Yahoo!スコアは危険?メリットは?PC・スマホからの解除方法

Yahoo!スコアとは

世間が騒いでいるYahoo!スコア

2019年10月1日から、Yahoo!スコアはデフォルトでオフ設定に変更されました。詳しくはページ下部で。

2019年7月1日からYahoo! Japanのパートナー企業のサービスに利用される「Yahoo!スコア」が話題になっています。

ヤフーが保有するビッグデータから開発した「Yahoo!スコア」 7月1日よりビジネスソリューションサービスの提供を開始 – プレスルーム – ヤフー株式会社

掲示板の書き込みやTwitterなどを見る限り、歓迎されていない印象を受けますが、「Yahoo!スコア」とは実際のところどのようなものなのでしょうか。

また、誰にどのようなメリット・デメリットがあるものなのでしょうか。

今回のテーマ
今回は、Yahoo!スコアについてまだよくわからない人のために、次の内容をお話します。

  • Yahoo!スコアとは何か
  • Yahoo!スコアに利用される個人データの種類
  • Yahoo!スコアのメリット・デメリット
  • Yahoo!スコアの設定をオフにする方法

それでは早速見ていきましょう。

Yahoo!スコア(ヤフースコア)とは

Yahoo!スコアとは、Yahoo! JAPAN IDにひもづいたユーザーの個人情報や消費行動などのデータを900点満点でスコア化したものです。

2019年7月1日以降、Yahoo! JAPAN IDを持つユーザーは、Yahoo!スコアによって相対的に優良ユーザーかそうでないかが判別され、その情報がパートナー企業のサービスに利用されることになります。

Yahoo!スコアのイメージ

なお、Yahoo!スコアの利用目的は、ユーザーへの特典等の付与、審査プロセスの簡略化、コンテンツ最適化、サービスの改善、広告の配信などに限定されています。

Yahoo!スコア活用事例

Yahoo! JAPANのプレスリリースによると、すでに以下の企業がテスト的にYahoo!スコアをサービスに利用しています。

企業名 スコア活用事例
ランサーズ株式会社 優良と推定されるフリーランスと仕事発注者を抽出して案件をマッチング
OpenStreet株式会社 スコア活用事例:対象エリアにおける優良と推定されるユーザーを抽出してシェアサイクル「HELLO CYCLING」の特別料金プランを提供
株式会社TableCheck 予約を忘れそうなユーザーを抽出し、リマインド連絡を増やす事で直前キャンセルを防止
株式会社クラウドワークス 仕事を積極的に受注してくれそうな優良ユーザーを抽出して優先的に仕事をオファー

Yahoo!スコアに利用されるデータ

Yahoo!スコアは、4種類のカテゴリーのスコアとそれらを集約した総合スコアで構成されています。

Yahoo! JAPANヘルプセンター – Yahoo!スコアで利用しているデータ

カテゴリー 利用データ
本人確認 Yahoo! JAPAN IDにひもづく住所・氏名・電話番号・メールアドレスなどの情報の登録率、登録された電話番号およびメールアドレスの有効性、Yahoo! JAPANが提供するサービスにおける住所確認や本人確認の有無等
信用行動 ヤフオク!における取引実績や評価、ショッピングでのレビュー回数、知恵袋での活躍度、Yahoo! JAPANへの支払い滞納の有無および回数、利用規約・ガイドライン違反の有無および回数、宿泊・飲食店等の予約キャンセル率、キャンセル連絡有無などの行動実績等
消費行動 Yahoo! JAPANが提供するEコマースサービス、Yahoo!ウォレット、Yahoo! JAPANカードなどの利用金額等
Yahoo! JAPANサービス利用 Yahoo! JAPANが提供するサービスの利用頻度などの実績等

これらのデータの要点、またスコアを左右する要素として考えられるものをまとめると以下になります。

Yahoo!スコアの要点およびスコアを左右する要素
・要配慮個人情報、性別、職業の情報は使用しない
・ヤフオク!やショッピングの購買実績・支払い滞納履歴など
・オフラインサービスの利用実績・キャンセル率など
・サービスのユーザー評価やガイドライン違反歴など
・カードローンなどの利用実績・返済滞納履歴など

要配慮個人情報とは、「本人の人種、信条、社会的身分、病歴、犯罪の経歴、犯罪により害を被った事実その他本人に対する不当な差別、偏見その他の不利益が生じないようにその取扱いに特に配慮を要するものとして政令で定める記述等が含まれる個人情報」のこと(改正個人情報保護法第2条3項)。

