ページ数・文字数が多いとSEO対策・上位表示に効果がある理由

ページ数と文字数はSEOに影響する?

Googleのパンダアップデートによって、コンテンツの質が検索順位に影響を与えることはよく知られています。知らない人は以下を参照してください。

それでは、ページ数やコンテンツの文字数は、検索順位にどのような影響を与えるのでしょうか。

しばしば議論になるこのお話ですが、ページ数も文字数も多い方がSEO対策に効果があると言い切れます。

今回は、なぜページ数・文字数が多いほどSEO対策に効果があると言えるのか、その理由を説明をしていきます。

Googleはページ数、文字数とSEOの関係をどう見ている?

まず、ページ数、文字数とSEOの関係に対するGoogleの見解を見ていきましょう。

Googleのウェブマスターであるジョン・ミュラー(John Mueller)氏は、プロダクトフォーラムの中で、ページ数、文字数がSEOに影響を与えるかという問いに対して、以下のように回答しています。

これ以上必要だという(文字数の)最低限の長さはありませんし、1日に必要な記事数や1サイトにおける必要なページ数というものもありません。ほとんどの場合、質の方が数量よりも重要です。

Googleのアルゴリズムは、明らかに高品質で、独自性があり、ユーザーに魅力的なコンテンツを提供するWEBサイトを見つけて、おすすめしようとしています(上位表示しようとしています)。

あなたのサイトの品質を最高に高めるように取り組み、質の低いコンテンツを作成しないでください。

There’s no minimum length, and there’s no minimum number of articles a day that you have to post, nor even a minimum number of pages on a website. In most cases, quality is better than quantity. Our algorithms explicitly try to find and recommend websites that provide content that’s of high quality, unique, and compelling to users. Don’t fill your site with low-quality content, instead work on making sure that your site is the absolute best of its kind.

does short content treat as low quality contnet – Search Console Help

ジョン・ミュラー氏は、文字数やページ数にこだわらず、質の高いコンテンツを作ることが大切だとしています。つまり、「ページ数、文字数とSEOは関係ないよ!」と受け取れる発言です。

コンテンツがGoogleに評価されるためには

ジョン・ミュラー氏の発言から、ページ数や文字数は、”一般的に”SEO対策とは関係がないと解釈して良いのでしょう。ただ、もう少し意図を理解する必要があります。

まずはコンテンツがGoogleに評価されるための基準をおさらいしきます。

コンテンツが検索上位表示される基準とは

Googleでは、パンダアップデートが”良質なコンテンツ”の判断基準です。ただし、検索で上位表示されるには、以下の2つの基準で総合的に判断されます。

検索で上位表示される2つの基準
1.パンダアップデートによるコンテンツ全体のルール
2.そのコンテンツ自体がユーザーに評価されているか

つまり、パンダアップデートだけに合致するコンテンツを作っても、最大限の上位表示には結びつかないということです。

コンテンツがユーザーに評価されるためには

コンテンツがユーザーに評価されるための基準といえば被リンクです。そして、被リンクを獲得するには、まずコンテンツがユーザーに見られなければいけません。

もしコンテンツが誰にも見られなければ、いくらコンテンツの質にこだわっても、ユーザビリティが素晴らしくても、見やすい文章構成を心掛けても、ユーザーからの評価を得ることはできません。

そこで、ページ数とコンテンツの文字数(文章量)がSEO対策に重要な意味を持ちます。

文字数が多いほうがSEO対策に効果的な理由

まず、コンテンツの文字数(文章量)から考えていきます。

コンテンツがユーザーに見られるためにどうすれば良いか、その答えの1つが「ロングテールSEO」です。

検索クエリからロングテールSEOを見てみる

以下は、2014年9月度のウェブマスターツール(現サーチコンソール)の検索クエリ数です。

サーチコンソール_検索クエリ数_どれ位のキーワードで表示されたか

このサイトの公開記事数は現時点で270程なので、1記事平均40の検索クエリが存在します。

例えば、「新しいGoogleマップに不満だらけだから元に戻す方法」このコンテンツは検索クエリが261種類、検索流入キーワードは261個あります。

サーチコンソール_ツール検索クエリ_新しいGoogleマップに不満だらけだから元に戻す方法

コンテンツの文字数は約1500文字とちょっと少なめですが、使われている検索クエリは十分な数だと思います。

検索クエリを見てみると、記事タイトルに含めていない「ストリートビュー」「使いにくい」「重い」「遅い」などが含まれていることがわかります。これらは文章内に含まれる言葉です。

もし、この記事を300文字程度の文字数で収めてしまっていたら、「ストリートビュー」「使いにくい」「重い」「遅い」などは、検索クエリとして登場していないかもしれません。

