世界最初・日本最初のサイトは?世界のWEBサイト数と年推移

世界のWEBサイト数

世界のWEBサイト数は16億8000万!

現在、世界にはいくつのWEBサイトがあるかわかりますか。

その数を調べるのはとても簡単です。以下のサイトを見ると、リアルタイム(ではないと思いますが)で数字がカウントアップされています。

2019年5月現在の数字は「1,684,931,806」、つまり16億8400万件以上のWEBサイトが存在しています。

Total number of websites in real time Internet Live Stats

Total number of websites in real time – Internet Live Stats

WEBサイト数の推移

では、世界のWEBサイト数は、これまでどのように推移してきたのでしょうか。

以下は、2000年以降のWEBサイトの累計数を表したグラフですが、WEBサイトは年々放物線を描くように増加しています。とくに2016年から2017年は、一気に7億サイトも増えています。

Total number of Websites – Internet Live Stats

さらに以下は、最初のWEBサイトが誕生した1991年からの「WEBサイト数」「WEBサイトの増加率」「ネットユーザー数」「U@Webサイト」の変遷です。「U@Webサイト」は、WEBサイトあたりのネットユーザー数です。

いくつかWEBサイト増加率がマイナスの箇所がありますが、WEBサイト総数が減るとは考えにくいため、おそらく検索アルゴリズムのアップデートなどで、Googleのインデックスから削除されたのではないかと思います。

WEBサイト数 増加率 ネットユーザー数 U@Webサイト
1991年 1      
1992年 10 900%    
1993年 130 1200% 14,161,570 935
1994年 2,738 2006% 25,454,590 9,297
1995年 23,500 758% 44,838,900 1,908
1996年 257,601 996% 77,433,860 301
1997年 1,117,255 334% 120,758,310 108
1998年 2,410,067 116% 188,023,930 78
1999年 3,177,453 32% 280,866,670 88
2000年 17,087,182 438% 413,425,190 24
2001年 29,254,370 71% 500,609,240 17
2002年 38,760,373 32% 662,663,600 17
2003年 40,912,332 6% 778,555,680 19
2004年 51,611,646 26% 910,060,180 18
2005年 64,780,617 26% 1,027,580,990 16
2006年 85,507,314 32% 1,160,335,280 13.6
2007年 121,892,559 43% 1,373,327,790 11.3
2008年 172,338,726 41% 1,571,601,630 9.1
2009年 238,027,855 38% 1,766,206,240 7.4
2010年 206,956,723 -13% 2,045,865,660 9.9
2011年 346,004,403 67% 2,282,955,130 6.6
2012年 697,089,489 101% 2,518,453,530 3.6
2013年 672,985,183 -3% 2,756,198,420 4.1
2014年 968,882,453 44% 2,925,249,355 3
2015年 863,105,652 -11% 3,185,996,155 3.7
2016年 1,045,534,808 21%    
2017年 1,766,926,408 69%    
2018年 1,630,322,579 -8%    

Total number of Websites – Internet Live Statsの表を改変

世界初のWEBサイト、日本発のWEBサイト

世界初のWEBサイトは?

世界初のWEBサイトは、1991年8月6日に誕生した「The World Wide Web project」です。

「The World Wide Web project」は、スイスにある欧州原子核研究機構(CERN)の施設内で、イギリスの物理学者のティム・バーナーズ・リー( Timothy “Tim” John Berners-Lee)が考案し、実装・開発されました。

なお、当時の「The World Wide Web project」は残っておらず、現在は復刻版が公開されています。

The World Wide Web project

The World Wide Web project

日本発のWEBサイトは?

日本で最初のWEBサイトは、1992年9月30日に誕生した「KEK Information」です。

茨城県つくば市にある文部省高エネルギー加速器研究機構計算科学センターの森田洋平博士が、発表(発信)しまた。

日本最初のホームページ

日本最初のホームページ

「KEK Information」は、「The World Wide Web project」の翌年にできたWEBサイトなので、先ほどのWEBサイト数の推移表を見る限り、世界で10番以内にできたWEBサイトになります。

世界に影響を与えたWEBサイト(WEBサービス)の登場はいつ?

なお、1991年からこの30年の間に、世界に影響を与えたWEBサイトやWEBサービスがいくつも生まれています。

今も世界に影響を与え続けているWEBサイトやWEBサービスは、WEB創生の比較的早い時期に生まれていることがわかります。一方、ここ数年は革新的なサービスが生まれていません。

1991|World Wide Web
1992|
1993|
1994|Yahoo
1995|Altavista(アメリカの検索エンジン)、Amazon、AuctionWeb(eBayの前身)
1996|
1997|Yandex(ロシアの検索エンジン)、Netflix(WEBサイトでのDVDレンタルサービスからスタート)
1998|Google
1999|PayPal
2000|Baidu(中国の検索エンジン)
2001|Wikipedia
2002|
2003|WordPress、LinkedIn(ビジネスSNS)
2004|Thefacebook(Facebookの前身)、Flickr(写真共有のコミュニティサイト)
2005|YouTube、Reddit(アメリカ最大の掲示板サイト)
2006|Twttr(Twitterの前身)
2007|Tumblr(マイクロブログサービス)
2008|Dropbox
2009|
2010|Pinterest、Instagram
2011|
2012|
2013|
2014|
2015|
2016|
2017|
2018|

世界を変えるWEBサイト・サービスとは

こうしてWEBサイト数の推移や変遷などを追うと、わたしが初めてWEBサイトに触れたことやさまざまなWEBサイト(WEBサービス)が登場してきた流れを思い出します。

わたしがWEB関係の仕事を始めた2002年は、日本では2チャンネルや侍魂などが、その界隈で賑わっていました。どちらも今でも残っているレジェンドサイトです。

また、同じころ日本のパソコン雑誌でGoogleが多く取り上げられるようになりましたが、Yahooと違ってシンプルな検索窓しかない画面を見て、「まぁ、すぐになくなるだろう。」と思った記憶があります。

TwitterやDropbox、インスタグラムなどが出てきたころも、Tech系のニュースを見て「あー、またなんか新しいサービスでてきたな。」ぐらいにしか思っていませんでした。

何が世界を変えるきっかけになるかわかりませんね。今後も面白いサービスに期待しましょう。