LINE電話とは?無料通話とLINE Outの機能・使い方の違い

無料通話とLINE Outの違い

LINE電話(LINE通話)とは

LINEを使っている人同士が無料で電話をかけられるサービスがあることを知っている人は多いでしょう。トークルームなどについている通話マークがそれですね。

LINEには「無料通話」の他に、「LINE Out」という通話機能もあります。どちらもLINEで通話ができるサービスなのですが、機能や電話のかけかたなどに違いがあります。

ちなみに、LINEの通話サービスは、総称して「LINE電話」と呼ばれることが多いですが、これはもう使われていない名称です。

LINEの無料通話とは

LINEの無料通話とは、インターネット回線を使って通話ができる音声アプリサービスのことです。音声アプリとは、インターネット回線を使って同一アプリで音声のやり取りをするサービスです。

無料通話は名前の通り無料で電話をかけられますが、パケット通信が発生するため、格安SIMを使っている人は注意が必要です。

また、回線状況が良くない場合は電話がつながりにくかったり、音声が途切れてしまったり、余計にパケット通信が発生することがあります。

なお、LINEを使っていて、かつ自分が友達に追加している人にしか電話をかけることはできません。

LINE Out(ラインアウト)とは

LINE Outとは、インターネット回線を使って通話ができるIP電話サービスのことです。

IP電話サービスのため、無料通話よりも音質が良く、固定電話や携帯電話などLINE以外の相手にも電話をかけることができます。

LINE Outは一般的なスマホの通話料と比べて格安※で、支払った料金に応じた時間の通話が可能になります。

「コールクレジット」や「30日プラン」、「LINEコイン」の購入が必要

LINE Out Freeとは

LINE Outには、LINE Out Freeという1分or3分の無料通話サービスがあります。発信先が携帯電話の場合は1分、固定電話の場合は3分までです。

ただし、発信前に15秒以上の広告を見る必要があり、1日に5回までしか使うことはできません。

LINE無料通話とLINE Outの違い

無料通話とLINE Outの違いを簡単にまとめておきましょう。

 無料通話LINE Out
回線種別インターネット回線IP電話回線
相手先のLINE利用LINEのみと通話可能LINE以外とも通話可能
対象の電話先スマホ、PCスマホ、固定電話
通話音質

この表を見て分かる通り、LINE Outは無料通話よりも通話品質が高く、相手がLINEを使っていなくても普通に電話をかけられるメリットがあります。

そのため、通話に料金が必要になるわけです。

また、LINE Outを使えば、格安で国際電話をかけることもできます。どの国にかけるのにいくら必要なのかは、以下を参考にしてください。

通話料金一覧 – LINE Out | LINE(ライン)

LINE Outのプランと料金

LINE Outの料金設定は、30日間決まった金額で60分or120分使える「30日プラン」、クレジットをチャージして利用する「コールクレジット」があります。

プラン名利用期限購入金額通話料/1分
固定電話
通話料/1分
携帯電話
30日プラン:
固定のみ60分
30日120円2円-円
30日プラン:
固定/携帯60分
30日390円6円6円
30日プラン:
固定/携帯120分
30日720円6円6円
120コールクレジット180日120円3円14円
360コールクレジット180日360円3円14円
600コールクレジット180日600円3円14円
1200コールクレジット180日1200円3円14円
3600コールクレジット180日3600円3円14円
6000コールクレジット180日6000円3円14円

通話料金は、各社さまざまなキャリアプランや無料通話セットがあるのでわかりにくいのですが、一般的にスマホからスマホ/固定電話に電話をかけた場合、1分あたり15-40円ほどかかります。

