え!こんなにあるの?世界のファストファッション17選まとめ

読了目安:[9 分
Hold Fast / geishaboy500

2014年4月2日:初稿

目次 ▼

ファストファッションとは

日本でファストファッションと言えばユニクロです。ユニクロは2000年代半ばに一気に流行り、日本中に広まりました。

ファストファッションとは
ファストファッション(fast fashion)とは、最新の流行を採り入れながら低価格に押さえた衣料品を、短いサイクルで世界的に大量生産・販売するファッションブランドやその業態をさす。

「早くて安い」ファストフードになぞらえて、2000年代半ば頃から呼ばれるようになった。2009年新語・流行語大賞のトップテンにも選ばれた。
価格を押さえるために、製造小売業 (SPA) の形態をとっている会社が多い。
参考:
ファストファッション – Wikipedia

現在のファストファッションは、安い割りにおしゃれで、回転が早く種類が豊富という消費者にはとても嬉しいものです。

一時期流行った「ユニバレ(ユニクロを着てるとバレること)」という言葉も、最近ではほとんど聞かなくなりました。身の回りに圧倒的にファストファッションが増えたからでしょう。

さて、ユニクロのことばかり書きましたが、もちろんファストファッションは日本だけのものではありませんし、日本で誕生したわけでもありません。

というわけで、世界中にある以下のファストファッション17ブランドをまとめてみました。売上、企業情報などわかるものは記載してあります。

1.UNIQLO
2.GU
3.しまむら
4.無印良品
5.Commeca Ism
6.Honeys
7.GAP
8.FOREVER 21
9.Abercrombie&Fitch
10.Armani Exchange
11.Urban Outfitters
12.Lucky Brand Jeans
13.ZARA
14.Bershka
15.H&M
16.TOPSHOP
17.C&A

世界のファストファッションブランド1.UNIQLO

UNIQLO
UNIQLO

日本

企業

ファーストリテイリング

創業

1974年

企業売上

1兆1430億円(2013年)

詳細

現在のユニクロは1992年に広島県で生まれましたが、今や日本国内で854店舗、海外で441店舗を展開するまでに拡大しました。

社長の柳井氏はビジネス手腕も有名ですが、「世界同一賃金構想」、「社内公用語英語化」など、発言や施策でも話題作りに事欠きません。

世界のファストファッションブランド2.GU

GU
GU

日本

企業

ジーユー

創業

2006年3月

企業売上

837億円(2013年8月期)

詳細

GU(ジーユー)は、ユニクロの低価格帯ブランドです。2006年、ダイエー南行徳店を1号店としてオープンし、現在は国内に281の店舗を展開しています。

2013年、おなじみであるg.u.のロゴマークから一新したのも、より世界に向けたファッションブランドを目指していく狙いがあったようです。

世界のファストファッションブランド3.しまむら

しまむら
しまむら

日本

企業

しまむら

創業

1953年

企業売上

4910.91億円(2013年2月期)

詳細

ファッションセンターしまむらは、ファミリーをターゲットに1274店舗を展開していますが、リーズナブルに最新ファッションが楽しめるということで、近年では十代の若者にも支持されています。

子供からお年寄りまで、そして、デイリーユースからフォーマルまで、多彩な品揃えを提供しています。

世界のファストファッションブランド4.無印良品

無印良品
無印良品

日本

企業

良品計画

創業

1989年6月(登記上 1979年5月)

企業売上

1883億円(2013年2月期)

詳細

無印良品は、「わけあって、安い」をキャッチフレーズに、安くて良い品として開発されました。世界585店舗において、ベビー・キッズ・レディス・メンズのウェアをはじめ、生活雑貨や家電など毎日の生活に欠かせない商品の提供をしています。

「極限まで無駄を省き、本当に必要な物を必要なだけかたちにする」この考えから生まれたシンプルな美しさが長く愛され続けています。

世界のファストファッションブランド5.Commeca Ism

COMME-CA-ISM
Commeca Ism

日本

企業

ファイブフォックス

創業

1976年12月

企業売上

993.16億円(2012年8月期)

詳細

Commeca Ism(コムサイズム)は、ファイブフォックスによる、家族にとっての美しい暮らしを提案するファッションブランドです。デザインは至ってシンプルで、モードを基調としています。

