iPhone版LINE電話もスティッコンが使用可能に

LINE電話

読了目安:[3 分

ようやくiPhone版LINEがアップデート

LINEはiPhoneで使っている方、Androidで使っている方、PCで使っている方など、様々なデバイスで活用されています。

以前から話題になっていたLINE電話ですが、iPhone版を使っている方は、「どうやって使うんだ??」と思っていたでしょう。

はい、使えなかったんです。これまではAndroid版にしか搭載されていませんでした。

更に、LINEでメッセージのやりとりをしている時に表示される(cony sad)などの意味不明の文字。

はい、これもAndroid版にのみ搭載されたiPhone版には無い機能だったんです。

そして、この度ようやくiPhone版がバージョン4.3.0にアップデートされましたので、上記のようなことももうありません。

今回はiPhone版4.3.0がどのようなアップデートなのかを紹介します。

iPhone版LINE4.3.0の追加機能

実は、5月1日にもアップデートされていまして、その際のバージョンは4.2.0、アップデート内容は以下の通り。

・絵文字とスタンプをミックスした「STICONS」が使用可能に!
・海外10カ国でiPhone版LINEにもLINE電話搭載!
※日本は未対応

日本未対応??ということで、昨日がっかりした人も多くいたでしょう。

明けて2014年5月2日版の4.3.0へのアップデートでようやく変更がなされました。

・バージョン4.3.0により、日本を含む11カ国で利用可能に!!
・送信前にスタンプのプレビューが確認できる!
・「友だちかも」の理由を表示!

というわけで、それぞれ見ていきます。

STICONS(スティッコン)とは

STICONSの読み方はスティッコン。
※LINEアプリ内お知らせには「スティコンズ」と書いてあり、以前の公式ブログには「スティッコン」と書いてあります。どちらが正しいのでしょう?以下、スティッコンと表記します。

前述したとおり、iPhoneを使っていた人に届いていた(cony sad)などの文字がスティッコンです。

LINE sticon

本来はこのような感じ。

スティッコンは単なるアイコンやスタンプではありません。

・アイコンの様にトークでのテキスト文中に挿入できる
・単独で使うとスタンプのように大きく表示される

スタンプ(Stamp)とアイコン(Icon)をミックスさせているので、スティッコン(STICONS)です(多分)。

これにより、更にトークのバリエーションが増えることになりそうです。しかもコニーやブラウンなどおなじみのキャラに加えて、顔、動物、乗り物、記号という5カテゴリで1000種類以上もあります。

LINE新絵文字スティッコン:スティッコン1000種一覧紹介

いや、使いきれませんよ。

LINE電話とは

LINE電話はLINEから一般の固定電話や携帯電話、スマートフォンと格安で通話できるサービスです。国内通話だけではなく、国際電話の通話にもご利用いただけます。LINEアプリ同士の通話は今まで通り無料です。

参考:
LINE電話とは | LINE(ライン)

LINEユーザー同士の通話は、アプリ間通話ですので、これまで通り無料です。

LINE電話は、上記引用通りなのですが、

・一般の固定電話にお得な通話をしたい
・LINEがインストールされていない携帯電話とお得な通話をしたい
・国際電話をかけたい

という方のために提供されています。

気になるLINE電話の料金体系は、以下の通りです。

・固定電話に対しては、1分2円~
・携帯電話に対しては、1分6.5円~

LINE電話料金

iPhone版LINE電話&スティッコン まとめ

今回のiPhone版LINEのアップデートにより、ようやくLINE電話を試すことができるようになりました。

次回は、スティッコン(STICONS)の詳細かLINE電話の使い方を解説したいと思います。

この記事が参考になりましたら、Facebookページヘのいいね!もお願いします。