そのため、スマホからよく固定電話にかける人はLINE Outを検討しても良いでしょう。

LINE無料通話で電話をかける方法

無料通話のかけ方は、2種類あります。1つは無料通話をかけたい相手のトークルームに行き、ヘッダーにある電話アイコンをタップします。

LINE-無料通話-かけ方01

続いて、無料通話をタップするだけです。

LINE-無料通話-かけ方02

もう1つは、友だち画面で無料通話をかけたい相手を選択肢、無料通話をタップするだけです。

LINE-無料通話-かけ方03

無料通話をタップすると、すぐに無料通話が開始されます。通話を終了したい場合は、電話を切るアイコンをタップしてください。

LINE-無料通話-かけ方04

LINE Outで電話をかける方法

LINE Outを使う場合は、ホーム画面にショートカットを作り、そこから電話をかけられるようにしましょう。

LINE Outをかける前の準備

まず、LINEアプリから設定に移動し、LINE Outをタップします。

LINE-Out-かけ方-(1)

「LINE Out設定画面」で、ホーム画面に追加をタップします。

ちなみに、友だちのLINEプロフィールからLINE Outで発信のトグルスイッチをオンにすると、無料通話と同じようにLINEからLINE Outで電話をかけることができます。

LINE-Out-かけ方-(2)

ホーム画面にショートカットを作成しますか?の問いに対して、OKをタップします。

LINE-Out-かけ方-(3)

以下画像のように、ホーム画面に追加を選択してください。これで、LINE Outアイコンがホーム画面に追加されます。

LINE-Out-かけ方-(4)

LINE Outのかけ方

ホーム画面のLINE Outを立ち上げます。初期設定は「LINE Out free」が設定されています。

LINE-Out-かけ方 (1)

ヘッダーにあるLINE Out freeをタップすると確認できます。初めから、LINE Outを選択することもできます。

LINE-Out-かけ方 (2)

電話番号を入力して、通話マークをタップします。電話番号は、数字を入力すると端末の連絡先からサジェストされます。

LINE-Out-かけ方 (3)

広告を見て無料通話を選択している場合は、以下のポップアップが開きます。そのままで良ければ、広告を見て無料通話をタップします。

LINE-Out-かけ方 (4)

初回のみSMS認証が必要です。SMSに認証コードが送られるので、認証コードを入力して次へをタップします。

LINE-Out-かけ方 (5)

SMS認証をすると、LINE Outを発信したときに電話番号が表示されます。もう一度通話マークをタップして、発信してください。

LINE-Out-かけ方 (6)

15-30秒の広告が流れます。途中で広告に触れるとApp store(Google Play Store)に飛んでしまうので、触れないようにしましょう。

LINE-Out-かけ方 (7)

広告が終了すると通話が始まります。通話を終了したい場合は、電話を切るアイコンをタップしてください。

LINE-Out-かけ方 (8)

なお、広告を見るLINE Out Freeの方で話をしましたが、LINE Out Freeは実際はそれほど使いどころがありません。広告を見る行為があまりにも手間です。

LINE Outを使う場合は、まずは120円のコールクレジットをチャージするか、30日プランの60分で試してから、継続して使うかどうかを考えてみましょう。電話をかける手順は同じです。

Wi-Fi環境では無料通話、仕事の電話はLINE Out

LINEの無料通話とLINE Outは、環境が整っている人にはとても良い通話サービスなのですが、一度使ってみないと今後も使えるかどうかの判断はできません。

なぜなら、Wi-Fiなどのネット環境や誰に対してかけるかなどによって使い勝手が違いますし、通話品質の良し悪しは人によって感じ方が違うからです。

仲の良い友達同士であれば無料通話でも問題ないと思いますが、仕事などの大事な電話であればLINE Outの方が良いでしょう。

ただ、わたしは仕事の電話はLINE Outでも通話品質が気になるので、普通に電話をかけています。

また、LINE Out Freeも使ってみるとわかりますが、わざわざ3分の電話をするために広告を見るのは面倒です。トークでやり取りするか無料電話をすれば事足ります。

まずは、LINE電話のもろもろの仕組みを理解した上で、無料通話とLINE Outを駆使して、月々の通話料金を抑えられるか検討してみてください。