日本のブログ数は?稼働率たった18%!8億記事が読まれてない

日本国内で稼働ブログ

日本国内のブログ数はいくつ?

現在の日本のブログ数ってどれ位あるかわかりますか?

調べてみると、総務省が行なっている2008年の調査が最新だということがわかります。

サーチーズ:ブログ総数表2008年

これを見て、現在と比較したい人は必ずいるはずです。なぜなら、ブログの全盛期はちょうど調査と同じ2008年頃。今はSNSの方が浸透しています。

どれだけアクティブなブログが減っているんだろう?
SNSがブログにどのような影響を及ぼしているんだろう?

そのようなデータは探してもないので、ここから何かを読み取ってみます。

日本のアクティブなブログはたった18%!

前述した通り、2008年に公開が確認されているブログ総数が1690万件で、アクティブなブログが308万件なので、その割合は約18%です。

つまり、日本のブログの82%が稼働していないということです。

一方、記事でいうと約42%がアクティブではないとカウントされています。3日坊主が多いんだろうな、と予測できますね。

アクティブではないブログの総記事数が7.79億なので、ブログ単位で平均すると読まれていない記事が約56記事あることになります。

56記事を投稿するのはとても手間です。のべ1300万人の人達が56記事ずつ書いたところで、「やーめた。」と投げ出していることを考えると、とてももったいなく感じます。

逆に、アクティブにブログを続けている人(アフィリエイターなど)にとっては、「使っていないんだったら、お金を払ってでもコンテンツを買い取りたい。」という思いもあるかもしれません。

ただ、どちらにしても2008年の数字なんですが。

あなたのブログの金額は?

では今、あなたが一生懸命書いているブログの価値はいったいどれ位なんでしょうか。

ある程度のアクセス数を持っているなら、一度査定してみてはいかがでしょう。うまくハマれば、サイトの売上がなくても良い金額で売れるかもしれません。

これはサイトなどを売買するためのサービスです。

サイトM&A
サイトストック
サイトキャッチャー
サイトレード

サイト売買系サービスは、出ては消えが激しいので、上記あたりを押さえておくだけで良いと思います。

あなたのブログの相対価値は?

また、明確な金額だと業者の思惑が入ってくるので、その他の評価基準による価値を知りたいという人は、以下を参考にしてみてください。

サイトやブログの価値を調べる10の指標とツール

Google PageRank(ページランク)
Alexa Traffic Rank
被リンク
被ソーシャルブックマーク数
RSSフィード購読者数
Technorati Rank、Technorati Authority
Web Scouter(Webスカウター)
BlogScouter(ブログスカウター)
feed meter(フィードメーター)
サイトストック Webサイトオンライン査定

こういった指標を知ることで、自分が運営しているブログが相対的にどの位の価値があるかがわかります。

今後ブログはオウンドメディアとして企業価値を高める

2008年はアメブロがガンガン盛り上がっていて、その中で企業ブログ(のようなもの)も流行っていました。

企業ブログは、現在のオウンドメディアの走りですね。

恐らく稼働している個人のブログは、当時よりもさらに減っているでしょう。さすがに目的を持っていないと、日記を書き続けるモチベーションは上がりません。

企業ブログも同様です。ただ単純に商品やサービスの情報を書いたり、ネタがなくて間を埋めるように社内の様子を写真で見せたりなどして、1か月で1万PV……という状況では長くは続きません。

企業ブログは、さまざまな目的を設定して、業務とともに目標を達成していかなければいけません。

そのためには、構造的な作り、コンテンツの質を意識したライティング、KPIの設定や投稿ルールなど、いわゆるオウンドメディアとして企業価値を高める運用を意識する必要があります。