。

質問文字数全角1文字換算で最大140文字
選択肢文字数全半角1文字換算で最大25文字
選択肢数2-4択
投票受付期間ツイートから5分-7日間まで1分単位で設定可能
フォロワー以外からの投票可能
投票結果の表示棒グラフ・%(パーセンテージ)
投票回数の制限1アンケートにつき1回のみ
その他・アンケート作成は、公式サイト・アプリ(iPhone・Android)のみ
・投票、閲覧ができる一部のサードパーティー制クライアントのみ
・自分が作成したアンケートには回答できない
・投票受付期間中は、回答者にのみ集計結果がわかる
・フォローしてないアカウントでも投票可能
・投票は匿名性のため、誰が投票したかはわからない

Twitterアンケートは、PCサイト(Webブラウザ)と公式Twitterアプリ、また公式クライアントのTweetDeck以外は、投票することができません。

PC版Twitterのアンケートの作り方

それでは、PC版のTwitterサイトでアンケートを作ってみましょう。基本的には、スマホ版Twitterサイトも同様です。

WEBブラウザでTwitter公式サイトにアクセスし、ログインします。

ツイート入力欄の下にあるアンケートアイコンをクリックすると、アンケート作成画面が表示されます。

Twitter-アンケートの作り方01

①質問する内容を記載します。文字数は全角1文字換算で140文字までです。
②選択肢を記載します。文字数は1選択肢につき、全半角1文字換算で25文字までです。
③選択肢が3つ以上必要な場合は、+をクリックします。
④投票期間を設定します。最短5分から最大7日間まで1分単位で設定できます。

Twitter-アンケートの作り方02

アンケートをすべて記載するとこのようになります。アンケートをやめる場合はをクリックします。質問・選択肢に問題がなければ、ツイートをクリックしてアンケート開始です。

Twitter-アンケートの作り方03

タイムラインでは、リアルタイムでアンケートの投票状況がわかるようになっています。

Twitter-アンケートの作り方04

なお、投票ツイートは他のツイート同様タイムラインに流れていきます。そのため、ツイートをプロフィールページのトップに固定して、多くの人に見られる工夫をすると良いですね。

Twitter公式アプリのアンケートの作り方

続いて、Twitter公式のスマホアプリでTwitterアンケートを作成してみます。作り方は、WEBサイトとほぼ同様です。

Twitterアプリを起動し、ツイート入力欄の下にあるアンケートアイコンをクリックすると、アンケート作成画面が表示されます。

Twitterアプリ-アンケートの作り方01

ちなみに、スレッド機能を利用して、投票ツイートに普通のツイートを付けてつぶやくこともできます。以下の画像では、+をタップするとスレッドが表示されます。

Twitterアプリ-アンケートの作り方02

アンケートをツイートすると、このように表示されます。アンケート作成方法は、WEBサイトでもアプリでも変わらないことがわかりますね。

Twitterアプリ-アンケートの作り方03

Twitterアンケートの投票のやり方と結果表示

では、次にTwitterアンケートの投票のやり方やアンケートの結果表示についてみていきます。

投票のやり方

Twitterアンケートはアンケート作成者は投票でません。誰かが投票するのを気長に待ちましょう。投票の仕方は、以下のように選択肢が表示されるので、選択肢をクリック(タップ)するだけです。

Twitterアンケート非対応環境での見え方02

アンケート投票受付中の表示

アンケート回答受付中の期間内は、ツイートに現在の投票数、選択肢の投票割合、残り時間が表示されます。

Twitterアンケート

アンケート期間終了後の結果表示

投票ツイートの期間が終了すると、以下のように投票数の最終結果が表示されます。総投票数、選択肢の投票割合が表示されます。

アンケート結果

本来、投票数の少ない選択肢の棒グラフは、グレー表示になります(冒頭の有吉さんのアンケート投票結果を見てください)。得票数の多い選択肢は、青色で目立つようになっています。

上記のように1位が同票数という結果であれば、同票数の選択肢の棒グラフはすべて青色になります。

アンケート非対応アプリで投票ツイートを見た場合

もし、アンケート機能非対応のTwitterアプリ・クライアントで投票ツイートを見た場合、以下の様に見えます。

アンケート機能非対応アプリで見た場合(Janetter pro)

