逆SEOの方法と被害に遭わない対策は?本当に順位が下がる?

逆SEOとは

逆SEOとは、通常のSEO対策がWEBページの検索順位を上げることを目的としていることとは逆で、検索順位を下げるために行う方法のことです。リバースSEOとも呼ばれています。

たとえば、会社や個人に対するいわれなき誹謗中傷や名誉毀損が書かれたWEBページが上位表示されていると、大きな迷惑を被ります。そのため、わざと索順位を下げる施策を行います。

元々の逆SEOの意味

逆SEOは、2chなどの匿名掲示板での企業の風評被害対策の1つとして始まりました。風評被害対策とは、掲示板などの監視、風評被害発言の削除申請、そして逆SEOです。

そこから、ライバル企業の検索順位を下げることに使われたり、犯罪者が自分の前科を隠すために使われるようになりました。以下のように。

犯罪者による前科隠しの逆SEO対策は予想以上に数が多いことが判明 – 楽しくないブログ

逆SEOの6つの実装方法

逆SEOは、SEOの知識さえあれば、その逆を行えば良いだけなので、比較的簡単に行うことが可能です。

逆SEOの実装方法
1.該当ページよりも上位表示されるページを大量作成し、相対的に順位を落とす
2.コピーページを大量作成し、該当ページに大量の被リンクを貼って評価を下げる
3.該当ページのコピーページを大量作成し、検索エンジンにスパムだと認識させる
4.該当ページをクラックしてウィルスを仕込み、検索エンジンの評価を下げる
5.Googleに対して該当ページを不正なサイト申請して、インデックスから削除する
6.該当ページのライバルに優良被リンクを貼り、相対的に順位を落とす

逆SEOに効果はあるのか

逆SEOのことを知ってしまうと、「ライバルに逆SEOすれば……。」と考える人もいるでしょう。ただ、本当に効果はあるのでしょうか。

該当ページよりも上位表示されるページを大量作成し、相対的に順位を落とす

パンダアップデートの影響でコンテンツ質が重要視されるため、よほど意味のあるページでない限り、長期にわたって上位表示をするのは難しいはずです。

しかも該当ページよりも上位表示されるページを何ページも作らなければいけないため、相当コストがかかります。そのため、現実的ではありません。

コピーページを大量作成し、該当ページに大量の被リンクを貼って評価を下げる

これは3つの結果が考えられます。

  1. 低評価ページからの被リンクのため、思惑通り該当ページの評価が下がり、順位が落ちる
  2. 被リンクが低評価を受けなかったため、該当ページの順位が一時的にせよ上がってしまう
  3. 低評価なページからの被リンクが無視されて、該当ページの順位は何も影響を受けない

今後のGoogleの対応として考えられるのは、低評価・評価に値しないページは無視することなので、3番目になるのではないかと思います。

該当ページのコピーページを大量作成し、検索エンジンにスパムだと認識させる

これは該当ページがいつ作られたページなのかも影響します。比較的新しく作られたページであればスパムだと認識されることもありますが、古いページの場合は、あとから作られた新しいWEBページの方のみがスパムと認識される可能性の方が高くなります。

該当ページをクラックしてウィルスを仕込み、検索エンジンの評価を下げる

もし可能であれば、これは厄介です。クラックと書きましたが、もうひとつはウィルスを仕込んだサイトリンクを踏ませ、感染に持っていく方法です。これはGoogleアナリティクスなどから辿ることで可能になります。

怪しい被リンクはむやみに辿らない方が良いですし、明らかにスパムサイトからの被リンクはリンク否認ツールを使って、否認した方が良いでしょう。

Googleに対して該当ページを不正なサイト申請して、インデックスから削除する

該当ページ(あなたのサイト)がまっとうな運営をしていれば、全く影響を受けることはありません。

該当ページのライバルに優良被リンクを貼り、相対的に順位を落とす

これは1に近く、1よりもやや実行しやすい手法だと思います。ただし、ライバルページに関連がある優良な被リンクを用意することがどれだけ難しいかは、考えればわかります。

