Twitter広告とは?料金目安と特徴比較、個人・法人の出稿方法

Twitter

Twitter売上の86%を占めるTwitter広告

本記事の初稿は2014年11月です

2018年にTwitterが黒字化したことが話題になりました。

ツイッター社の売上と営業利益率(2010年以降)

ツイッターの売上推移などをグラフ化してみる(最新) – ガベージニュース

Twitterの売上の86%を占めるのが、2011年10月にスタートしたTwitter広告です。ただ、Twitter広告はあまり話題にならないため、料金の目安や特徴などの一次情報が出回っていません。そこで、この記事をメモ的に残しておきたいと思います。

Twitter広告とは

Twitter広告とは、Twitterプラットフォーム上に掲載されている広告のことです。

広告メニューは、「プロモアカウント」「プロモツイート」「プロモトレンド」の3種類で、プロモアカウント・プロモツイートの料金はオークション形式、プロモトレンドの料金はスポット形式となっています。

これらのTwitter広告には、すべて「プロモーション」というラベルが付くため、他のTwitterアカウントやツイートなどと区別できるようになっています。

Twitter広告のターゲット

現在、Twitterの月間アクティブユーザー数は、全世界でおよそ3.3億人、日本国内では4500万人となっており、10-20代の利用者が4割超、30代の利用者が20%ほどです(2019年7月現在)。

そのため、Twitter広告は、必然的に若者から青年層をターゲットにしたアプローチが必要になります。

Twitter広告の種類1.プロモアカウントとは

プロモアカウント(promoaccount)とは、広告主が新しいフォロワーの獲得を目的とした広告のことです。

プロモアカウントとは何ですか?|Twitter

プロモアカウントの目的と広告料金目安

プロモアカウントの料金は、広告主のTwitterアカウント(プロモアカウント)が、Twitterユーザーにフォローされた場合に課金されます。

フォロワーあたりの料金はオークション制で決まります。最低入札価格は1円ですが、実際は40円くらいないと表示されず、均した目安としては1フォロワー80-100円くらいが一般的とのことです。

プロモアカウントが表示される条件

プロモアカウントが表示されるTwitterユーザーの条件は、以下の通りです。

プロモアカウントのユーザー表示条件
・広告主の既存フォロワーと似たアカウントをフォローしているユーザー
・広告主をフォローしていないユーザー

何をもって広告主の既存フォロワーと似たアカウントとするのかはわかりません。Twitterの独自アルゴリズムだと思います。

プロモアカウントは、そのアカウントに興味を持った人だけがフォローするため、フォロワーの質は広告主が求めるものに近いはずです。

プロモアカウントが表示される場所

プロモアカウントは、主におすすめユーザー枠、フィード、検索結果に表示されます。以下は、おすすめユーザー枠に表示されたプロモアカウントです。

プロモアカウントTwitter for Business

Twitter広告の種類2.プロモツイートとは

プロモツイート(promotweet)とは、広告主がイベントやプロモーションを目的としたツイートをアピールするための広告のことです。

プロモツイートとは何ですか?|Twitter

プロモツイートの目的と広告料金目安

プロモツイートもプロモアカウントと同様、ツイートが表示されるだけでは費用はかかりません。

プロモツイートに対して、Twitterユーザーが「返信する」「リツイートする」「お気に入りに登録」「開く」といった”エンゲージメント”が発生した際に課金されます。

こちらも広告料金はオークションで決まります。同じく最低入札価格は1円ですが、実際は40円くらいないと表示されず、均した目安としては70-80円くらいが一般的とのことです。

プロモツイートが表示される条件

プロモツイートが表示されるTwitterユーザーの条件は以下の通り。

プロモツイートのユーザー表示条件
・広告主の既存フォロワーと似たアカウントをフォローしているユーザー
・広告主をフォローしているユーザー(広告主のフォロワー)
・ターゲティング条件にマッチするプロフィールを開いたユーザー

