Googleドライブでサービス毎の空き容量の確認、容量を増やす方法

Googleドライブの空き容量確認方法と増やす方法

Googleドライブとは

Googleドライブとは、Googleが提供するオンラインストレージのことです。こちら「Googleドライブ」からアクセスして、写真、動画、テキストファイル、圧縮ファイルなどさまざまなファイルを保存することができます。

Googleドライブは無料で15GBまで使用できますが、これはGoogleドライブ単体の容量ではなく、Googleドライブ(Googleドキュメント)、Gmail、Googleフォトを合わせた容量になります。

それ以上のストレージ容量が必要な場合は、アップグレードとして100GB、200GB、2TB、10TB、10TB、20TB、30TBの有料プランがあります。

また、Googleドライブは、Googleアカウントでログインして利用するため、PC、タブレット、スマホなどアクセス端末が変わっても同じ環境で使えるだけでなく、他のユーザーに対してGoogleドライブ内ファイルやフォルダの閲覧権限や編集権限を付与することもできます。

このあたりは他のオンラインストレージも同じような機能を提供していますが、やはり普段から利用するオンラインツールに一連の連携機能があるのは大きな強みになりますね。

Googleドライブの空き容量を確認する方法

Googleのオンラインストレージを使っていて気になるのが、空き容量です。

15GBの容量は決して少なくはないのですが、容量の大きな写真や動画をGoogleフォトで管理していると、空き容量が心配になります。

たとえばPCのGmailを見ると、フッターに全体の空き容量が表示されていますが、これだけではどのツールでどれくらいの容量を使用しているのかがわかりません。

Gmail-Googleドライブの容量確認

そこで、Googleのサービス毎の空き容量を確認しましょう。

Googleアカウントにログインした状態で、Google Oneにアクセスしてください。

Google Oneとは、Googleドライブ、Gmail、Googleフォト共通のストレージを追加で定期購入できるサブスクリプションサービスのことです。

Googleドライブの使用容量を確認する方法03

わたしは無料の15GBでは足りなかったため、100GBまで容量を増やしています。

Googleドライブの空き容量を増やす方法

Googleドライブの空き容量を増やすためには、使用容量を減らすか、アップグレードするかのどちらかです。

各サービスの使用量を減らす

ストレージを共有しているGoogleドライブ、Gmail、Googleフォトの3つで、不要なファイルを削除し空き容量を増やします。

また、この時に削除されたアイテムはゴミ箱に移動しますが、ゴミ箱も保存容量を使用するためゴミ箱からも完全に削除します。ゴミ箱からも削除されたアイテムは復元できなくなるので注意して下さい。

Googleフォトを見直す

まず、もっとも効果が高いのはGoogleフォトに保存した写真を見直すことです。iPhoneやMacを使っていて同期する設定をしている人もいるでしょう。するといつの間にか、不必要な写真が保存されていたりします。

また、アップロード時の写真サイズも見直しましょう。たとえば、元のサイズから高画質に変更するだけで、写真1枚の容量がかなり減ります。ここはこだわりを持っている人もいるため、確認してみるしかないですね。

Gmailを見直す

「たかがメールでしょ?」と思うなかれ、Gmailは意外と容量を削減できます。

たとえば、3年前の添付メールはまだ必要ですか?読んでいないメルマガがずっと溜まっていないですか?

今回わたしもGmailを整理したところ、1GB減らすことができました。写真を選定するよりずっと楽なので、すぐに見直してみてください。

Googleドライブを見直す

主にドキュメントやPDFが保存されているので、それほどの容量は使っていませんが、まとめて消すことである程度の容量削減には貢献します。

有料でストレージの最大容量を増やす

オンラインストレージの最大容量を増やす場合にかかる料金は、以下の通りです。

容量月額年額
15GB無料無料
100GB250円2500円
200GB380円3800円
2TB1300円13000円
10TB13000円-円
20TB26000円-円
30TB39000円-円

Google Oneの容量確認画面で保存容量を追加を選択して、どれだけ最大容量を増やすか検討してください。

わたしは100GBプランを4年ほど使っていますが、次の200GBにアップグレードするかどうかの検討には後4-5年はかかりそうです。

Googleドライブの使用容量を確認する方法03

必要だと感じたプランを選択してください。同意するをタップしましょう。

Googleドライブのアップグレード01

Googleアカウントで支払情報を登録していなければ、ここで登録します。クレジットカードの場合はカード追加、プリペイドカードの場合はコードを利用をタップします。

Googleドライブのアップグレード02

クレジットカード情報などを追加したあと、決済に同意すればサブスクリプションでの決済がスタートします。

Googleドライブのアップグレード03

有料プランは手間と時間効率で考えよう

「写真や動画を保存しても、15GBなんてまったく使わなそうなんだけど。」という人は、おそらく、スマホで撮影した写真や動画を保存しているのではないかと思います。

たとえば、「運動会で子供の写真を高画質で残したい!」と一眼レフなどで撮影すると、簡単に数百メガのサイズになってしまいます。わたしもそれが原因で100GBにしました。

以前はこまめにサービスを見直したり、容量を節約する努力をしていましたが、それにかかる時間と2500円/年(月額だと250円)を天秤にかけたところ、「とりあえず、なんでもGoogleドライブにつっこんじゃえ!」という結論に至りました。

と言っても、いきなり有料プランにする必要はないと思います。

まずは、1度無駄を見直してみて、空き容量があまり増えないようであれば、Googleドライブのアップグレードを検討してみてください。