気をつけなければいけない逆SEOと対策

さて、あまり効果が高いとは言えなそうな逆SEOですが、1つだけ注意するとしたら、「該当ページのコピーページを大量作成し、検索エンジンにスパムだと認識させる」です。

あえてコピーページと書きましたが、これはリンク業者から有料リンクを買って、該当ページにリンクを向けてしまっても良いわけです。実行されると、数千単位の質の悪い被リンクが一気に貼られてしまいます。

評価されない被リンク・マイナス評価の被リンク
1.同一IPアドレスや同一ドメインからの被リンク
2.同一アンカーテキストの被リンク
3.関連性がないコンテンツからの被リンク
4.大量に生成された被リンク
5.ディレクトリ型検索エンジンからの被リンク
6.プレスリリースサイトからの被リンク
など

いくら以前よりも被リンク自体の評価が(相対的に)低くなったとは言え、逆SEOでの被害報告は今でもよく見かけます。

面倒ですが、Googleサーチコンソールやahrefsなどのツールで被リンクを定期的に調べて、怪しいリンク元を見つけた場合や大量に被リンクが増えていた場合は、リンク否認ツールを使って申請するのが良いと思います。

逆SEOは必要なのか

わたしの知人の話ですが、ある事件に巻き込まれてしまい、罪なく加害者認定をされてしまいました。そしてあろうことか、地方のテレビでも実名を報道されてしまいました。

その方は普通の商売を真面目にされている、仕事熱心な方です。後に冤罪とわかって、警察やテレビ局からも謝罪されたのですが、一度流れた情報は取り消すことができず、WEB上に拡散されてしまいました。

そして、拡散された情報は、これからもネットデブリとして残り続けます。

これらの情報をデータが存在しているWEBサイトや掲示板などをあたり、おおよそ削除した上に、既に管理者がいない自動ニュースサイトやデータの削除を断るサイト向けに逆SEOをした場合にかかるコストが1,000万円以上と言われたそうです。

その方は、商売に支障が出ると困るからという理由で、泣く泣く1,000万円支払ったと聞きました。話を聞いたのは、全て事が済んでからです。

犯罪者の過去のネガティブ情報、ライバルを蹴落とす目的の逆SEOは必要だとは思いません。

ただし、上記のように、冤罪でも一度情報が流れてしまうと、取り返しがつかなくなる人もいます。また、妬みなどによる企業の誹謗中傷も同様です。

誤情報を流したメディアは、謝りはしてもなんとかはしてくれません。義憤にかられて拡散した人たちは、謝りもしません。

そのため、大賛成というわけではありませんが、効果が謳えるなら、必要な人には必要なのかなと感じた話でした。ただ、逆SEOをお願いすると高いですけど。

今後は逆SEOも効果がなくなっていく

現在の検索エンジンアルゴリズムの詳細はもちろんわかりませんが、たとえば以下のような質の悪いリンクは、ペナルティではなく無視をするという流れにシフトしているように感じます。

評価されない被リンク・マイナス評価の被リンク
1.有料の被リンク・購入した被リンク
2.関連性がないコンテンツからの被リンク
3.ディレクトリ型検索エンジンからの被リンク
4.プレスリリースサイトからの被リンク
5.大量に生成された被リンク
など

そのため、おそらく今後は逆SEOも効かなくなっていくのではないでしょうか。その証拠に、以前はリンクの質や数によって順位の上下が比較的容易に行えましたが、今はそこまで簡単ではありません。

逆SEOはかなり難しくなってきているため、簡単にできると謳っている業者には注意が必要です。

どちらにしても、ユーザーのためにコンテンツを作成し、ホワイトハットで運営しているサイトが逆SEOによる被害を被ることはなくなっていくはずです。