ブランディングで得る6つの効果とオウンドメディアとの関係性

読了目安:[5 分

中小企業もブランディングを行う時代

2000年代に入ってから特に注目をあびるようになったブランディングですが、もちろんブランディングという行為自体は最近できたものではありません。

ただ、以前に比べて、ブランドを活かしたマーケティングは体系化され、ブランドを意図的につくり上げる方法が確立されてきました。

そのため、中小企業でも、どうやって自社の強みを認識し、どうやってそれを打ち出し、どうやって自分たちで新しい市場を作り上げていくか、という流れに変わってきています。

これは、企業の大小にかかかわらず、コンセプトを作り、ターゲットとポジショニングを明確にできれば、息の長い商売の基板を構築できることがわかっているためです。

更に、ブランディングをうまく行えば、中小企業であっても、巨大な資本を持つ大企業に勝つことも可能です。

それでは、なぜブランディングを行うことで、中小企業が大企業に勝つことができるのか、ブランディングが持つ効果とどうやってブランディングを行うべきか、そして最近よく聞かれるマーケティング手法、オウンドメディアとの関係性についてお話をしたいと思います。

ブランディングの効果1.競合との差別化

ブランドとは、他のものと違うものだと認識するためのシンボルマークのようなものです。つまり、企業にとってのブランディングとは、他社とは違う存在だということを知らしめる行為です。

もちろん、他社と違うことは何であるのかというコンセプト、そしてそれを広めるための手段が必要にはなりますが、ブランディングを行うことによって、競合他社とは違う優位性や差別性を顧客に認識してもらえることになります。

ブランディングの効果2.価格競争の回避

企業の商品やサービスは、それ単体で競争を行うと必ずコモディティ化し、価格競争に陥ります。

液晶テレビは、これまでに様々な機能を付加して、その価値を高めようと努力をしてきたが、価格下落を避ける事はできなかった。これは、液晶テレビが持つ機能の最適解がテレビ番組を見ることであり、それ以外の機能をいくら付加しようが、テレビ番組を見る以上の価値観を付加することができないためだ。

参考:
あの企業はこうやって商品付加価値を実現した!3つの戦略的具体例

ところが真のブランディングは、最終的に、感覚的な価値付けを行うことです。つまり、機能面の差別化やアフターフォローの差別化を行い続けることで、

「あの会社の商品は必ず良い機能を持ってるんだよ。」
「あの会社はアフターフォローの体制が万全で、必ず満足できるんだよ。」

という感覚的な価値付けで選ばれるようになり、価格競争を回避できるようになります。

ブランディングの効果3.顧客の囲い込み

ブランディングによって、固定客の囲い込みを行えるようになります。今風に言うと、ファンが付くことになります。

ファンというのは掛け値なしに、企業や商品やサービスを選んでくれる存在です。

阪神の調子が悪くても「もっとしっかりせーやー。」と応援をやめないように、
新型iPhoneが微妙なアップデートでも「新機能ないけどとりあえず……。」と購買をやめないように、
LVのマークが付いているだけで、女性がサッカーボールを買ってしまうように、

ちょっとしたことでは離れていかないものです。

顧客が固定化することで売上が安定すれば、新たな挑戦を行えるようになります。

ブランディングの効果4.プロモーションコストの削減

顧客を囲い込むと売上が安定し、売上が安定すると企業のプロモーションコストは削減できます。

ファンは新しい情報を自ら取得し、自ら購買を行ってくれる存在であるため、必要以上に販促費、広告費をかけることもありません。

ブランディングの効果5.長期的利益の創出

ブランディングによって築かれる価値は、一過性のトレンドではありません。

逆に、5年、10年単位で顧客に価値を提供し続けられない企業は、ブランディングが成功するとは思えません。

ブランディングは、それだけ長期的な展望で、継続的に行う必要があり、1年、2年のスパンで顧客に支持されたからといって、初期コンセプトを崩してしまうと、一過性のトレンドで終わってしまう可能性があります。

