アパレルECサイト売上ランキング2011-2013年比較と業界展望

読了目安:[5 分
2014年4月13日:初稿

アパレルECサイトの売上ランキング

様々なECサイトが増えていく中で、一番変化があったのはアパレル業界ではないでしょうか。ほんの10年前までは、洋服は見て買うのが当たり前、ネットで買うなんて怖い、という風潮でした。

ところが最近では、パソコンどころかスマホでも当たり前のように洋服を購入しています。

これには、情報環境の変化と消費者意識の変化が大きく関わっているでしょう。この変化に関しては、以下で書いています。

参考:
アパレルECサイトの発展と消費者の購買欲求、購買行動の変化

というわけで、下記の記事を元に、ここ数年(2011年と2013年)のアパレルECサイトの売上げがどのように変動したのか、2011年のランキングを基準にして、見てみましょう。

参考:
2012年6月5日付 〈アパレルEC〉モール間での競争激化の様相 | 日本ネット経済新聞 | 日本流通産業新聞社

2011年度アパレルECサイトの売上ランキング

まずは2011年のアパレルECサイト売上ランキングです。

1位:ZOZOTWON:238.01億円(2011年3月期)
2位:ユニクロオンラインストア:199.81億円(2011年8月期)
3位:マルイウェブチャネル:164.47億円(2011年3月期)
4位:ユナイテッドアローズ:89.97億円(2011年3月期)
5位:MAGASEEK:88.89億円(2011年3月期)
6位:ファッションウォーカー:60.00億円推定(2011年12月期)
7位:stylife:58.94億円(2011年3月期)
8位:SHEL’TTER:53.65億円(2011年1月期)
9位:夢展望:53.33億円(2011年9月期)
10位:ローリーズファーム:50.00億円推定(2011年2月期)

では次に、2013年度にはこの売上がどのように変わったのか見てみましょう。

1位:ZOZOTWON

ZOZOTOWN

ZOZOTWON

企業

スタートトゥデイ

売上高

238.01億円(2011年3月期)

350.05億円(2013年3月期)
参考:
平成 25 年 3月期通期決算 決算説明会資料(pdf)

2位:ユニクロオンラインストア

UNIQLO
ユニクロオンラインストア

企業

ファーストリテイリング

売上高

199.81億円(2011年8月期)

242.00億円推定(2013年8月期)

参考:
ユニクロのビジネスモデル | FAST RETAILING CO., LTD.

3位:マルイウェブチャネル

マルイウェブチャネル
マルイウェブチャネル

企業

丸井

売上高

164.47億円(2011年3月期)

171.00億円推定(2013年3月期)
※決算短信:ネット通販の売上高は前年同期比4%増、とのことから

4位:ユナイテッドアローズ

ユナイテッドアローズ
ユナイテッドアローズ

企業

ユナイテッドアローズ

売上高

89.97億円(2011年3月期)

119.48億円(2013年3月期)
参考:
チャネル別売上高 | IR情報 | UNITED ARROWS LTD.

5位:MAGASEEK

MAGASEEK
MAGASEEK

企業

マガシーク

売上高

88.89億円(2011年3月期)

94.87億円(2013年3月期)
参考:
平成25年3月期 決算説明資料 – マガシーク(pdf)

6位:SHEL’TTER

SHELTTER
SHEL’TTER

企業

バロックジャパンリミテッド

売上高

53.65億円(2011年1月期)

ネット通販は不明
70.00億円推定 (2013年1月期)
※日本ネット経済新聞参照

7位:夢展望

夢展望
夢展望

企業

夢展望

売上高

53.33億円(2011年9月期)

67.64億円(2013年9月期)

参考:
夢展望 13年9月期 売上高9%増の67億円に イベントやSNS活用で認知度向上 | 日本ネット経済新聞ダイジェスト | Web担当者Forum

8位:ファッションウォーカー

ファッションウォーカー
ファッションウォーカー

企業

ファッション・コ・ラボ

ワールドに売却(2011年10月)

売上高

60.00億円(80.00億円?)推定(2011年12月期)

不明(2013年12月期)

9位:stylife

Stylife
stylife

企業

スタイライフ

売上高

58.94億円(2011年3月期)

52.18億円(2013年3月期)
参考:
平成25年3月期 決算短信(pdf)

10位:ローリーズファーム

ローリーズファーム
ローリーズファーム

企業

ポイント

アダストリアホールディングス(持株会社に移行)

売上高

50.00億円推定(2011年2月期)

不明
アダストリアホールディングス全体は1,216.70億円(2013年2月期実績).

アパレルECサイトの垣根は崩れる

いくつか2013年度決算ではECサイト売上がわからないものがありました。

ファッションウォーカー、stylife、SHEL’TTER、夢展望の間で順位変動はありましたが、全体的に2011年と2013年を比べると、ECサイト売上は伸びていると言って良いでしょう。

特に、予想通り圧倒的な強さだったZOZOTWONは2年で1.5倍近い売上を記録しています。

ただし、アパレルEC事業に関して上位層が安泰なわけではありません。

Amazon、楽天、ベルメゾンなどのアパレル用品取扱高は拡大しており、アパレルだけを切り取った場合、例えば、2012年度の楽天ファッション年間流通総額は3567億円と、流通総額ではZOZOTOWNの4倍となっています。

アパレル専門EC以外をこのランキングに含めた場合、上位が大きく変わる可能性があるでしょう。

アパレルEC市場は今後も伸び続ける

今後、まだまだアパレルEC市場は伸び続けることは予測されています。

経済産業省は「日本ファッション産業の海外展開戦略に関する調査」の結果を7月16日に公表、日本のファッションEC市場は2013年の1.4兆円(全体の規模に対するEC構成比率は8%)から、2020年には2013年比85.7%増となる2.6兆円(同14%)まで拡大するといった見通しを示した。

参考:
日本のファッションEC市場は2020年に2.6兆円規模へ、海外進出の課題も提示~経産省調査 | ネットショップ担当者フォーラム

ただし、アパレル市場が拡大するわけではありません。これまで店舗販売されていた洋服が、ネット上で販売されるという販売チャネルの変化がどんどん顕著になっていくというだけのことです。

この時、現在ランキングにいるアパレル専門ECサイトがその専門性を維持し続けることは、難しくなっているでしょう。

現に、アパレル専門ECサイトも取扱商品を雑貨やその他の商品に拡大しつつあり、今後ますます業種業界を問わず、EC事業全体の争いが熾烈になっていくことが予想されます。

この記事が参考になりましたら、Facebookページヘのいいね!もお願いします。