LINE乗っ取りでアカウント強制削除!なりすまし方法と予防対策

LINE乗っ取り被害が急増中!人ごとじゃない

LINEアカウントの乗っ取り被害が急増しています。

「LINE乗っ取りは聞いたことはあるけど、他人事でしょ?」
「乗っ取られたら、面白い対応して返せばいいんでしょ?」

こんな人は危ないです。他人事、笑い事じゃありません。乗っ取りアカウントでトークされることが、LINE乗っ取り被害ではありません。LINEアカウントを乗っ取られることが乗っ取り被害です。

しかも、乗っ取られたLINEアカウントは削除されます。全て消えます。

先日IT畑ではない友人と話していたとき、「LINEの乗っ取りめちゃくちゃ多いね。」と切りだされました。「え、なんで?」と言ったら、「もう3件乗っ取りアカウントから連絡来てるんだけど。」とのこと。

彼の周りでは少なくとも3人はLINE乗っ取りがあり、「近くのコンビニで買ってきて欲しいんですが……。」という定番トークが来たようです。

私や友人は直接乗っ取り被害にあっていませんが、いつ自分のLINEアカウントが乗っ取られてしまうかわかりません。

そこで今回は、LINEアカウントの乗っ取り対策、また、LINEアカウント乗っ取りでどのような被害にあうのか、乗っ取られやすい人がどのような人なのかなどについてお話したいと思います。

LINEアカウント乗っ取りとは?どのような被害にあうのか

まず、「LINEアカウント乗っ取り」ですが、文字通り自分のLINEアカウントを乗っ取られます。そして乗っ取り犯は、乗っ取りアカウントを使って、詐欺を行います。

乗っ取られた人の周辺への被害

LINEでつながっている友達が、金銭的な被害にあう可能性があります。以下は友人に送られてきたトーク。

LINEアカウント乗っ取り

犯人(乗っ取りアカウント)は、WEBマネーなどネット送信できる金券を要求しています。安い詐欺ですが、送ってきた人(中身は乗っ取り犯)によっては、購入してしまうかもしれません。

乗っ取られた人への直接の被害

LINEアカウントが乗っ取られた時点で、そのアカウントにはログインできなくなります。そして、乗っ取りに気付かなければ、LINEの友達に詐欺トークをされてしまいます。

一度、LINE乗っ取りにあうと、どの段階で気付いたとしてもLINEアカウントは削除です。LINEアカウントが削除されてしまうので、以下の実害を伴います。

LINEアカウント乗っ取りによる被害
1.LINEでつながっている友達が全て消えてしまう
2.これまでのトークが全て消えてしまう
3.有料スタンプは移行してもらえるかもしれないが、無料スタンプはリセットされる
4.LINEアカウントで利用していたゲームなどはリセットされる

LINEでしかつながっていなかった友達とは、もう連絡が取れないかもしれません。思い出のトークも振り返れません。課金してがんばったゲームも、最初からです。

そして何より、LINEでつながっている人に迷惑をかけてしまいます。

LINEアカウント乗っ取りの規模はどれ位なのか

LINEアカウント乗っ取りに関する正式な被害規模はわかりませんが、日本経済新聞に以下のようなニュースはありました。

LINEによると、5月下旬以降、不正ログインに関する問い合わせが413件あり、303アカウントが実際に乗っ取られていた。何者かが他社のインターネットサービスで流出したメールアドレスとパスワードを悪用したとみられる。同社は利用者にパスワードの変更を求めている。

LINE乗っ取り300件 不正ログイン、金銭被害も 会社側「パスワード変更を」 :日本経済新聞

2014年6月半ばの発表ですが、5月下旬以降で300件以上の被害届とあります。

ただ、わたしの1人の友人周辺だけでも3件乗っ取られているため、もしかしたら被害件数は100単位ではなく万単位かも知れません。

LINEアカウントを乗っ取る方法

日本では、これまで何度も個人情報流出事件が起きています。

近年の個人情報流出であれば、メールアドレスとパスワードが流出している可能性があります。そして、多くの人が複数のサービスで、メールアドレスとパスワードを使いまわしています。