プロモツイートは、TwitterユーザーがTwitterにログインしたとき、もしくはタイムラインを更新したときに、ユーザーのタイムライン上の「1-4番目に近いところ」に表示され、他のツイートと同じように流れていきます。

プロモツイートは、ユーザーがTwitterにログインしたタイミングでタイムラインに掲載されるため、対象には100%リーチできます。

プロモツイートが表示される場所

プロモツイートは、主にフィード、検索結果、アカウントのプロフィールに表示されます。以下はフィードに表示されたプロモツイートです。

プロモツイートTwitter for Business

Twitter広告の種類3.プロモトレンドとは

プロモトレンド(promotrend)とは、プロモツイート同様、イベントやプロモーションなどをトレンドとしてアピールする広告のことです。

プロモトレンドとは何ですか?|Twitter

プロモトレンドの目的と広告料金目安

プロモトレンドは1日1社限定で、その国の時間の0時-24時の間ずっと表示させ続けるものです。プロモトレンドにかかる費用は、時期によって変わるため400-1000万円ほどとなっています。

プロモトレンドが表示される条件

プロモトレンドが表示されるTwitterユーザーの条件は以下の通りです。

プロモトレンドのユーザー表示条件
・すべてのTwitterユーザー

プロモトレンドをクリックすると、キーワードやハッシュタグの検索結果ページと広告主のツイートが表示されます。

プロモトレンドは一日中表示されるため、ユーザーの注目を喚起し、さらなる興味の拡散につなげる効果が高そうです。以下は、NTTドコモのプロモトレンド導入事例です。

プロモトレンドのクリック率は0.7%。通常の同社のバナー広告のクリック率0.1~0.5%に比べてクリック率だったことが伺える。さらに、クリックしたユーザーのエンゲージメント率は約3割だったため、0.7%×3割で0.21%となり、仮に2000万人にリーチしている場合、4万2千人がアクションをしたことになります。

自社ブランドのリーチと露出を増やす、Twitter広告「プロモ商品」とは -INTERNET Watch Watch

プロモトレンドが表示される場所

プロモトレンドは、Twitterトレンドトピックのリストの一番上、または二番目の位置にハッシュタグ形式で表示されます。また、ユーザーのフィードにも表示されます。

プロモトレンドTwitter for Business

Twitter広告の出稿方法は?

プロモアカウント・プロモツイートは個人でも出稿できる

Twitter広告の中で、プロモアカウントとプロモツイートは個人でも出稿することができます。

Twitterにログインして、こちらのリンク「いますぐ始める」から、Twitter広告を設定するをクリックしてください。

Twitter広告メニュー
ツイートのエンゲージメント ツイートのエンゲージメントを増やしたいときに利用する
プロモビデオ再生数 動画を見るユーザーを増やしたいときに利用する
ブランド認知度の向上 できるだけ多くのTwitterユーザーに見て欲しいときに利用する
ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン サイトに誘導して、コンバージョンを増やしたいときに利用する
インストリーム動画再生数(プレロール) 動画にインストリーム動画を再生するときに利用する
フォロワー 新しいフォロワーを増やしたいときに利用する
アプリインストール数 アプリのダウンロードを増やしたいときに利用する
アプリの起動回数 既存のアプリユーザーのアプリ起動回数を増やしたいときに利用する