ベビー・キッズ・レディス・メンズのウェアをはじめ、バッグなどの生活雑貨も提供しており、レディースに関してはマタニティも揃えています。

世界のファストファッションブランド6.Honeys

ハニーズ
Honeys

日本

企業

ハニーズ

創業

1978年6月

企業売上

619.24億円(2013年5月期)

詳細

Honeysは、国内外合わせて1418店舗を展開するレディスファッションの専門店です。主に、イオングループやセブン&アイ・ホールディングスなどに出店しています。

10代から40代までの女性に向け「GLACIER」「CINEMA CLUB」「C・O・L・Z・A」「Comfort basic」4つのブランドを提案。カジュアルファッションをはじめ、アクセサリーなどの雑貨を提供しています。

世界のファストファッションブランド7.GAP

GAP
GAP

アメリカ

企業

Gap Inc

創業

1969年

企業売上

145.49億ドル→1兆4549億円(2012年、1ドル=100円)

詳細

GAP(ギャップ)は、サンフランシスコ生まれ、アメリカ最大の衣料品チェーン店です。ファストファッションの最大の特徴であるSPA(商品の企画・生産・販売まで、一貫して自社で行う)の形態を提唱したのもGAPです。

世界で3100店舗以上を展開しており、日本では1994年に1号店がオープンしています。定番のファッション性を維持しつつ、時代のトレンドを取り入れた要素で、ベビー・キッズ・レディス・メンズウェアを提供しています。

世界のファストファッションブランド8.FOREVER 21

フォーエバー21
FOREVER 21

アメリカ

企業

FOREVER 21 Inc

創業

1984年

企業売上

13億ドル→1300億円(2007年、1ドル=100円)

詳細

FOREVER 21(フォーエバー21)は、アメリカ・カナダを中心に、全世界に店舗を展開しているファッションブランドです。世界で460店舗以上を展開しており、2009年に日本初の直営店である原宿店のオープンと共に、公式オンラインショップも開設しています。

最新ファッションをリーズナブルに提供することをコンセプトに、インナー・アウター・バッグ・シューズなど、トータルコーディネイトを提供しています。

世界のファストファッションブランド9.Abercrombie&Fitch

Abercrombie-Fitch
Abercrombie&Fitch

アメリカ

企業

Abercrombie & Fitch Co

創業

1892年6月

企業売上

10.33億ドル→1033億円(2013年、1ドル=100円)

詳細

Abercrombie&Fitch(アバクロンビー&フィッチ)は、アバクロの愛称でも知られるオハイオ生まれのカジュアルファッションブランドです。

日本では、2007年の出店取りやめの2年後、満を持して銀座に直営店をオープンしています。一時期、アバクロのデニムをセレブがこぞって履いていたことからセレブデニムなどと呼ばれ話題になり、日本でも火がつきました。並行輸入物も多く出まわりました。

世界のファストファッションブランド10.Armani Exchange

Armani-Exchange
Armani Exchange

アメリカ

企業

Giorgio Armani

創業

1991年

企業売上

€18億→2340億円 (2011年グループ全体、1ユーロ=130円)

詳細

Armani Exchange(アルマーニエクスチェンジ)は、ジョルジオ・アルマーニが若い世代をターゲットに生み出したレーベルです。

アルマーニから着想を得たレディスファッション・メンズファッション・アクセサリーなどを提供しています。世界で260店舗を展開しており、日本にはアウトレットを含め19店舗あります。

世界のファストファッションブランド11.Urban Outfitters

Urban-Outfitters
Urban Outfitters

アメリカ

企業

Urban Outfitters Inc

創業

1970年

企業売上

7.74億ドル→約774億円(2013年、1ドル=100円)

詳細

Urban Outfitters(アーバンアウトフィッターズ)は、フィラデルフィア生まれのセレクトショップで、世界で約140の店舗を展開しています。ファッション・インテリア雑貨・書籍など幅広く取り扱っています。

日本では未出店ですが、2013年にUrban Outfittersのライフスタイル型レディースカジュアルブランド「フリーピープル」が上陸しました。

世界のファストファッションブランド12.Lucky Brand Jeans

Lucky-Brand
Lucky Brand Jeans

アメリカ

企業

Lucky Brand Jeans

創業

1990年

企業売上

詳細

Lucky Brand Jeans(ラッキーブランドジーンズ)は、アメリカのファッションブランドで、デニムを中心にシャツなどのアウターをトータルで提供しています。

デニムファンの間でウォッシュ加工に定評がある他、ファスナーの中に幸運のメッセージを施すなど、ユーモアなアイディアが支持されています。日本では未出店です。

世界のファストファッションブランド13.ZARA

ZARA
ZARA

スペイン

企業

Inditex S.A.

