Google検索の順位と目視率の関係は?アクセス数を増やしたい人へ

Google検索結果の目視率とは

検索順位1位のタイトル確認する割合

Googleで検索すると、その検索結果画面が表示されます。

では、検索結果画面に表示される検索順位1位の記事タイトルは、いったい何割の人が見ると思いますか。正解は(ほぼ)10割です。

たとえば、「世界一 裕福な国」で検索した人が、1位の記事タイトルをまったく見ずに、「とりあえず3位から見よう。」と考えることはありません。検索して答えを知りたいにもかかわらず、1位の記事タイトルさえ確認しないのはナンセンスです。

また、検索したら、その検索結果が5位から始まる画面が表示されるということもありません。

つまり、わたしたちは、検索順位1位の記事タイトルを100%目視しているわけです。これを「目視率(もくしりつ)」と言います。

今回は、サイトのアクセス数を増やすために目視率と検索順位の関係性についてお話したいと思います。

検索順位と目視率の関係

米WEBマーケティング会社のEyetools社が、オーガニック検索結果とPPC広告に対する目視率とクリック数を研究した結果、ページ内の表示位置と検索順位の重要性がユーザーの視線に大きく関係することがわかりました。

検索順位目視率広告順位目視率
01位100%01位50%
02位100%02位40%
03位100%03位30%
04位85%04位20%
05位60%05位10%
06位50%06位10%
07位50%07位10%
08位30%08位10%
09位30%--
10位20%--

落合ブログ

検索順位が下がると、その分記事の目視率は下がります。ファーストビューの目視率が100%なら、スクロールしないと見えない部分は、下に行くほど目視率が下がることは当たり前ですね。

このデータで注目すべきは、以下の3点です。

・検索順位3位までの記事の目視率は100%である
・検索順位1位と10位では目視率に5倍の差がある
・広告の目視率は記事の目視率の半分以下である

検索順位によって変わる目視率のポイント

検索順位3位までの記事の目視率は100%である

これは、わたしが使っているノートパソコンの検索結果画面です。見て分かる通り、ファーストビューは検索結果が4位までしか見えません。仮に広告が入ると、4位も見えなくなります。

Google検索結果-PC表示

次にスマホ(iPhone8)の検索画面です。こちらは3位までがギリギリ表示されています。広告が入ると2位までしか見えなくなります。

Google検索結果-スマホ表示

デバイスの大きさや解像度、フォントやブラウザの使い方にもよりますが、おおむね検索結果の3位までがファーストビューに収まる範囲である=目視率100%ということになります。

検索順位1位と10位では目視率に5倍の差がある

検索順位3位まではファーストビューで表示されるため目視率100%ですが、それ以下の順位の場合は目視率が下がります。

少しスクロールすれば10位までは見えることはだれでも知っていますが、1位と10位では目視率に5倍の開きがあります。

10位の目視率は20%のため、検索をしたユーザーのうち一番下までスクロールするのは100人中20人しかいません。

つまり、残り80人の検索ユーザーは、10位まで見ることなく記事タイトルをクリックをする、または検索から離脱する可能性が高いということです。

広告の目視率は記事の目視率の半分以下である

検索ユーザーは、検索エンジンが使いづらくなる要素として「広告の量が増える」ことを1番に挙げています。

選択肢 回答者数 比率(%)
広告の量が増える 681
詳細文がなくなる 428
タイトルが短くなる 219
表示される文字が一回り小さくなる 262
検索結果1ページあたりの表示内容が増える 157
どう変わっても特に気にしない 58

WEBページを見る際は、左から右に目が動きます。文字が左から右に書かれているためです。ユーザーは検索エンジンの広告の位置をわかっているため、自然と見ないように目線が動きます。

それどころか、2位以下の記事タイトルさえ、途中までしか読まれていません。

オーガニック検索結果の目視率

その結果が、上記ヒートマップの形になって現れます。このヒートマップの形がアルファベットのFに似ていることから、「Fの法則」と呼ばれます。

Fの法則
1.ユーザーはページ上部のコンテンツエリアを左から右に視線移動する。これが「F」の一番上ライン。
2.次に目線を下に移動させ、再び左から右に視線移動をする。2つ目は最初の視線移動よりも短くなる。これが「F」の二番目のライン。
3.最終的にユーザーは下方向に向かって、垂直に視線移動する。これが「F」の縦ライン。

検索結果の目視率から何がわかるのか

これら検索結果の目視率から、以下のことがわかります。

・検索エンジンの順位は3位以内がベスト
・4位以下の場合は、タイトル前半にキーワードを配置する

まず、検索エンジンで上位表示された方が良いのは当たり前なのですが、その上位表示を具体的に言うと、100%の目視率から3位以内に表示されることがベストです。

ただ、どれだけ頑張っても1ページ目に表示されることが限界で、どうしても3位以内の表示が難しい場合もあります。

そんなときは、Fの法則に則って、ユーザーが検索に使いそうなキーワードを記事タイトルの前半に配置したり、ユーザーの興味を惹きそうなインパクトを前半に持ってくることが大切です。

ちょっとしたことですが、検索結果の目視率に注目することで、大きな検索流入を獲得できるようになるかもしれません。