するとこのように、ビジネスニーズに合った配信の目的を選択することができます。

プロモトレンドは法人でなければ出稿できない

プロモトレンドは独自に行うのではなく、以下の認定代理店を通じて行います(2019年2月時点)。

最新の国内Twitter広告お取り扱い認定代理店一覧

アウンコンサルティング株式会社
アジト株式会社
アクセルマーク株式会社
株式会社アクロスタ
株式会社 ADDIX
アドグロウ ジャパン株式会社
アドリブ株式会社
株式会社アドケイト
株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ
アドゴリズミクス株式会社
株式会社アドリム
株式会社アドウェイズ
アイガー株式会社
アライドアーキテクツ株式会社
アナグラム株式会社
アンカー株式会社
株式会社朝日広告社
株式会社アクシス
アユダンテ株式会社
株式会社 AZ
株式会社BI.Garage
株式会社ビズファン
BGテクノロジー株式会社
ブランディングテクノロジー 株式会社
株式会社バズったー
CLICK TECH 株式会社
株式会社ココラブル
株式会社コミクス
株式会社コムニコ
株式会社CreGrow
株式会社これから
CROOZ Media Partners 株式会社
株式会社キュービック
株式会社サイバーコンサルタント
株式会社サイバー・バズ
株式会社サイバーエージェント
株式会社CyberZ
株式会社瀬川企画
株式会社Days
株式会社電子広告社
株式会社電通デジタル
株式会社ディスカバリー
株式会社デジタルガレージ
株式会社デジタルアイデンティティ
株式会社ドリコム
株式会社D2C
株式会社D2C R
株式会社DYM
株式会社イーエムネットジャパン
株式会社エンシィ
株式会社アイズ
アイプロスペクト・ジャパン株式会社
株式会社フェズ
Fringe81株式会社
株式会社フラッグ
株式会社フリークアウト・ホールディングス
株式会社フルスピード
株式会社グラフトンノート
株式会社ジオコード
株式会社ガーブー
株式会社フック
SHINKA株式会社
株式会社ギャプライズ
株式会社ガイエ
GEM Partners 株式会社
株式会社ジーニー
株式会社グラッドキューブ
GMOアドパートナーズ株式会社
GMO NIKKO 株式会社
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
グリーアドバタイジング株式会社
株式会社Green romp
グループエム・ジャパン株式会社
株式会社ハーマンドット
株式会社ホットリンク
アイハーツ株式会社
株式会社イノベーションエイド
株式会社インフォバーン
株式会社インテージ
インタレストデザイン株式会社
株式会社インティメート・マージャー
株式会社イード
株式会社アイレップ
株式会社ITコミュニケーションズ
株式会社 J・Grip
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
株式会社キーワードマーケティング
有限会社カインド
キングソフト株式会社
株式会社ライブレボリューション
株式会社リコー
株式会社リンクル
株式会社Macbee Planet
マーベリック株式会社
株式会社エムフロ
株式会社Minato
株式会社メディックス
株式会社メディアブランズオーディエンスプラットフォームジャパン
meyco株式会社
株式会社 NDPマーケティング
株式会社ニューステクノロジー
株式会社 NewsTV
エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社
株式会社ワンスター
株式会社オプト
株式会社 オゾンネットワーク
株式会社ParaWorks
株式会社プレシジョンマーケティング
株式会社ペンシル
PHD ジャパン
株式会社ピュアプラス
株式会社プロトソリューション
株式会社カルテットコミュニケーションズ
株式会社セプテーニ
Repro株式会社
RFA digital brains株式会社
Rita株式会社
株式会社六次元
サクラス株式会社
SBアド株式会社
株式会社Skyfall
株式会社シグナル
Side Kicks株式会社
Supership株式会社
スプリーブ株式会社
テテマーチ株式会社
東晶貿易株式会社
株式会社トーチライト
トランスコスモス株式会社
株式会社トライバルメディアハウス
トレンダーズ株式会社
株式会社TWENTY FOUR
株式会社ユニメディア
バリュークリエーション株式会社
株式会社ヴァリューズ
株式会社ヴィカーナ
株式会社Viibar
株式会社ウェイクアップ
株式会社Weberry
株式会社ウェブクルーエージェンシー
株式会社wevnal
株式会社WOWOWコミュニケーションズ
株式会社ZEAR
株式会社ZOOOG
ZUTTO株式会社
株式会社サイバー・コミュニケーションズ
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
株式会社3ミニッツ
5-EVER株式会社
株式会社アサツー ディ・ケイ
株式会社 電通
株式会社 博報堂DYメディアパートナーズ

Twitterプロモ商品の公式ブログでは、最新情報、効果的な活用方法、イベント情報、成功事例を紹介しているので、一度目を通してみてはいかがでしょう。

こちらからどうぞ。「Japan Advertising | Twitter Blogs