コンテンツ数と文字数は多い方がSEOに効果的!明確な理由を解説

読了目安:[7 分

コンテンツ数と文字数はSEO対策にどう影響する?

Googleのパンダアップデートによって、コンテンツの質がSEOに影響を与えることは、みなさんご存知のとおりですね。

知らない方は以下を参照してください。

参考:
パンダアップデート、ペンギンアップデートで影響が出るサイトとは?

Googleが定める良質なコンテンツを作るにはどうすれば良いか

それでは、コンテンツの数やコンテンツの文字数はSEOにどのような影響を与えるのでしょうか?

しばしば議論になるこの問題ですが、コンテンツ数も文字数も多い方がSEOに効果があるとキッパリと言い切れます。

なぜそう言えるのか、その説明をしていきます。

Googleはコンテンツ数、文字数とSEOの関係をどう見ている?

まず、GoogleのSEOに対する見解を見ていきましょう。

GoogleのウェブマスターであるJohn Mueller氏は、プロダクトフォーラムの中で、コンテンツ数、文字数がSEOに影響をあたえるか、という問いに対して以下のように回答しています。

There’s no minimum length, and there’s no minimum number of articles a day that you have to post, nor even a minimum number of pages on a website. In most cases, quality is better than quantity. Our algorithms explicitly try to find and recommend websites that provide content that’s of high quality, unique, and compelling to users. Don’t fill your site with low-quality content, instead work on making sure that your site is the absolute best of its kind.


これ以上必要だという(文字数の)最低限の長さはありませんし、1日に必要な記事数や1サイトにおける必要なページ数というものもありません。

ほとんどの場合、質の方が数量よりも重要です。

Googleのアルゴリズムは、明らかに高品質で、独自性があり、ユーザーに魅力的なコンテンツを提供しているWEBサイトを見つけて、おすすめしようとしています(上位表示しようとしています)。

あなたのサイトの品質を最高に高めるように取り組み、質の低いコンテンツを作成しないでください。

参照:
Googleプロダクトフォーラム

John Mueller氏は、文字数やページ数、コンテンツ数にこだわらず、質の高いコンテンツをつくるようにうながしています。コンテンツ数、文字数は関係ないよ!と明言しているわけです。

コンテンツがGoogleに評価されるためには

Googleの表明ですので、”一般的に”、SEOに対する効果はないのでしょう。ただし、盲信する必要はありません。

まずはコンテンツがGoogleに評価されるための基準をおさらいしておきます。

コンテンツが検索上位表示されるための基準とは?

Googleでは、パンダアップデートが”質の高いコンテンツ”の判断基準です。

ただし、上位表示されるには、以下の2つの基準で総合的に判断されます。

コンテンツが検索上位表示される2つの基準
1.Googleが規定したパンダアップデートによるコンテンツ全体のルール
2.そのコンテンツ自体がユーザーに評価されているか

つまり、1のパンダアップデートだけに合致するコンテンツを作っても、最大限の上位表示には結びつき難いということです。

コンテンツがユーザーに評価されるためには?

コンテンツがユーザーに評価されるための基準と言えば被リンクです。

そして、被リンクを獲得するには、まずコンテンツがユーザーに見られなければいけません。

もし誰にも見られなければ、いくら文章の質にこだわっても、見た目やアイキャッチが素晴らしくても、見やすい文章構成を心掛けても、ユーザーの評価を得ようがありません。

そこでコンテンツの数とコンテンツの文字数(文章量)が重要になります。

文字数が多いほうがSEO対策に有効な理由

まずコンテンツの文字数(文章量)から考えていきます。

コンテンツがユーザーに見られるためにどうすればよいか、その答えの1つが「ロングテールSEO」です。

検索クエリからロングテールSEOを見てみる

以下は、2014年9月度のウェブマスターツール検索クエリ数です。

ウェブマスターツール_検索クエリ数_どれ位のキーワードで表示されたか

わかること!では公開記事が270程ですので、1記事平均40の検索クエリが存在します。

例えば、「新しいGoogleマップに不満だらけだから元に戻す方法」このコンテンツでは検索クエリが261種類、検索流入キーワードは261個あります。

ウェブマスター ツール検索クエリ_新しいGoogleマップに不満だらけだから元に戻す方法

コンテンツ文字数は約1500文字と(私としては)ちょっと少なめですが、検索クエリとしては十分な部類です。

タイトルには含めていませんが、「ストリートビュー」「使いにくい」「重い」「遅い」などが検索クエリとして存在していることに気付きます。

これらは文章内に存在しており、もしもこの記事を300文字で収めてしまっていたら、検索クエリとして登場していないかもしれません。

Googleも形態素解析によって日本語を認識する

検索クエリが存在するということは、検索結果画面にコンテンツのタイトルが表示されているということなのですが、キーワードはどのように認識されているのでしょうか。

面白いWEBツールがあったのでご紹介します。日本語の形態素解析を行ってくれるツールです。
日本語形態素解析_新しいGoogleマップに不満だらけだから元に戻す方法
日本語形態素解析::無料WEB便利ツール