Googleも形態素解析によって日本語を認識する

検索クエリが存在するということは、検索結果画面に記事タイトルが表示されているということですが、キーワードはどのように認識されているのでしょうか。

面白いWEBツールがあったのでご紹介します。日本語の形態素解析を行ってくれるツールです。

日本語形態素解析_新しいGoogleマップに不満だらけだから元に戻す方法

日本語形態素解析::無料WEB便利ツール

形態素解析とは、その文章を単語、形容詞、動詞、副詞などに分ける解析技術のことです。

これを見ると、私が意識して設定したキーワードに加え、意識していないキーワードがコンテンツの大切な要素になっていることがわかります。

もちろん、Google検索エンジンも、日本語の検索に関しては形態素解析を使ってキーワードの認識をしています。

このようなツールを使うことで、自身のコンテンツがどのようにGoogleに認識されているか、意味のある文章を書けているのかをある程度知ることができます。

文字数はロングテールSEOの土台になる

ここまで読むと文字数がSEO対策に影響を与えることが理解できるでしょう。

上記「検索で上位表示される2つの基準準」に1、2と番号を振ったのは、施策の順番が関係しているためです。

1.Googleが規定したパンダアップデートによるコンテンツ全体のルール

2.そのコンテンツ自体がユーザーに評価されているか

まず、ある程度の文字数でコンテンツを作成し、同時にコンテンツの質を上げることで、検索クエリが増えてロングテールSEOで上位表示されるようになります。ロングテールSEOで上位表示されたコンテンツはユーザーに発見されやすくなり、被リンクなどでユーザーに評価を受ける機会も増えます。

このスパイラルによって、コンテンツを少しずつ上位表示させることができるようになります。

では、次にページ数がSEOに与える影響を説明します。

ページ数が多いほうがSEO対策に有効な理由

コンテンツの文字数が多ければSEO対策に効果があるということは、ページ数が多ければSEO対策に効果があることも何となく予想できるでしょう。

ここを少し解説すると、以下のようになります。

WEBサイト全体のSEOを最大化する構成
1.関連性の高いコンテンツが相互にコンテンツの価値を高め合う

2.価値が高まった関連性の高いコンテンツで構成される小カテゴリ

3.関連性の高い小カテゴリで構成される中カテゴリ

4.関連性の高い中カテゴリで構成される大カテゴリ
コンテンツ数は各カテゴリの価値を高めそれを上位層に伝える

まずWEBサイト自体があるテーマに基づいて構築されており、それに紐づくコンテンツ群で構成されているのが中カテゴリ、さらに小カテゴリに分解されます。最小単位は一つひとつのコンテンツの相互関連です。

コンテンツの相互関連とは、あるテーマで書かれたコンテンツに対して、違う角度で見たコンテンツなどを指します。この関連性のあるコンテンツ群を作ることがSEO対策の効果を最大化するサイトの構造です。

通常、WEBサイトの規模が大きくなるほど、末端コンテンツは検索エンジンにインデックスされにくくなります。効率良くGoogleにインデックスされるには、クローラーにページの存在を知らせなければいけません。

関連性のあるコンテンツ群を作ると、関連リンクや内部参照リンクを貼りやすくなります。つまりあるコンテンツの評価が上がれば、そのリンクでつながっているコンテンツはインデックスされやすくなるということです。

サイト全体がGoogleからの評価を得るためには、コンテンツが相互にリンクされていて、さらに関連性が高いと認められる必要があります。

もし仮に、あなたが作成したあるコンテンツが検索エンジンに上位表示された場合、違う角度から見た関連性の高いコンテンツを作成してみてください。そのコンテンツも上位表示されやすくなるはずです。

すると、所属している小カテゴリのコンテンツが上位表示されやすくなり、中カテゴリ、WEBサイト全体へと評価が高まっていくことになります。

このような大きな枠組によるWEBサイトの構成は、数多くのコンテンツを持っていなければ作りあげることはできません。

これが、ページ数が多いほどSEO対策に効果がある理由です。

Googleのジョン・ミュラーが伝えたかったことは?

ページ数・コンテンツの文字数を多くすることが、SEO対策に効果があるということは理解できたと思います。

さて、それではなぜGoogleのジョン・ミュラーは、「これ以上必要だという(文字数の)最低限の長さはありませんし、1日に必要な記事数や1サイトにおける必要なページ数というものもありません。ほとんどの場合、質の方が数量よりも重要です。」と言ったのでしょうか。

それは恐らく、コンテンツの作り方を極端に捉えてほしくなかいためではないかと予測します。

たとえページ数が多くても、文字数が多くても、質の低いコンテンツだとSEO的に評価されることはありません。それどころか、質の低いコンテンツが混じることで、サイト全体がマイナス評価を受けてしまう場合もあります。

ジョン・ミュラーが言いたかったことは、安易にコピーや意味のない文章によってページ数や文字数を増やしても意味はないということではないかなと。

多くのページを作ったり、コンテンツの文字数を多くする場合は、SEOを意識したサイトの作り方を守らなければいけません。

SEOを意識したサイトの作り方
1.ユーザーに必要な情報を含んだ質の高いコンテンツを作る

2.作成したコンテンツに関連するコンテンツを作る

3.中項目、大項目とサイトのリンク構造を構築する

そのため、まずはみなさんも質が高く文字数が多いコンテンツを1つずつ着実に作っていくことを意識してください。そしてなるべくたくさんのコンテンツを長期間にわたって作成していけるルール・決まりごとを作ってください。

以下の記事では、わたしが推奨する1コンテンツ(記事)の文字数に関して記しています。SEOだけではなく、ユーザビリティの観点でも話をしているので参考にしてください。