ブランディングの効果6.情報収集の簡易化

ファンは、ブランドだから商品やサービスを購入します。そして購入したものや企業に対して、批評を行います。

一般的な商品は購入前に比較検討されて、顧客は納得をして購入しますが、ブランディングが成功した商品は、購入された後に良い悪いが判断されるため、情報が集めやすくなります。

もちろん、企業は良い評価をもらえるように最大限努力し続ける必要があります。

いくら10年以上続いているブランディングであったとしても、悪い評価が続いてしまえば、ブランド価値はなくなってしまうでしょう。

これまでのブランディングとこれからのブランディング

ブランディングにはこれらの効果があり、企業にとっては非常に魅力的に見えます。

そこで、「どうやってコンセプトを伝えればブランディングできるのか?」と考えるわけですが、今WEBの世界ではオウンドメディアがその役割を担おうと勢いを増しています。

オウンドメディアに関してはこちらをご参考に。

参考:
今更聞けないオウンドメディアとは?コンテンツマーケティングとの違い

インターネットが整備され、物流網がひかれた今、企業の商圏は以前よりも確実に広がっています。商圏が広がるということは、ビジネスチャンスが増えるとともに、ライバルも増えるということです。

中小企業も同様、広がってしまった商圏でどのように自分たちのポジショニングを行うかが非常に重要です。

これまでのブランディングに重要な要素は、マスコミの関わり方でした。それは、「莫大なプロモーションコストをかけて企業や商品のコンセプトを伝えるか」、「面白いことを行って、マスコミに取り上げてもらうか」です。

ところが、中小企業は莫大なコストをかけて、マスコミを使ったブランディングを行うことはできません。

そこで、オウンドメディアがブランドコンセプトの発信媒体の役割を担うことになります。

オウンドメディア運用はブランディングありき

私は最近、ブランディングに関する情報を発信し続けていますが、ブランドマーケターに転身したわけではありません。これが言いたかっただけなんです。

「オウンドメディアとはブランディングをするための媒体だ。」

以前、オウンドメディアの役割を以下のようにお話しました。

オウンドメディアの役割
1.企業が所有するインターネットメディアで、ユーザーに有益な情報を発信する役割
2.何らかの仕組みでユーザーとの関係構築を図る役割
3.ペイドメディア、アーンドメディアのハブとなる役割

参考:
今更聞けないオウンドメディアとは?コンテンツマーケティングとの違い

これらの役割は、全てブランディングにつながる役割です。

つまり、ユーザーに有益な情報を発信し、ユーザーの囲い込みを行い、ユーザーと関係構築を図り、必要最低限のマーケティングコストでファンを作るための構造です。

オウンドメディアの運用は、ブランディングありきと言えるのです。

ところが、残念ながらブランディングを意識せずにオウンドメディア運営をしている企業は非常に多く、ブランディングに必要なコンセプトを伝えられていません。

目的をしっかりと持っていないため、発信する情報に偏りが生じたり、単純に事業や商品に関係する情報だけを発信するオウンドメディアばかりになってしまっています。

オウンドメディアの役割を再確認する

オウンドメディアを運用するために、もう一度意識しなければいけないことを確認しておきましょう。

1.オウンドメディアとは企業や商品やサービスをブランディングする媒体でなければいけない!

2.つまり、ブランディングとオウンドメディア運営は同時に行わなければいけない!

3.そして、ブランディングに必要な要素、コンセプト、ターゲティング、ポジショニングの3つを作り上げつつ、オウンドメディアを媒体として活用しなければいけない!

まずは何を発信するか、「ブランドコンセプト=オウンドメディア自体のコンセプト」を決めるようにしましょう。

自社のこと、商品のこと、商売方法のこと、様々な特徴などなど、自らのことをよく知っていなければ、コンセプトをつくり上げることはきません。

「自社のことなんだから知ってて当たり前!」

という方は、次回ご紹介するオウンドメディアのコンセプトを作るための質問に回答してみてください。

きっと新たな発見があると思いますよ。

この記事が参考になりましたら、Facebookページヘのいいね!もお願いします。