形態素解析とは、その文章を単語、形容詞、動詞、副詞などに分ける解析技術のことです。

これを見ると、私が意識して設定したキーワードに加え、意識していないキーワードが重要な要素になっていることがわかります。

もちろんGoogle検索エンジンも、日本語の検索に関しては形態素解析を使ってキーワードの認識をしています。

このようなツールを使うことで、自身のコンテンツがどのようにGoogleに認識されているか、意味のある文章を書けているのか、ある程度知ることが可能です。

文字数は土台になる

ここまで読むと文字数がSEO対策につながるということがわかっていただけるでしょう。

上記「コンテンツが検索上位表示される2つの基準」に1、2と番号を振ったのは、施策の順番が関係していたためです。

1.Googleが規定したパンダアップデートによるコンテンツ全体のルール

2.そのコンテンツ自体がユーザーに評価されているか

まず文字数を増やしてコンテンツの質を上げ、ロングテールSEOによって少しずつ検索流入が増えます。

コンテンツが見られて、被リンクなどでユーザーに評価を受ければ上位表示のループに持って行くことができるようになります。

では、次にコンテンツの数がSEOに与える影響を説明します。

コンテンツ数が多いほうがSEO対策に有効な理由

コンテンツの文字数が多ければSEOに有効に働くため、コンテンツの数が多ければ、こちらもSEO対策に有効であろうことは何となく予想できるでしょう。

ここを少し解説すると、以下のようになります。

サイト全体のSEOを最大化する構成
1.関連性の高いコンテンツが相互にコンテンツの価値を高め合う

2.価値を高め合った関連性の高いコンテンツで構成される小カテゴリ

3.関連性の高い小カテゴリで構成される中カテゴリ

4.関連性の高い中カテゴリで構成される大カテゴリ

コンテンツ数は各カテゴリの価値を高めそれを上位層に伝える

まずWEBサイト自体があるテーマに基づいて構成されており、それに紐づくコンテンツ群で構成されているのが中カテゴリ、更に小カテゴリに分解されます。

最小単位はコンテンツの相互関連になります。

コンテンツの相互関連とは、あるテーマで書かれたコンテンツに対して、違う角度の同一テーマで書かれたコンテンツなどを指します。

この関連性のあるコンテンツ群をつくることがSEO対策の効果を最大化するサイトの構造です。

通常、WEBサイトの規模が大きくなるほど、末端のコンテンツは検索エンジンにインデックスされにくくなります。

効率良くGoogleにインデックスしてもらうためには、インデックスするためのボットにページの存在を知らせなければいけません。

関連性のあるコンテンツ群でまとめていくと、関連リンクや内部参照リンクを貼ることができるようになります。つまりあるページの評価が上がれば、そのリンクでつながっているページはインデックスされやすくなるということです。

サイト全体がGoogleからの評価を得るためには、コンテンツ相互がしっかりとリンクされていて、更に関連性が高いと認められる必要があるということです。

もし仮に、あなたが作成したあるコンテンツが検索エンジン上位表示された場合、違う角度から見た関連性の高いコンテンツを作成してみてください。

そのコンテンツも上位表示されやすくなるはずです。

すると、所属している小カテゴリ、中カテゴリ、WEBサイト全体の評価が高まっていくことになります。

このような大きな枠組によるWEBサイトの構成は多くのコンテンツでなければ作りあげることはできません。

これが、コンテンツ数がSEOに良い影響を与える理由です。

Googleが伝えたかったことは?

コンテンツ数、コンテンツの文字数、これらを多くすることがSEOに必要不可欠であるということはおわかり頂けたと思います。

さて、それではなぜGoogleはコンテンツの数も文字数もSEOには関係がない、と言ったのでしょうか。

それは恐らく、端的に捉えてほしくなかったためではないかと予測します。

コンテンツ数が多くても、文字数が多くても、ベースが質の低いコンテンツであればSEO的に評価されることはありません。

それどころか、質の低いコンテンツが混じっていれば、サイト全体がマイナス評価を受けてしまう場合もあります。

Googleが言いたかったことは、安易にコピーや意味のない文章によってコンテンツや文字数を増やす行為をしても意味はない、ということでしょう。

1.ユーザーに必要な情報を含んだ質の高いコンテンツを作りあげる

2.質の高いコンテンツを関連付けて作りあげる

3.サイトのリンク構造を作りあげる

これらの行為がルールに基づいて行われることが重要なのです。

まずは、みなさんも質が高く文字数が多いコンテンツを1つずつ着実に作っていくことからスタートしてください。

そしてなるべくたくさんのコンテンツを長期間にわたって作成していけるようなルールを作ってください。

以下の記事では、私たちが推奨する1コンテンツの文字数に関して記しています。SEOだけではなく、ユーザビリティの観点でも話をしていますので、ぜひ参考にしてください。

参考:
ブログ記事は何文字が妥当?2000文字以上を推奨する5つの理由

この記事が参考になりましたら、Facebookページヘのいいね!もお願いします。