オンラインで不動産・登記・地図情報が取得可能なサービス一覧

オンラインで取得可能な不動産情報

不動産・登記・地図情報のオンライン取得サービスとは

みなさんは、不動産運用してますか。

今日は、不動産や地図に関するさまざまな情報のオンライン取得サービスをご紹介します。と言っても、ホームズやスーモやアットホームなどの紹介ではありません。

正直、みなさんが必要かどうかはわかりませんが、不動産関連の仕事をしている人や土地を売買したい人、不動産を相続した人・する予定の人にとっては非常に有意義なサービスです。

家や土地を買おうと思っている方!高い買い物なので自分で確認してみてはいかがでしょう。

登記情報提供サービス

登記情報提供サービス

登記情報提供サービス

運営:一般財団法人 民事法務協会

登記情報提供サービスは、インターネットで法人の登記簿謄本、不動産の登記簿謄本と公図を閲覧・取得できるサービスです。

ただし、登記情報提供サービスで取得できる書類は、あくまで確認がメインのため、実際の証明書としては使うことができません。証明書としての謄本が必要な場合は、登記所窓口で必要な謄本を取得する必要があります。

不動産登記情報 全部事項 335円
不動産登記情報 所有者事項 145円
不動産登記情報 地図 365円
不動産登記情報 図面
・土地所在図/地積測量図
・地役権図面
・建物図面/各階平面図
365円
商業・法人登記情報 全部事項 335円
動産譲渡登記事項概要 現在事項・閉鎖事項 145円

全国地価マップ

全国地価マップ

全国地価マップ

運営:一般財団法人 資産評価システム研究センター

全国地価マップは、全国の地価情報を地図で示してくれるサービスです。各種路線価、公示価格、基準地価を年度毎に表示することができます。

簡単に言うと、土地を売買する際の基準となる価格を知ることができるサービスです。路線価、公示価格、基準地価の違いがよくわからないという人は、以下で確認してください。

路線価、路線価・公示地価・基準地価の違いを知る!

地価を表示してくれる似たようなサイトは他にもありますが、全国地価マップを一回使うと他のサービスは使えなくなりますね。

土地総合情報システム

国土交通省 土地総合情報システム

土地総合情報システム

運営:国土交通省

土地総合情報システムは、過去も含めた不動産取引情報、取引価格、面積、形状、建ぺい率や容積率もわかる優れものの総合データベースです。

周辺取引状況を検索することで、売買しようとしてる不動産の妥当性を確かめるために使います。

国土交通省-土地総合情報システム01 国土交通省-土地総合情報システム02

不動産業者以外で、これだけ総合的な情報が揃っている無料サービスは他にありません。土地を売買したいと考えている人は、まず土地総合情報システムで過去の近隣地域の取引情報を調べてみましょう。

もちろん、不動産価格は常に変動するものなので、短期間で価格が大きく変わる場合もあることをお忘れなく。

土地利用調整総合支援ネットワークシステム(LUCKY)

土地利用調整総合支援ネットワークシステム-LUCKY

土地利用調整総合支援ネットワークシステム(LUCKY)

運営:国土交通省

土地利用調整総合支援ネットワークシステム(LUCKY:Land Use Control bacK-up sYstem)は、市街化区域、調整区域など土地利用基本計画図を地図で示してくれるサービスです。

普通こういった情報は役所で調べるのですが、役所内でもすったもんだしてやっと出てきた情報が間違っていた、なんてこともあります。

「せっかく安く購入した土地の開発許可が通らない。」「家の改築や増築が行えない土地なのに相続してしまった。」などはよくある話なので、事前に調べておくことは必要です。

実は最近知ったのですが、なんでもっと早く知らなかったんだぁーー、という感じ。

地番検索ができるブルーマップをオンラインで閲覧 【JTNマップ】

JTNマップ-地番検索可能なブルーマップ

JTNマップ

運営:株式会社情報通信ネットワーク

今回紹介した中で唯一民間企業です。ブルーマップを取得することができます。こちらは全国主要都市、308地区の地図情報を取得できるようになっています。

ブルーマップとは「住宅地図」と「公図」を合わせた地図のことで、住居表示と地番がわかるようになっています。住宅地図だけであれば、「ゼンリン住宅地図サービス:ビジネスデータ:@niftyビジネス」このようなものもあります。

利用料金は、1件の取得で600円を支払うか、以下の月額契約を交わすかのどちらかです。

月額12000円|24件まで無料、25件目以降400円/件
月額 3500円|7件まで無料、8件目以降450円/件
月額 1800円|3件まで無料、4件目以降500円/件

今回紹介した中で、情報の規制が一番強いのがブルーマップですね。大手地図会社のブルーマップは地域毎に購入が必要で、1冊数万円~数十万円します。一部の地域のみ必要なら、JTNマップを使った方が良いですね。

ゼンリン住宅地図プリントサービス

ゼンリン住宅地図プリントサービス

ゼンリン – ゼンリン住宅地図プリントサービス|セブンイレブン
ゼンリン住宅地図プリントサービス|ローソン、ファミリーマート

運営:株式会社ゼンリン

ゼンリン住宅地図プリントサービスは、カラーA3用紙のゼンリンの住宅地図をセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの複合機で印刷できるサービスです。

地図の縮尺はおよそ1/1,500で、 印刷された地図の表示範囲は、縦:約380メートル、横:610メートル、料金は1枚300円(税込)です。

事前にインターネットで地図の出力場所を決めて登録しておけば、後はコンビニで出力するだけです。

すべての地域に対応しているわけではないので、事前に印刷できるかどうかをしっかりと調べてから利用するようにしましょう。


一部の人以外にとっては、専門的な情報になってしまいましたが、このような専門的な情報までオンラインで取得できるのは素晴らしいことです。専門業界も面白いですね。