もし流出したメールアドレスとパスワードを手に入れれば、日本国内5000万のLINEアカウントどれかにヒットする可能性があるというわけです。

「わたしはパスワードを使いまわしていないから大丈夫!」と思ってる方、最近このようなうわさがありました。

上記の件は、何が原因で、どのように被害が拡大しているのか全貌が見えていないため、安心することはできません。

追記:2014.8.31

LINEストアログイン画面

もしメールアドレスがあれば、LINEストアのログイン画面でランダムパスワードを入力し続けることで、パスワードが発覚してしまう可能性があります。

LINEで乗っ取り被害にあう可能性が高い人の特徴

LINEアカウントの乗っ取り被害にあいやすい人は、以下の特徴があります。

LINEでメールアドレスを登録している

初期利用時は、メールアドレス未登録状態です。メールアドレスの登録をしなければ、被害にあう可能性はほぼないでしょう。

ただし、今後メールアドレスを登録した場合、被害にあう可能性はあります。メールアドレスは以下の場合に必要です。

LINEでメールアドレスが必要な場合
・パソコン版のLINEを利用する場合
・機種変更でLINEアカウントの引き継ぎをする場合

LINE以外でも同じメールアドレス、パスワードを使いまわしている人

LINEアカウント乗っ取り犯は、取得したメールアドレスとランダムパスワードで、LINEストアにログインできるかを試しています。

多くのWEBサービスでは一方通行の暗号化がされており、サービス運営者でもユーザーのパスワードを知ることはできません。

逆に、プロバイダーや銀行など、一見セキュリティが高そうな機関ほど、紙でパスワードをやりとりします。

そのため、信用できそうな機関と同じメールアドレスやパスワードと同じだから安心ということはありません。

LINEアカウント乗っ取りの予防と対策

以下の内容でできる限り設定を行って、LINEアカウントの乗っ取り被害を防止しましょう。

他のサービスと同じパスワードを使っている場合は変更する

パスワードの変更は以下の画面から行えます。

「その他」→「設定」→「アカウント」→「メールアドレス登録」→「パスワードの変更」

LINEパスワード変更

PINコード認証を設定する

LINE側の対応として、PINコード認証があります。これは本人証明のための4ケタの数字を入力するもので、パスコードとは違います。

PINコードを使うのは、電話番号の異なる別の端末でログインする場合です。PINコードの設定方法は、「設定」→「その他」→「アカウント」→「PINコード」画面で4桁の数字を入力してください。

LINEPINコード設定

パスコードロックを設定する

パスコードロックは、LINEを開く度に聞かれる4桁の数字パスワードのことです。パスコードロックは少々面倒に思うかもしれませんが、私は元々設定してあります。

設定方法は、「その他」→「設定」→「プライバシー管理」→「パスコードロック」画面で4桁の数字を入力してください。

他端末からのログイン許可をオフにする

パソコンやスマホ以外の他端末でLINEを使うことがないのであれば、この設定をオフにしておいても良いかもしれません。

設定方法は、「その他」→「設定」→「アカウント」→「他端末ログイン許可」のチェックを外してください。

パソコン用LINEを作成してログイン通知機能を有効にする

先程とは逆で、パソコン用のLINEを設定します。

LINEログイン通知機能

パソコン用のLINEを持っていれば、ログイン通知機能が使えます。パソコン用LINEやLINEストアにログインがあると、ログインしている端末名やIPアドレスが、トーク画面に通知されます。

これで不正アクセスをいち早く察知し、LINEアカウント乗っ取りを未然に防ぎましょう。

追記:2014.8.31

さっそく、不正アクセス(不正ログイン未遂)がありました。

LINE不正ログイン未遂

LINEストアにログインしようと試みたようです。恐らく、わたしのメールアドレス+ランダムパスワードだと思います。もしログインできてしまえば、アカウント乗っ取りが可能ですからね。

パスコードロックをかけてあるので、仮にログインできても簡単にはLINEを開けませんが、用心のためパスワードは更に複雑なものに変えました。

LINEアカウント乗っ取り被害後のLINE側の対応

LINEアカウントが乗っ取られてしまった場合、そのアカウントは強制削除されてしまうと言いましたが、どういうことでしょう。

LINEとメールのやり取りを紹介した記事がありましたので、以下一部引用でご紹介します。

【悲報】今度はLINEのアカウント乗っ取りが多発中! ログインパスワードを使いまわしてる方は今すぐ変更すべし(`・ω・′ ) | たけのりのメモ帳

お客さまが以前利用されていたLINEアカウントは、現在削除済みとなっております。
恐れ入りますが、削除されたLINEアカウントをお客さまの端末に復元することは、システム上できませんので、何卒ご理解ご了承くださいますようお願いいたします。

~~~~~

なお、以前のLINEアカウントで保有していた有料アイテム(購入・プレゼントされた有料スタンプ、有料コイン、有料着せかえ等)は、今回に限り再付与の対応を行わせていただきます。

処理完了までに要する時間につきましては、スタンプで4日、コインで7日が目安となっております。
その他の有料アイテムにつきましても、順次再付与を行わせていただきます。
再付与対応が完了次第、弊社から改めてご連絡いたします。

というわけで、乗っ取られたLINEアカウントは必ず削除される上に、それらに紐づく情報は全て削除されます。唯一の救いは、有料スタンプとLINEコインが復活する、ということくらいです。

LINEアカウント乗っ取りに関して話していたら…

わたしは、LINEアカウント乗っ取りなんて他人事だと思っていました。セキュリティには気をつけていますし、パスワードも複雑なので大丈夫だと。

しかし、友人の話を聞いて改めて、気をつけなけいと他人に迷惑をかけるなと思い、この記事を書くことにしました。そんな話しているうちに、友人から一言「あっ、また来た」

LINEアカウント乗っ取り追加

まったく知らない外国人のアカウントからでした……。

とにかく、LINEアカウント乗っ取りは、LINEアカウントを削除しなければいけなくなります。普段からLINEを活用している人にとっては、ダメージが大きいはずです。十分注意して、普段からセキュリティを高めておきましょう。

その他の迷惑行為やスパムの種類も押さえておきましょう。

追記

PINコード設定をしていても、LINEアカウントを乗っ取られる被害が増えています。今すぐ難しいパスワード(できれば大文字小文字英数10桁以上)を設定して、乗っ取りを防ぎましょう。

スマホで見ている方は、↓こちらのLINEボタンから拡散してくださいm(_ _)m