Yahoo!スコアによるパートナー企業のメリット

Yahoo! Japanは、Yahoo!スコアと「Yahoo! ID連携」の導入によって、スコアを利用するパートナー企業にメリットがあるとしています。

Yahoo! ID連携とは
Yahoo! ID連携とは、Yahoo! ID情報によるログインをユーザーに提供できる仕組みのことです。導入したサービス側は初期費用がかからず、自分たちでユーザーのID・パスワードなどの認証情報を管理する必要もありません。

Yahoo! ID連携 – Yahoo! JAPAN IDガイド

本人確認が簡略化できる

これまでもYahoo! ID連携を使えば、本人確認の簡略化をすることはできました。

もしかすると、今後はYahoo!スコアによって、ランク分けされたログイン画面ができたり、スコアが高いユーザーしかログインできないサービスなども提供されるようになるかもしれません。

優良顧客への特典提供ができる

Yahoo!スコアが高いユーザーを信頼できるユーザーだとすれば、ランクが高いユーザー向けのサービスや特典などを用意することができます。

たとえば、シェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」では、使い放題のサブスクリプションプランを提供するために、Yahoo!スコアの高いユーザーをターゲットにしています。

取引リスクが軽減できる

カード決済をしたくても、料率が高くて利用に二の足を踏んでいる企業は多いでしょう。カード発行会社は貸し倒れリスクを抱えているため、貸し倒れが多く信用できないサービスの決済料率は高くなってしまいます。

Yahoo!スコアには、信用行動(いわゆる信用情報)が含まれています。そのため、Yahoo!スコアが低いユーザーは、カード決済ができないようにするなど、取引リスクの軽減を図ることができます。

Yahoo!スコアによるユーザーのメリット・デメリット

では、世の中のさまざまなWEBサービスがYahoo!スコアを利用したときに、ユーザーには何かメリット・デメリットがあるのでしょうか。

Yahoo!スコアのユーザーメリット

Yahoo!スコアが高いユーザーには、各サービス提供者側の「優良顧客への特典提供」が考えられますが、それ以外にはとくにメリットを感じません。

つまり、今後ユーザーがどのようなサービスを使うにしても、スコアが高くなる行動をしなければ、そうではないユーザーと比較して提供サービスに大きな差が出る可能性があります。

Yahoo!スコアのユーザーデメリット

一方、スコアが低いユーザーにとっては、上記のメリットとは反対のことが起こるため、Yahoo!スコアはデメリット以外の何物でもありません。

ただ、現在多くのユーザー情報、顧客情報を抱える企業の多くが、ユーザーの信用行動、消費行動をスコア化して、次のサービスにつなげようとしています。

Yahoo!スコアはユーザーの意思で作成や提供の可否が決められますが、ユーザーにスコアがつくことは世の中の流れなので、そこを踏まえて情報提供するかどうかを考えた方が良いでしょう。

Yahoo!スコアを設定オフにする方法

各ユーザーがこのまま設定をオフにしなければ、Yahoo!スコアはYahoo! Japanのパートナー企業に提供されます。

Yahoo!スコアの作成や提供を希望しない場合は、「Yahoo!スコアの作成・利用」の設定ページでオフしてください。途中からYahoo!スコアの利用をオフした場合は、それまでに作成されたYahoo!スコアも削除されます。