創業

1975年

企業売上

2兆1,000億円(2013年7月付)

詳細

ZARA(ザラ)は、世界で1603店舗以上を持つ、インディテックスによるファッションブランドです。幅広い店舗ネットーワークを通じて、ベビー・キッズ・レディス・メンズのウェアを提供しています。

高いファッション性とリーズナブルな価格で、日本では渋谷の初出店を皮切りに現在は50店舗以上を展開しています。

世界のファストファッションブランド14.Bershka

Bershka
Bershka

スペイン

企業

Inditex S.A.

創業

1998年

企業売上

191.57億ドル→約1兆9157億円(2012年グループ全体、1ドル=100円)

詳細

Bershka(ベルシュカ)は、スペイン生まれのカジュアルファッションブランドです。10代20代の男女をターゲットに、世界で700店舗以上を展開しています。日本では1号店が渋谷パルコにオープンしました。

シューズやバッグなど小物の取り扱いも豊富で、日本でも徐々に人気が高まりつつあります。

世界のファストファッションブランド15.H&M

H&M
H&M

スウェーデン

企業

創業

1947年

企業売上

169.74億ドル→1兆6974億円(2012年)

詳細

H&M(エイチ&エム)は、スウェーデン中部の都市で生まれたファッションブランドです。アウターやコスメをはじめ、有名デザイナーによるラインナップ、セレブリティとのコラボレーション企画を行うなど、精力的な情報発信を続けています。

世界で2000店舗以上を展開しており、2008年日本に初出店し、5千人超が行列を作り話題になりました。

世界のファストファッションブランド16.TOPSHOP

TOPSHOP
TOPSHOP

イギリス

企業

Arcadia Group Limited

創業

1964年

企業売上

43.04億ドル→4304億円(2012年グループ全体、1ドル=100円)

詳細

TOPSHOP(トップショップ)は、イギリス生まれのレディスファッションブランドです。メインのラインに加え、ラグジュアリー・コレクション・コラボレーションなどのラインも揃え提供しています。

世界で440店舗以上を展開しており、日本にはZOZOTOWN店を含め5店舗があります。

※追記:2015年1月末で、TOPSHOPは全店閉鎖、日本から撤退しております。

世界のファストファッションブランド17.C&A

C&A
C&A

ベルギー

企業

C&A

創業

1841年

企業売上

87.62億ドル→8762億円(2012年、1ドル=100円)

詳細

C&A(シーアンドエー)は、ドイツとベルギーを拠点に、ヨーロッパに1500店舗以上を展開しているファッションブランドです。キッズ・レディス・メンズのウェアを提供しています。

実用的なデザインでリーズナブルなのが特徴ですが、シンディ・クロフォードとのコラボレーション企画で新しいイメージを植えつけました。日本では未出店です。

普段利用しているファストファッションブランド

世界には多くのワールドワイドなファストファッションブランドがあるわけですが、いったいみなさんはどのファストファッションを利用しているのでしょうか。

10代~60代の男女1000人を対象に「普段利用しているファストファッションブランド」は何かというアンケートを取りました。

好きなファストファッションに関するアンケート_Q1グラフ
好きなファストファッション調査 もうユニクロ(笑)じゃないよ

これだけ多くのファストファッションがある中で、ユニクロは半数以上の方が利用しています。

予想通りといえば予想通りですが、日本でのユニクロの地位は非常に盤石です。

世界のアパレル業界売上高ランキング

世界ではZARA、H&M、GAP、そして日本のユニクロ、しまむらが大きな売上をあげています。企業では、ZARA、Bershkaを擁するインディテックスが圧倒的な強さと言えます。

こちらを見るとお分かりのように、世界のアパレル業界売上高はファストファッションが席巻している状態です。

世界のアパレル業界売上高ランキング
参照:世界ランキング統計局「世界のアパレル業界 売上高ランキング TOP10(2012年)

アパレルと言えば、以前は高級ブランドが強かったように思いますが、最近ではすっかり聞かなくなってしまいました。

果たして今後、高級ブランドの復活はあるのでしょうか。個人的にはないかなぁと思ってますけど。