モバイルファーストインデックスとは?モバイルフレンドリーとの違い

モバイルファーストインデックスとは

パソコンよりもスマホが重要な理由

モバイルファーストインデックスという言葉を知っていますか。

わたしたちがWEBを見る手段として、スマホを使うのはもう当たり前です。ちょっとした調べ物をするために、わざわざパソコンの前に行くことはありません。

外出中に地図を見たり、お店の情報を調べたり、話の中で出てきたわからない言葉を検索したり、電車の中でSNSをチェックしたりなど……スマホが中心の生活をしているはずです。

つまり、同じインターネットにつなぐ手段であるパソコンとスマホでは、スマホの方が圧倒的に重要度が高いわけです。

そのため、わたしたちWEBマスターも、パソコンよりスマホを重視したWEBサイトの見た目やユーザーの利用シーンを想定したコンテンツを作る必要があります。

そんな状況に対応したGoogleのユーザーファーストな施策が「モバイルファーストインデックス」です。

今回は、モバイルファーストインデックスについてお話したいと思います。

モバイルファーストインデックスとは

モバイルファーストインデックス(MFI|Mobile First Index)とは、Google検索エンジンのインデックス対象をパソコンのWEBページから、モバイルのWEBページに変更した仕様変更を言います。

これまでGoogleのクローラーは、パソコン用のWEBページを解析し、その結果をランキングアルゴリズムに反映させてきました。

ところが、モバイルが主流になったことで、パソコンではなくモバイルに最適化されたWEBページを解析し、その結果をランキングアルゴリズムに反映させるようになりました。

モバイル ファースト インデックスとは、モバイル版のページをインデックスやランキングに使用し、主にモバイル ユーザーが探しているものを見つけやすくすることを意味します。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト インデックスを開始します

モバイルフレンドリーとの違い

モバイルファーストインデックスとモバイルフレンドリー(Mobile Friendly)は、意味が違います。

モバイルフレンドリーとは、スマホなどのモバイル端末でWEBサイトを見たときに、ユーザーが快適に閲覧できるようにモバイル端末に最適化された状態を言います。

Googleは、WEBページ単位でモバイルフレンドリーかどうかを判断して、ランキングアルゴリズムの評価対象にしています。

つまり、Googleのインデックス手段がモバイルファーストインデックスに変わるから、モバイルフレンドリーじゃないと評価が下がっちゃう可能性があるよということです。

モバイルファーストインデックスの確認方法

あなたのWEBサイト(WEBページ)がモバイルファーストインデックスに対応しているかは、以下の方法で確認できます。

MFIの通知

サーチコンソールを開いたときに、このようなポップアップが表示されれば、モバイルファーストインデックスに切り替わったということです。

モバイルファーストインデックスの通知01

また、メールでもモバイルファーストインデックスに切り替わったことがお知らせされます。

モバイルファーストインデックスの通知02

MFIの確認

通知を見逃したかもしれないという人は、サーチコンソールを開いて、設定をクリックします。

モバイルファーストインデックスの確認01

設定画面に、インデックスクローラの情報が「スマートフォン用Googlebot(切替日:20xx年xx月xx日)」となっていたら、すでにモバイルファーストインデックス仕様だということです。

モバイルファーストインデックスの確認02

モバイルファーストインデックスの対策

これまでモバイルフレンドリーに取り組んできたWEBマスターであれば、とくにモバイルファーストインデックスに慌てる必要はありません。

もし、心配な人はまずWEBサイトがモバイルフレンドリーな仕様になっているかを確認しましょう。

GoogleがあなたのWEBサイトをモバイルフレンドリーと判断しているかを確かめるためには、サーチコンソールの「モバイルユーザビリティ」を確認してください。

もしGoogleにモバイルフレンドリーだと認識されていない場合、またはあなた自信がモバイルフレンドリー対策が足りていないと認識している場合は、「ユーザーエクスペリエンスの改善」「ページ読み込み速度の改善」に取り組んでください。

モバイルフレンドリーの確認、モバイルフレンドリーの対策、どちらも以下で説明しているので、内容を確認して十分な対応をしましょう。