RSSリーダーFeedlyの設定方法とサイト登録など使い方の詳細

Feedly

情報収集にRSSリーダーを使いこなす

あなたは、自分の業界に関する最新情報や気になる情報をどうやって収集していますか。

ブログやニュースサイトをお気に入りに入れて、毎日巡回している人は割といるでしょう。でも、もっと効率的な方法は、RSSリーダーを使うことです。

RSSとは

RSSとは、「Rich Site Summary(リッチ・サイト・サマリー)」の略で、直接サイトを開かなくても、RSSの情報を取得すれば更新されたかどうかが分かるという仕組みです。

ほとんどのブログやニュースサイトで(意識することなく)導入されています。このRSSの情報を取得するツールが「RSSリーダー」です。

RSSリーダーを上手く使えば、朝のちょっとした時間に最新のニュースを確認したり、お気に入りのブログの新着記事を確認できたり、過去に遡って記事を探すこともできます。

RSSリーダーもいくつか種類がありますが、私も利用しているFeedlyというサービスを押さえておけば大丈夫でしょう。

今回は、RSSリーダー「Feedly(フィードリー)」の登録方法、設定方法、そして実際の使い方を説明したいと思います。

Feedlyのアカウント設定方法

早速、Feedlyを設定してみます。

Feedly公式サイトにアクセスする

feedly_03

Feedlyは会員登録が必要ですが、Google、Twitter、Facebook、Microsoftのどれかのアカウントがあれば簡単に登録できます。

Feedlyにログインする

feedly_04

まずは、Feedlyの画面を開いて、右上にある「Login(ログイン)」ボタンを押しましょう。

SNSアカウントで新規登録する

feedly_05

Google、Twitter、Facebook、Microsoftのうち、アカウントを持っているサービスのボタンを押して下さい。どのアカウントも持ってない場合は、いずれかのアカウントを作成してください。

Googleアカウント作成
Twitterアカウント作成
Facebookアカウント作成

Facebookで認証する

feedly_06

例えば、FacebookのアカウントでFeedlyのアカウントを作成してみます。すると、このような認証画面が表示されます。Google、Twitter、Microsoftでも同じように認証画面が表示されます。

feedly_07

はい(OK)を押しましょう。FeedlyがFacebookの情報を要求しますが、Feedly内で使う情報として要求しているだけで、Feedlyが勝手にFacebookに投稿することはありません。

Feeldyアカウント作成完了

feedly_08

これでFeedlyのアカウントが作成されました。簡単だったでしょ。ただし、まだFeedlyのアカウントを作成しただけです。

次はWEBサイトやブログのRSSをFeedlyに登録して、RSS更新情報を常に取得できるようにしましょう。

Feedlyにサイトを登録する

登録したいサイトのURLをコピーする

feedly_09

まず、登録したいサイトのURLをコピーします。今回はこのサイト「わかること!」をFeedlyに登録してみましょう。

https://wakarukoto.com/

FeedlyにコピーしたURLを登録する

feedly_10

Feedlyの画面を開いて、左メニュー内の「Add Content」ボタンをクリックします。

feedly_11

ここに先ほどコピーしたURL「https://wakarukoto.com/」を貼り付けましょう。サイトのタイトルを検索しても表示される場合があります。

feedly_12

このようにサイトのタイトルが表示されます。クリックしてみましょう。すると、

feedly_13

無事に「わかること!」のコンテンツが表示されましたね。

RSSの登録完了

feedly_14

表示されただけでは、まだFeedlyに登録はされていません。登録するには、画面上にある「FOLLOW(+feeldy)」ボタンを押します。

feedly_15

すると、左側にタイトルやカテゴリーなどを選択して登録できるフォームが出現します。

通常、タイトルはこのままで良いのですが、カテゴリーを登録しておけば、様々なジャンルのサイトをたくさん登録しても効率的に探すことができます。

feedly_16

Addボタンを押してサイトのRSSの登録は完了です。

さらに他のサイトをFeedlyに登録する場合

feedly_17

「Add Content」をクリックすると、先ほどと同じ画面が開くので、購読したいサイトを同様の方法で追加できます。

feedly_18

例えば、検索窓に「日本経済新聞」と打ち込むと、このように関連するサイトがズラリと出てきます。直接登録もできるので、色々と購読したいサイトを探してみてください。

RSS対応のサイト・ブログをまとめたリンク集

「サイトの登録方法は理解できたけど、特に見たいブログやサイトが思いつかないなー。」という人のために、RSS対応のおすすめサイトをまとめたページのリンクを紹介します。

厳選! RSS配信に対応するサイト集 – RSSリーダーで購読できるサイトのリンク集
絶対RSS登録すべきブログ・ニュースサイトまとめ – NAVER まとめ
RSSリスティング – 人気サイト&ブログのRSS一覧
私がRSSリーダーで購読しているブログ・ニュースサイト – 株式会社参謀本部の社長ブログ

購読したいサイトがRSS対応かわからない場合は、URLをコピーして、上記FeedlyのRSS登録手順に従って、登録を試してみてください。もちろん、「わかること!」の登録もお忘れなく。

Feedlyでわかること!を登録

Feedlyを活用して時間を短縮しよう

Feedlyを使用することで、最新記事だけを閲覧できたり、記事の既読確認ができるため、時間の短縮になります。

ちなみに、私はパソコンではFeedlyのPC版サイトを閲覧し、スマホでは対応するRSSリーダーアプリを使用しています。

Chromeユーザーは注意!

Chromeユーザーは1つ注意です。Chromeで「LinkOpenNewTab」というChrome拡張を使っている場合、Feedlyのログインができない場合があります。

Feedlyにログインするときだけ、「LinkOpenNewTab」を無効にしてください。一度Feedlyにログインしてしまえば、「LinkOpenNewTab」は有効にしたままで大丈夫です。

LinkOpenNewTabはこちらを参考に。

Chromed Tour Ex: タブブラウジングを快適に LinkOpenNewTab