アンケート機能非対応環境で投票ツイートを見ると、質問部分だけが表示されて、選択肢が表示されていません。「なんだこれ?」という不自然なツイートになります。

Twitterアンケート非対応環境での見え方01

Janetterは、ツイートをタップするとWEBブラウザ表示に切り替わります。そのため、以下のように選択肢が見えるようになりました。試しに選択肢のどれかをタップしてみます。

Twitterアンケート非対応環境での見え方02

すると、スマホブラウザでのログインを促されました。ここでログインすると、タップした選択肢に投票されます。

Twitterアンケート非対応環境での見え方03

Twitterアンケート機能に関するその他の質問

アンケートに投票すると相手にばれる?

Twitterアンケートの投票は、すべて匿名です。投票をしても、Twitterアカウントなどは表示されませんし、通知もされません。

そのため、アンケートに投票をしても誰にもばれることはありません。もちろん、アンケート作成者にも投票した人はわからないので、安心して投票できます。

投票期間中に途中終了はできる?

Twitterアンケートは、一度始めると投票期間が終了するまで、途中で終了することはできません。もしどうしてもアンケートを終了したい場合は、投票ツイート自体を消す以外に方法はありません。

Twitterアンケートは検索できる?

Twitterアンケートは検索できません……と思っていたのですが、検索方法が紹介されていました。

詳しくは、「ソーシャルメディアの阿呆ノート」を見ていただきたいのですが、簡単に説明すると以下のコマンドで検索すれば良いそうです。

Twitterアンケートの検索コマンド
2択のアンケート|card_name:poll2choice_text_only OR
3択のアンケート|card_name:poll3choice_text_only OR
4択のアンケート|card_name:poll4choice_text_only

【超ギーク】Twitterで投票ツイートを検索する方法 | ソーシャルメディアの阿呆ノート

Twitterアンケート機能を活用するメリット

Twitterアンケート機能を利用すれば、個人が楽しめるだけでなく、企業にとっても以下のメリットが考えられます。

簡易なリサーチツールとして使える

Twitterアンケート機能は、かなりライトなアンケートツールです。投票する側も匿名なので、気軽に選択肢をタップすることができます。

簡易アンケートなので、複雑なユーザー心理を掴むことはできませんが、主に10-30代の商品動向や消費者意識を探るために利用できるでしょう。

コミュニケーションツールとして使える

企業アカウントであれば、Twitterアンケートで取得した機能をリツイートして、Twitterユーザーにリアルタイムの話題を提供することができます。

Twitterアンケートを使ってユーザーの声を取得して、その結果をすぐに知ることができれば、Twitterユーザーは企業アカウントに親近感を覚えるかもしれません。

宣伝広告として使える

Twitterアンケートを利用するとわかりますが、投票ツイートは通常のツイートよりもエンゲージメントが高くなります。

そのため、投票ツイートを広告表示させることで、よりユーザーの目に止まりやすく、エンゲージメントを得やすい広告媒体として活用することができます。

投票数は時間帯やタイミングで変わる

Twitterアンケートは、誰でも簡単に作ることができます。普段Twitterを使っている人にとっては、面白い機能ですよね。

「つぶやいても誰もいいねしてくれない……リツイートしてくれない……。」という人は、一度アンケート機能を試してみてください。普段よりもエンゲージメントが高いため、ちょっと嬉しくなります。

もちろん、アンケート内容も大事ですが、ツイートの時間帯やタイミングによっても投票数が変わるため、なるべく自分のフォロワーがアクティブな時間を選ぶと、拡散してもらえるかもしれません。

投票ツイートは、今のところ個人ユーザーのお遊び的な質問が多いですが、今後は、結果に対する分析・解析など機能が充実すれば、本格的な企業マーケティングに活用できるようになるでしょう。

企業担当者は、その時のためにTwitterアンケート機能に慣れるだけでなく、現在のTwitterフォロワーの分析などをして、有意義なデータを取得できる準備をしておきましょう。