LINE電話の使い方- アプリ内とラインストアでの課金方法

読了目安:[3 分

新しい格安通話アプリ「LINE電話」

みなさん、LINE電話使ったことありますか?先日、こちらの記事「iPhone版もLINE電話搭載!更にスティッコンも使用可能に」お伝えしたとおり、ようやくAndroid、iPhone共にLINE電話を使える環境が整いました。

よし、LINE電話を使ってみよう!と思った方、実はLINE電話を利用するためには、事前にチャージをしなければいけません。チャージ式のプリペイドカードのようなものです。

でも、どこで買えばよいのか…。アプリ内でも買えて、LINE STOREでも買えて、利用日数制限が付いていて…など、理解するまでは「ん?」となってしまいます。

そこで今回、このLINE電話の使い方などを紹介したいと思います。

LINE電話料金体系

前回『iPhone版もLINE電話搭載!更にスティッコンも使用可能に』でご紹介したとおり、固定電話は1分2円~、携帯電話は1分6.5円~。

LINE電話料金

チャージには、コールクレジットを購入する方法と30日間プランに登録する方法があります。

LINE電話---LINE-STORE

プラン名 購入金額 通話料/1分
固定電話
通話料/1分
携帯電話
30日間プラン(固定のみ) 120円 2円 ー円
30日間プラン(固定/携帯) 390円 6.5円 6.5円
100 コールクレジット 100円 3円 14円
310 コールクレジット 300円 3円 14円
520 コールクレジット 500円 3円 14円
1,045 コールクレジット 1000円 3円 14円
3,150 コールクレジット 3000円 3円 14円
5,300 コールクレジット 5000円 3円 14円

iPhone、Androidアプリ内での購入方法

まず、LINEアプリから購入する方法から説明します。こちらはあえて説明をしなくても公式サイト内に掲載されています。

スマホアプリ内決済01

スマホアプリ内決済02

④の画像内にも書かれていますが、iPhoneとAndroidではチャージ方法が少し違います。

・iPhoneでは100円分のクレジットのみ購入できる
・Androidでは100円分のクレジットor30日プランを購入できる

また、以下の点に注意してください。

・Android版に移行したときに残高を引き継げない
・アップルのレート調整の影響でクレジット単価が変動する可能性がある

LINE STOREでの購入方法

次にLINE STOREで購入する方法です。

こちらも公式サイト内に記載があります。

LINESTORE決済01

LINESTORE決済02

1.ブラウザでLINE STOREにアクセス
2.メールアドレスとパスワードを入力しログイン
3.LINE電話をクリック(スマホの場合はページ最下部)
4.各種クレジット、または30日プランを選択

以上で購入可能です。これで、LINE電話の利用準備が整いました。次に、実際の利用方法を説明します。

LINE電話登録(利用)方法

コールクレジット、または30日プランを購入した方は、次の手順で利用してください。


1.LINEアプリを起動し、メインメニュー[その他]をタップ


2.[LINE電話]をタップ(画像はLINE公式サイトを参照)
img_mdCallUse01Sec01_01d


3.初めて使う場合はこの画面。次回からは表示されません。利用開始をタップしてください。
LINE電話


4.キーパッドが表示されます。
img_mdCallUse01Sec01_02c


5.キーパッドで電話番号を入力し、発信ボタンをタップするだけ。もちろん、履歴や連絡先も通常の電話のように使えます。


以上、使い方自体はとても簡単です。

LINE電話の注意事項

最後にLINE電話の注意事項です。

・LINE電話はIP電話であるため、110番などへの緊急通報や有料ダイヤルなどには使えない
・auとソフトバンクにかけるときは、発信者番号通知が行なわれるが、ドコモにかけるときは、非通知/通知不可能になる
・auやソフトバンク相手にかけた場合、「+81 XX XXXX から」としか表示されない機種もある
・Facebook認証のみでLINEを利用している場合はLINE電話は利用できない

上記に合わせて、各種クレジットや30日プランでは料金が異なりますので、自分の利用シーンに合わせた賢い使い方をしなければいけません。

とは言え、IP電話ですから、普通に携帯で電話をするよりも安いことは間違いありません。まずは100クレジット分を購入して、音質や使い勝手などを試してみるとよいでしょう。

この記事が参考になりましたら、Facebookページヘのいいね!もお願いします。

この記事を見た人はこんな記事も見ています!