PC版LINEの登録・設定方法、パソコンで使うメリット・デメリット

PC版LINEの設定方法

LINEはPCでも使える!

LINEは日本国内だけで、月間アクティブユーザーが8000万人を超える生活必須アプリです。LINEのために、スマホを24時間手放せないという人もいるでしょう。

そんなLINEは、スマホアプリだけではなく、PCでもデスクトップアプリとして使えることを知っているでしょうか。

わたしのように、スマホよりもPCを触っている時間の方が多い人間は、PCでLINEが使えるととても便利です。

ただし、PC版LINEを使いたい人は、いくつかの設定が必要です。また、PC版LINEならではのメリット・デメリットがあります。

今回は、PC版LINEの登録・設定方法とPC版LINEを使うメリット・デメリットについてお話したいと思います。

PC版のLINEを使うメリット・デメリット

PC版LINEのメリット

普段PCを使う人は時短になる

普段PCを開いて仕事などをしている人は、スマホを触らずにメッセージを確認できますし、キーボードを使った方が早くメッセージを打てるため時短になります。

PCで使うファイルのやり取りができる

LINEを仕事の連絡に使っている人も、PCの方がより気軽にメッセージのやり取りができます。また、送るファイルの容量が無制限のため、PCでしか使わないファイルの送受信にも使えます。

動画・画像を大きな画面で見られる

PCなら、スマホでは見づらい画像の細部を確認したり、動画をより大画面でみることができます。

PC版LINEのデメリット

LINE Outや無料通話が使いづらい

PC版LINEでも無料通話はできますが、ヘッドセットなどマイク機器が必要になりますし、パッと通話に出ることができないので少し不便です。

物理的なセキュリティの注意が必要

PCだとLINEを開いたまま席を立つ可能性があり、その際のセキュリティに注意が必要です。一方、LINEを開いたままスマホを置きっぱなしにして、席を立つことはほぼないと思います。

PC版のLINEを使う方法

LINEアプリでメールアドレス・パスワード登録

PC版のLINEを使うためには、スマホのLINEアプリにメールアドレスとパスワードを登録しなければいけません。

スマホのLINEアプリの設定を開いて「アカウント > メールアドレス」と移動して、メールアドレスを登録します。

入力したメールアドレス宛に4桁の認証番号が送られるので、入力してメール認証をタップすれば、登録完了です。

同様に、「アカウント画面」でパスワードをタップして、パスワードを登録します。

PC版LINEのダウンロードとインストール

LINEアプリのダウンロードページ「コミュニケーションアプリ LINE(ライン)」に移動して、PC版LINEをダウンロードします(Windows版 or Mac版などを選ぶ)。

PC版LINEのダウンロード

ダウンロードが完了したら、ダブルクリックでインストールしてください。

PC版LINEのログインと認証

インストールが完了したら、PC版LINEを起動し、LINEアプリに設定したメールアドレスとパスワードを入力して、ログインをクリックします。

LINE-PC-ログイン01

初めてPC版LINEにログインする際は、本人確認のための認証番号が表示されます。この認証番号をスマホのLINEアプリに入力します。

LINE-PC-ログイン02

LINEアプリを立ち上げると「本人確認画面」が表示されるので、先程の認証番号を入力して本人確認をタップします。

LINE-PC-ログイン03

これでPC版LINEのログインと認証が完了しました。「友だち」や「トークルーム」など、スマホのLINEアプリとすべてのデータを同期しています。

LINE-PC-ログイン04

LINEアプリとPC版LINEを別にすることもできる

実は、LINEアプリとPC版のLINEを別のアカウントで使うこともできます。ただし、固定電話番号が必要です。

PCから固定電話番号でLINEに登録する

PCで携帯電話番号を使わずにLINEを新規登録する手順は次の通りです。PC版のLINEアプリを開いて、新規登録をクリックします。

LINE-PC-ログイン画面

固定電話の電話番号を入力して、次へをクリックします。

LINE-PC-新規登録01-電話番号入力

固定電話でSMSは使えないため、通話による認証をクリックします。すると、機械音声の電話がかかってくるので、機械音声が読み上げた4桁の番号を入力します。

LINE-PC-新規登録03-認証番号入力

パスワードを入力して、次へをクリックしてください。

LINE-PC-新規登録04-パスワード入力

表示する名前を入力して、完了をクリックしてください。このとき、友だちへの追加を許可のチェックがオンのままだと、登録した固定電話の番号を持っている友達に自動でアカウントが追加される可能性があります。

LINE-PC-新規登録05-名前入力

わたしは、このアカウントが誰かの友達に追加されるのが嫌だったので、チェックを外しました。オフをクリックしましょう。

LINE-PC-新規登録06-電話番号検索のオンオフ

メールアドレスを登録すると、スマホでもこのアカウントを使うことができますが、スマホで使っているLINEアカウントを削除しなければいけません。そのため、ここはスキップしましょう。

LINE-PC-新規登録07-メールアドレス入力

再度メールアドレスの登録を確認されますが、キャンセルをして構いません。

LINE-PC-新規登録08-メールアドレス入力確認

これでスマホの電話番号を登録しないで、PCで新しいLINEアカウントを作ることができました。

LINE-PC-新規登録09

PC版LINEは手軽な仕事の連絡に最適

ビジネスチャットといえば、ChatworkやSlackなどがありますが、これらにちょっとしたハードルを感じている人もいます。

最近は、以前よりもLINEを仕事に使う人が増えたことで、仕事のやりとりをするときも、「ChatworkかSlackは使ってますか?それともLINEでも良いですか?」と聞くことが増えました。

もちろん、コンプライアンス上、普段遣いのLINEを仕事に使うのはNGという会社も多いのですが、それでも気持ち的にLINEの方が手軽なやり取りをしている感があり(個人の見解)、相手と打ち解けるのが早くなる気がします。

LINEは、ビジネスチャットとしての機能は十分ではありませんが、軽めの連絡事項をやり取りする分にはとくに支障は出ていません。

というわけで、PC版のLINEが使えそうなら活用してみてください。間違っても、LINEが気になって、仕事が手に付かない時間が増えないよう気を付けましょう。