YouTube Musicの使い方や料金は?無料と有料の機能の違い

Youtube Musicの使い方や料金は

YouTube Musicは映像音楽ストリーミングサービス

IT技術の進歩によって、わたしたちの生活は少しずつ、確実に変化しています。もちろん、音楽業界も同様です。

わたしが小学生のころは音楽を聞きたいと思ったら、楽曲が入ったカセットテープを購入していました。その後CDが登場し、2000年以降にダウンロード販売が始まったと思ったら、もうすでに音楽ストリーミングサービスが主流になりつつあります。

ただ、音楽を聞きたい人もいれば、「お気に入りの歌手が歌っている姿を見たい!」「演奏などのパフォーマンスを見たい!」「ライブ映像を見たい!」という人も大勢います。

そんな要望を叶える音楽映像ストリーミングサービスが「YouTube Music」です。

今のところ、Amazon Prime MusicやLINE MUSICよりも利用者は少ないものの、YouTubeの機能を活かした音楽映像ストリーミングサービスは、今後一気に広まる可能性があります。

そこで今回は、YouTube Musicの使い方や無料プラン・有料プランの違いについてお話したいと思います。

YouTube Musicとは

YouTube Musicとは、Googleが提供する定額制の音楽配信サービスです。

その特徴は、なんと言っても音楽映像を再生できることです。

YouTube Musicは、通常の音楽ストリーミングサービスとは違って、ミュージックビデオやライブ映像を見ることができます。

そのため、演奏の様子やダンスなど、動きがあるアーティストのファンに支持されることは間違いありません。

もともと、YouTubeにはレコード会社公式チャンネルもあり、ミュージックビデオやプロモーションビデオを見たり、音楽を聞くために利用する人が多かったため、YouTube Musicはそれらを集めたサービスとして提供されるようになりました。

普段からYouTubeを使っている人にとっては操作もなじみやすく、YouTubeに付加価値があるサービスとして利用することができます。

YouTube Musicの無料と有料の違い

YouTube Musicには、無料で使える「ベーシック」と有料で使える「Music Premium」があります。

YouTube Musicの料金体系

Youtube musicPC/AndroidアプリiPhoneアプリ
ベーシック0円0円
Music Premium980円1280円
ファミリープラン1480円1950円
学割プラン480円-

Music Premiumは、PC(WEB)サイトとAndroidアプリの場合は月額980円、iPhoneアプリの場合は1280円となっています。

iPhoneアプリの方が月額料金が高いのは、App store経由のアプリ内課金をするためです。iPhoneアプリでも月額980円にする方法はあるので、以下を参考にしてください。

YouTube Musicの機能

YouTube-Music-Premiumの違い

共通の機能

ベーシックとMusic Premiumの共通の機能として、以下のものがあります。

機能説明
フル再生選択した楽曲をすべて聞くことができる
シャッフル再生楽曲をシャッフルして再生できる
曲順再生自分が選んだ曲を曲順で聞くことができる
オンデマンド再生検索などで選んだ曲を再生することができる
画質の設定映像の画質を「音声のみ」「SD動画」「HD動画」から選べる
おすすめ楽曲リストアーティストのレコメンド、いいね、チャンネル登録から自動で作成される
プレイリストの作成自分で楽曲のリストを作成できる
アルバムの登録気に入ったアルバムを登録できる
高く評価した曲のリスト高評価をつけた楽曲をリスト化する
チャンネル登録YouTubeチャンネルを登録できる

普段YouTubeを使っている人には、高評価ボタンやチャンネル登録などはおなじみだと思います。

YouTubeとYouTube Musicは共通した動画があるため、YouTubeで高評価ボタンを押したり、チャンネル登録をしたものが音楽関連であれば、YouTube Musicでも共通で表示されます。

Music Premiumの機能

広告の有無

ベーシックの場合、音楽を1曲聞く前に広告が入ります。対して、Music Premiumには広告が入りません。

バックグラウンド再生

YouTubeアプリを使っているとわかりますが、非アクティブにする(画面を閉じる)と動画は停止します。

ベーシックでは、同じく非アクティブにすると音楽が停止しますが、Music Premiumはバックグランド再生が可能です(非アクティブでも停止ない)。

オフライン再生

ベーシックは、ネットに接続していないと再生できませんが、Music Premiumは音楽映像をダウンロードしてオフライン再生することができます。

とくに、YouTube Musicは映像が流れるため、他の音楽ストリーミングサービスよりも容量が大きく、多くのギガが必要です。

オフライン再生ができれば、Wi-Fi環境でダウンロードして後からネットを使わずに再生できます。ダウンロードした曲は、1か月間オフライン再生できます。

YouTube Musicの登録方法

PCで使いたい場合は、「YouTube Music」こちらからアクセスしてください。

iPhoneやAndroidで使いたい場合は、YouTube Musicアプリをインストールして使ってください。

YouTube-Music-使い方01

YouTube Musicアプリを開くと、上記画面が表示されます。YouTubeのアカウントを持っている人は、そのアカウントで登録することができます。持っていない人は、Googleアカウントを作成してログインください。

YouTube Musicの使い方

ホームから聞きたい楽曲を選んでください。ヘッダーにある検索で曲やアーティストを検索して選ぶこともできます。

YouTube-Music-使い方02

楽曲が気に入った場合は高評価ボタンを押せば、お気に入りの曲としてリストされます。低評価ボタンを押すと、その楽曲は表示されなくなります。

YouTube-Music-使い方03

楽曲名横のをタップすると、その楽曲にさまざまな設定ができます。ここではプレイリストに追加をタップしてみましょう。

YouTube-Music-使い方05

プレイリストを選んで、楽曲を追加してください。まだプレイリストがない場合は、新しいプレイリストをタップして、プレイリストを作りましょう。

YouTube-Music-使い方08

プレイリストに名前をつけて、「公開」「限定公開(リンクを知っている人が視聴可能)」「非公開」のどれかを選んで、作成をタップします。

YouTube-Music-使い方09

ライブラリを見ると、プレイリストが作成されています。

YouTube-Music-使い方10

また、ホームにある使ってみるをタップすると、好きなアーティストを選択することができます。ここで選択したアーティストからレコメンドリストが作成されます。

YouTube-Music-使い方11

Music Premiumを使いたい場合は?

YouTube Musicをベーシックで使っていると、以下のようにMusic Premiumの登録をすすめる画面が何度も表示されます。

YouTube-Music-使い方07 YouTube-Music-使い方06

もしYouTube Musicの使い勝手が良いと感じたら、有料のMusic Premiumも検討してみましょう。Music Premiumには、無料のトライアル期間があるので、その期間だけテスト使用しても良いと思います。

YouTube-Music-使い方12

Music Premiumは、YouTube Musicアプリのアカウントから登録することが可能です。ただし、iPhoneユーザーの人は、YouTube Musicアプリからの登録はちょっと待ってください。

前述したとおり、Music PremiumにiPhoneアプリから登録すると月額料金が高くなってしまいます。そのため、以下を見て、お得に登録できるようにしましょう。