Twitterリストの作り方・使い方まとめ-追加・修正・削除の仕方は

Twitterリストの作り方・使い方まとめ-追加・修正・削除の仕方は

Twitterのリスト機能とは

Twitterは匿名性でお手軽な分、ちょっと面白いツイートを見つけただけですぐにユーザーをフォローしてしまいます。

ただ、流れてくる情報はほとんどが必要のない情報ばかりなので、Facebookやインスタグラムよりもタイムラインの流れが早く、本当にチェックしたい情報や友達のツイートをつい見逃すことが少なくありません。

そんなときに活用したいのが、Twitterのリスト機能です。

Twitterのリスト機能とは、ユーザーをリストに登録して、通常のタイムラインとは別のタイムラインを表示できる機能のことです。

リストはいくつも作ることができるため、さまざまなテーマやつながりをもとにリストを作っておけば、必要な情報や大切なツイートを見逃すことは減るはずです。

そこで今回は、Twitterのリストの作り方、またリストの削除やユーザーの追加など便利な使い方に関してお話したいと思います。

Twitterのリストの作り方

以下は、Twitterの公式スマホアプリからのリストの作り方です。

リストの画面を開く

Twitterにログインし、メニューから「リスト」を選択して、リストの画面を開きます。

Twitter-メニューからリストを選択

「登録している」に表示されるのは自分が作成したリスト、「追加されている」に表示されるのは他の人が作成してあなたを追加したリストです。画面右下の「新しいリストを作成」アイコンをクリックすると、「リストを作成」画面に移動します。

Twitter-リスト一覧画面

新しいリストを作成する

リストの作成には、名前(リスト名)が必要です。また、任意でリストの説明を入力し、リストを公開するか非公開にするかを選択したら、「完了」を押してください。

Twitter-リストを作成画面

リストにユーザーを追加する

この時点では、まだ空のリストができただけです。

次に、リストにユーザーを追加するため、@ユーザー名か名前で検索をしてください。検索で表示されたユーザーをタップすると、リストに追加できます。ユーザーを追加しおわったら、「完了」をタップして下さい。

Twitter-リストに含めるユーザーを検索

リストのタイムラインを表示する

これで新しいリストを作る事ができました。

Twitter-新しく作ったリスト

作ったリストのタイムラインを見たい場合は、上部の「ツイート」をタップしてください。以下のようにタイムラインが表示されます。

Twitter-リストのタイムライン

Twitterのリストの編集、削除、ユーザーの削除の方法

作成したリストの削除や編集をしたり、リストのユーザーを追加・削除したい場合は、まずリストの詳細画面を開きます。右上にある「編集」を押しましょう。

Twitter-リストの編集リンク

リストの削除や編集する

「リストを編集」する画面が表示されるので、リストの名前や詳細、また公開・非公開を選択して「完了」をタップしてください。

Twitter-リストの編集

リストを削除する

リスト自体を削除したい場合は、赤文字の「リストを削除」をタップしてください。

Twitter-リストを削除01

続けて表示される赤文字の「リストを削除」をタップすると、リストが削除されます。

Twitter-リストを削除02

ユーザーを追加・削除する

「リストを編集」から追加・削除する

ユーザーを追加・削除したい場合は、「リストを編集」画面にある「ユーザーの管理」をタップしてください。

Twitter-リストからユーザーを追加・削除01

ユーザーを追加する場合は、最初にリストにユーザーを追加したときと同じように、@ユーザー名か名前で検索して追加します。ユーザーを削除したい場合は、ユーザー名の右側にある×ボタンをタップしてください。1回タップするだけで削除されるため、注意して操作してください。

Twitter-リストからユーザーを追加・削除02

ユーザープロフィールから追加・削除する

ユーザーのプロフィールページからリストに追加することも可能です。ただしリストの追加は、すでに作成したリストのみです。右上にある「・・・」から、「リストへ追加または削除」をタップします。

Twitter-リストからユーザーを追加・削除03

チェックが付いているリストは、選択したユーザーが含まれているリストです。削除したい場合は、チェックが付いたリストをタップすると選択が解除されます。

Twitter-リストからユーザーを追加・削除04

ユーザーをリストに追加したい場合は、チェックが付いていないリストをタップして「完了」を押せばリストに追加できます。

Twitterリストに関する疑問

他のユーザーが作ったリストも閲覧できる?

他のユーザーが作ったリストを閲覧したい場合は、ユーザーのプロフィール画面に移動し、「・・・」から、「リストを表示」をタップします。以下はカルビーの公式ツイッターアカウントです。

他のユーザーが作ったリストの閲覧01

カルビーは、公式Twitterアカウントで独自のリストを作成していないため、「登録している」には何も表示されません。

他のユーザーが作ったリストの閲覧02

一方、カルビーをリストに登録しているTwitterユーザーは何人もいます。そのため、「追加されている」をタップすると多くのリストが表示されます。

他のユーザーが作ったリストの閲覧03

リストは検索できる?

公式サイトでも、公式アプリでも、他のユーザーが作ったリストを検索することはできません。リストが見たい場合は、ユーザーのプロフィール移動して確認するしか方法はありません。

リストを非公開にすると通知されない?

公開リストの場合は、ユーザーをリストに追加するとそのユーザーに通知され、「追加されている」にも表示されます。

Twitter-リストに登録したユーザーへの通知

一方、非公開リストを作ってユーザーをリストに追加した場合は、そのユーザーに通知はされませんし、「追加されている」にも表示されません。

非公開リストを公開リストにすると通知される?

非公開リストを途中で公開リストに変更すると、登録されているユーザーに対して一斉に通知が届いてしまいます。もちろん、公開リストを非公開リストに変えても、一度届いた通知は消えません。

Twitterリストの賢い使い方

リストは、フォローしていないユーザーでも追加可能です。

また、非公開リストにすれば、相手はリストに追加したことがわからないため、「フォローするほどではないけど、なんとなく気になる……。」というアカウントをチェックすることもできます。

ただ、ちょっとストーカーっぽいですね……。というかやっている人は少なくなさそうな気が……。

リストのもっとも賢い使い方は、ジャンルやカテゴリ毎にリスト化しておくことです。そうすることで、必要な情報を必要なときに見ることができ、なおかつ見落としもこれまでよりは少なくなるはずです。

Twitterユーザーは、「野球好きクラスタ」「ネコ好きクラスタ」など趣味趣向などでクラスタ分けをして、クラスタごとにリストを作っている人も多くいます。

わたしの場合は、中学のときの友達、高校のときの友達、大学のときの友達、社会人の友達など、仲の良いTwitterアカウントをリスト化して管理しています。友達で一括りにすると話がずれてしまいますし、それぞれのクラスタで盛り上がる話題は見逃したくないので助かっています。

まだTwitterのリストを作っていない人は、一度作って活用してみてください。