Yahoo!スコアの利用停止方法

パソコンの場合

Yahoo! Japanにログインして、「Yahoo!スコアの作成・利用」のページに移動します。

以下のトグルスイッチをオフにすれば、Yahoo!スコアは削除されます。設定の反映まで数日かかるそうです。

Yahoo!スコアの利用停止設定画面

スマホの場合

スマホの場合も同様です。スマホブラウザでYahoo! Japanを利用している人は、ログインして、「Yahoo!スコアの作成・利用」のページに移動します。

アプリを利用している人は、以下の順番に進んで設定をしてください。その他をタップします。

Yahoo!スコアの利用停止方法-01トップ

プロフィールをタップすると、アプリからブラウザに移動します。

Yahoo!スコアの利用停止方法-02その他

プロフィール画面で下に移動して、プライバシー・メール配信をタップします。

Yahoo!スコアの利用停止方法-03プロフィール

Yahoo!スコアの作成・利用をタップすると、「Yahoo!スコアの作成・利用」のページに移動します。

Yahoo!スコアの利用停止方法-04プライバシー・メール設定

トグルスイッチをオフにして、Yahoo!スコアの利用を停止してください。

Yahoo!スコアの利用停止方法-05Yahoo!スコアの作成・利用

Yahoo!スコアを個別に利用停止にする方法

パートナー企業に提供するYahoo!スコアを個別に設定したい場合は、上記同様ログインしてから、「各アプリケーションでのデータ利用」に移動してください。

そこで、「Yahoo!スコア提供」と記載されたサービスにある無効にするボタンで設定をオフにしましょう。

Yahoo!スコアを個別に利用停止にする方法

Yahoo! JAPANヘルプセンター – Yahoo!スコアの作成・利用・停止方法

各アプリケーションでのデータ利用の停止方法

なお、「各アプリケーションでのデータ利用」ページにおいて、Yahoo! JAPAN IDに関連付けられた情報連携を無効にすることもできます。「Yahoo!スコア提供」と記載されていないサービスがそれにあたります。

Yahoo!が提供する各サービスのデータ利用の停止画面01

たとえば、「Yahoo!乗換案内 for iPhone」の無効にするをクリックすると以下のポップアップが表示されます。以下の説明を読み、問題なければ無効にするをクリックします。

無効にすると、「Yahoo!乗換案内 for iPhone」上でのYahoo! Japan IDを活用した機能等が利用できなくなる場合があります。
Yahoo!が提供する各サービスのデータ利用の停止画面02 Yahoo!が提供する各サービスのデータ利用の停止画面03

わたしがYahoo! JAPAN IDで連携しているサービスは、上記のものしかありませんが、もっと多くのサービスを使っている人もいると思います。

Yahoo! JAPANのサービス・アプリを普段使いしている人は、ログインなどができなくなる場合もあるため、無効にしない方が良いと思います。

Yahoo!スコアを無効化しないと危険?

「Yahoo!に格付けされるってやばくない?」
「Yahoo!って前に個人情報流出してるよね?」

Yahoo! Japanに格付けされることに嫌悪感があるかどうかはおいといて、前述した通り多くのユーザー情報は今後スコア化されていくと思います。

すでに、個人がスコア化された信用情報は存在しますし、決済会社も独自のユーザースコアを持っています。そのため、そこまで騒ぐことではないと思います。

ただ、Yahoo! Japanは過去に個人情報流出をしているため、心配だという人もいるでしょう。また、多くのパートナー企業にYahoo!スコアが渡るから流出が心配だという人もいるでしょう。

おそらく、パートナー企業が使えるのはスコア化されたデータだけで、生の個人情報を見ることはできないはずです。そのため、パートナー企業が情報流出する場合は、運営するサービスで取得された個人情報とそれにひもづくYahoo!スコアの情報ということになります。

そもそも、WEBサービスで流出する個人情報で受ける被害はそれほど大きくはありません。1番注意すべきは「クレジットカード情報」なので、WEBサービスを使う際はなるべくペイパルで代用しましょう。

メインの個人情報は、組み合わせによって迷惑を被るリスクがあります。「名前と重要なメールアドレス」「名前と住所」「名前と電話番号」などですね。その他にも資産情報や病歴などはありますが、そもそもWEBサービスにそのような情報を預けることはほぼないですね(年収はありますが)。

以下のような議論もありますが、今香港の事例を出されても……という気はします。個人的には、言われているほど気にする必要はないと思っていますが、どうなんでしょう。

Yahoo!スコアで議論白熱、信用スコアはユーザー行動を「ハイスコア取るゲーム化」させ、歪める懸念も – 弁護士ドットコム

Yahoo!スコアがデフォルトでオフに変更

2019年9月9日に、Yahoo!スコアについて速報が出ました。

上記で説明した通り、Yahoo!スコアはデフォルトでオンになっており、自らオフにしない限りスコア算出されて、企業に提供されるものでしたが、デフォルトでオフ設定に変更されました。

Yahoo!スコアについて批判を受けたYahoo! Japanは、「プライバシーに関するアドバイザリーボード」を設置して協議を重ね、今回の決定に至ったようです。

プライバシーに関するアドバイザリーボード – Yahoo! JAPANプライバシーセンター

ちなみに、Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社は、2019年10月1日から「Zホールディングス株式会社」に変更し、新会社として「ヤフー株式会社」を作った組織編成をします。

Zホールディングス株式会社

ヤフーが「Zホールディングス」に社名変更 10月に持ち株会社体制に – ITmedia ビジネスオンライン

どちらにしろ、このタイミングで仕切り直しができるため、ベターな選択だったのではないかと思います。