LINE Outから携帯・固定電話への1分の電話料金比較、決済方法

LINE Outの電話料金と決済方法

LINE Outを使った方が良い人は?

みなさん、LINE電話(LINE通話)を使ったことありますか。LINE電話とは、LINEの通話機能である「無料通話」と「LINE Out」をあわせた通称のことです。

無料通話はそのまま無料ですが、LINE Outを使うにはお金が必要です(無料のLINE Out Freeもある)。両者の違いは、以下を参考にしてください。

無料通話があるのに、LINE Outを使うのは意味があります。まだ使ったことがない人で、以下に該当する人は、LINE Outを検討しても良いでしょう。

LINE Outを検討する人
1.音質至上主義ではない人(多少聞き取りづらい通話でも良い人)
2.固定電話によく電話する人(家だけでなくお店の予約など)
3.キャリアの定額プランなどに加入していない人

もしLINE Outを使いたいと思ったら、事前にLINEアプリ内またはラインストアでチャージをするか、プランに契約しなければいけません。

そこで今回は、LINE Outにかかる料金、LINEアプリとラインストアで決済する方法についてお話したいと思います。

LINE Outの電話料金体系

LINE Outの料金支払いには、30日間決まった金額で60分or120分通話できる「30日プラン」、クレジットをチャージして利用する「コールクレジット」、Android版のみ使える「LINEコイン」があります。

以下の表を見て分かる通り、LINE Outの料金は、固定電話に対しては1分2円から、携帯電話に対しては1分6円からの通話料がかかります。

プラン名利用期限購入金額通話料/1分
固定電話
通話料/1分
携帯電話
30日プラン:
固定のみ60分
30日120円2円-円
30日プラン:
固定/携帯60分
30日390円6円6円
30日プラン:
固定/携帯120分
30日720円6円6円
120コールクレジット180日120円3円14円
360コールクレジット180日360円3円14円
600コールクレジット180日600円3円14円
1200コールクレジット180日1200円3円14円
3600コールクレジット180日3600円3円14円
6000コールクレジット180日6000円3円14円

LINE Outのプランの選び方

プランの選び方のポイントはいくつかありますが、もっとも大切なことは、普段の自分の月間通話時間、通話料金、通話キャリアを知ることです。

LINE Outを使って得をする人は、おそらく月間通話時間が30分-7時間ほどの人ではないかと思います。

また、30日プランは30日、コールクレジットは180日という期限があるので、その期限内に使い切れるだけのプランにしなければ、余った分はすべて無駄になってしまいます。

これらをふまえて、次のLINE Outと通常キャリア通話の料金比較を見てみましょう。

LINE Outと通常キャリア通話の料金比較

格安通話アプリは他にも色々ありますが、りLINEを普段から使っている人は、そのままLINE電話(LINE Out)を使いたいと思いますよね。

「30日プラン」「コールクレジット」「通常のスマホの通話」の料金はそれぞれどれくらい違うのでしょうか。

携帯電話に電話したときの通話料金

 購入金額 通話料/1分通話料/60分
30日プラン:
固定のみ60分
120円不可不可
30日プラン:
固定/携帯60分
390円6円360円
120コールクレジット120円14円840円
キャリア通話※-円42円2520円

※キャリアのオプションプランを使用しない場合

まず、LINE Outで携帯電話に電話した場合、もっとも安いのは30日プラン(固定/携帯)です。

60分の通話で360円であれば、かなり安いですね。ただし、購入後30日しか使えないため、余ってしまうと無駄になります。

固定電話に電話したときの通話料金

 購入金額 通話料/1分通話料/60分
30日プラン:
固定のみ60分
120円2円120円
30日プラン:
固定/携帯60分
390円6円360円
120コールクレジット120円3円180円
キャリア通話※-円40円2400円

※キャリアのオプションプランを使用しない場合

次に、LINE Outで固定電話に電話した場合、もっとも安いのは30日プラン(固定のみ)です。

固定電話にしか電話をしない人は固定のみで良いのですが、もしかしたら携帯電話にもかけるかもしれない人は、使い切れる分だけコールクレジットを購入しましょう。

iPhone、Androidアプリ内での購入方法

まず、LINEアプリからLINE Outを購入する方法から説明します。LINEアプリを開いて、「設定 > LINE Out > LINE Out Free」と移動します。

LINE Outアプリを開いて、iをタップしても同じ画面を開けます。

LINE Out-チャージ購入方法01

LINE Outの有料プランを開いて、30日プランを購入をタップします。

LINE Out-チャージ購入方法02

すると、30日プランとコールクレジットのチャージが並んでいるので、購入したいものを選びましょう。ここでは、30日プランを選んでみます。

LINE Out-チャージ購入方法03

30日プランの場合は、①通話先の国を選び、②プランを選び、③自動継続か都度購入を選択します。自動継続を選ぶと、30日後に自動で同じプランが継続されます。

LINE Out-チャージ購入方法04

コールクレジットの場合は、オートリチャージか都度購入を選びます。オートリチャージを選ぶと、コールクレジット残高が50以下になった際に、自動で同じコールクレジットをチャージしてくれます。

では、都度購入をタップしてみましょう。

LINE Out-チャージ購入方法05

都度購入の決済手段は、「LINE Pay・クレジットカード」「モバイル楽天Edy」「WebMoney」「JCB PREMO」「モバイルSuica」「NET CASH」「Bitcash」から選べます。

オートリチャージ(自動継続)の場合は、「LINE Pay・クレジットカード」のみの決済です。

LINE Out-チャージ購入方法06

「LINE Pay・クレジットカード」を選ぶと、このように決済画面に遷移します。後は通常通り購入するだけです。

LINE Out-チャージ購入方法07

Androidアプリの場合は、「LINEコイン」を使うこともできます。

ちなみに、iPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneに機種変更したときに、LINE Outの残高を引き継ぐことはできません。また、アップルのレート調整によってクレジット単価が変動する可能性があります。

ラインストアでの購入方法

次にLINE STORE(ラインストア)で購入する方法です。

ブラウザでLINE STOREにアクセスして、ログインします。

ハンバーガーメニューからLINE Outを選ぶと、先程アプリ内から購入した画面と同じ画面に移動します。

LINE Out-チャージ購入方法03

後の「30日プラン」「コールクレジット」購入方法は、LINEアプリとまったく同じです。

LINE Outで電話をかける際の注意事項

最後に、LINE Outで電話をかける際の注意事項です。

・LINE OutはIP電話のため、110番など緊急通報や有料ダイヤルには使えない
・Facebook認証のみでLINEを利用している場合はLINE Outは利用できない

上記に合わせて、自分の利用シーンに合わせて、各種コールクレジットや30日プランを使いわけしなければいけません。

とは言え、LINE OutはIP電話なので、普通にスマホから電話をするよりも安いことは間違いありません。

最近は格安SIMを使う人も増えて、通話1回5分まで無料、10分まで無料などのプランも増えているので、面倒ですがその辺りも合わせて考えた方が良いですね。

まずはお試しで120クレジット分を購入して、音質や使い勝手などを調べてみると面白いと思います。