LINEの既読タイミングとiPhone、Android、PCで既読をつけない方法

LINEで既読を付けないでメッセージを読む方法

LINEアプリの特徴である未読・既読機能

LINEアプリの特徴の1つに、「既読」機能があります。

会話相手がメッセージを読んだのか、読んでいないのかがわかる便利な機能ですが、この既読機能に不満を感じる人もいるでしょう。

そもそもLINEの既読とは

LINEの既読機能とは、自分が送信したメッセージに対して、相手がそのメッセージを読んだかどうかを教えてくれる機能のことです。

LINEの既読機能は、東日本大震災において、家族や友達に安否確認のメールを送っても返信がなく、不安を抱いた人が多かったことがきっかけで誕生しました。

「せめて向こうが確認できたかどうかを知りたい!」という思いから生まれた機能だというわけです。とは言え、普段の生活では時々この機能を邪魔に感じることもあります。

「送ったメッセージに”既読”がついたのに相手から返信が来ない!」
「もらったメッセージを”既読”にしたので、すぐに返信しないと……。」

など、LINEの既読未読に振り回されている人もいるでしょう。

そこで今回は、LINEで既読がつくタイミング、またiPhoneアプリ、Androidアプリ、パソコン(デスクトップアプリ)で既読をつけずにメッセージを読む裏技をご紹介します。

LINEで既読がつくタイミング

LINEの既読は、いつどのタイミングでつくのでしょうか。

メッセージが受信され、通知画面に表示した段階では、既読はつきません。

相手がトークルーム(チャットをやりとりする画面)を開いたタイミングで、自分の端末で既読となります

LINEのヘルプセンターによると、一部Android端末では通知を受け取った時点で「既読」と判断されることもあるので注意

では「既読」をつけずに、メッセージを読む方法はあるのでしょうか?

具体的な方法を6つご紹介します!

LINE既読をつけない方法1.トーク一覧で確認する(iPhoneアプリ/Androidアプリ)

LINE既読をつけない一番簡単な方法は、以下のトーク一覧の画面でメッセージを確認することです。メッセージを全て読むことはできませんが、メッセージの最初の部分は確認できます。

ただし、確認できるのは各トークルームの最新1通だけで、スタンプや画像が送られた場合は確認できません。

トーク一覧で確認する

LINE既読をつけない方法2.通知ポップアップで確認する(Androidアプリ)

通知ポップアップで確認する方法はAndroid限定ですが、送られたメッセージの全文とスタンプを「既読」をつけずに確認きます。また、過去の複数の未読メッセージも確認可能です。

通知ポップアップで確認する(Android)

通知ポップアップの設定方法

やり方は、まずLINEアプリの設定画面を開きます。「設定画面 > 通知設定」と移動して、通知ポップアップの「画面OFF時」の設定を「シンプル」から「フル」に変更します。

通知設定の変更
通知ポップアップを「シンプル」から「フル」に変更

ただし、通知ポップアップでメッセージ全文が確認できるため、スマホを置きっぱなしにすると他人にも見られてしまう可能性があります。見られたらヤバイメッセージが来る人は十分注意してください……。

LINE既読をつけない方法3.通知センターで確認する(iPhoneアプリ)

iPhoneでは、Androidのように通知ポップアップでメッセージの確認はできませんが、通知センターで確認することができます。

通知センターは、画面ヘッダー部を下にフリックすると出てきます。ただし、通知センターでもメッセージの全文は確認できませんし、スタンプや画像も確認できません

通知センターで確認する(iPhone)01
通知センターで確認する(iPhone)02

通知センターの設定方法

通知センターに表示されない人は、iPhone本体の設定を確認してください。iPhone本体の設定を開きます。「設定 > 通知 > LINE」と移動し、「通知センター」にチェックを入れてください。

LINE 通知センターの設定

LINE既読をつけない方法4.機内モードで確認する(iPhoneアプリ/Androidアプリ)

「iPhoneでも全文確認したい!相手に既読をつけたくない!」という人は、少し面倒ですが機内モードにしてメッセージを読む方法があります。

機内モードとは、電話、Wi-Fi、Bluetooth、GPSなどの電波を遮断する機能のことです。機内モードをオンにすると通信がストップするため、メッセージを確認しても、相手に既読が伝わりません。

以下、iPhoneで説明しますが、Androidも同様の手順でメッセージを読むことができます。

LINEアプリをバックグラウンドから削除

ホームボタンを2回押して、LINEアプリが起動していないか確認しましょう。LINEアプリが起動していたら、画面をフリックして消します。

LINEをバックグラウンドから削除

設定で機内モードをオンにする

画面を下から上へフリックし、設定画面を出します。飛行機のマークをタップして、機内モードをオンにしてください(iPhoneのバージョンによって配置は変わる可能性があります)。

機内モードで確認する(iPhone/Android)

ホームに戻り、画面上の電波マークの部分が飛行機マークになっていれば機内モードが設定されています。

LINEアプリを開いてトークルームでメッセージを読む

LINEアプリを開いて、トークルームでメッセージもスタンプも確認できます。画像は、トークルームに送られた小さいサイズであれば確認できます。

画像を拡大したり、動画を見るためには機内モードをオフにしなければいけないため、既読をつけたくないならやめておきましょう。

LINEアプリをバックグラウンドから削除する

既読をつけずにメッセージを読んだら、機内モードをオフにする前に、LINEアプリをバックグラウンドから削除します。

この手順が一番大切です!機内モードで読んだから、はい安心というわけではありません。単純にLINEアプリを閉じてすぐに機内モードをオフにすると、相手に「既読」がつきます

大切なので繰り返しますが、LINEアプリを開いていなくても「既読」になります。機内モードを解除する前に、バックグラウンドから削除してください。

また、次にLINEアプリ開くと、その瞬間に「既読」がつくことも注意点です。たとえば別の人のメッセージに返信しようとしてLINEアプリ開いただけで「既読」になります。

LINE既読をつけない方法5.既読がつかないアプリを使う(Androidアプリ)

Android限定ですが、既読をつけないでメッセージを読むことができるアプリがあります。

ちらみ~既読をつけないでメッセージやメールが読めるアプリ

既読がつかないアプリを使う(Android)

このアプリを使えば、通知センターに届いたメッセージを保存することで、LINEアプリを開かずにメッセージを確認できます。ただし、画像は確認できません。

LINEだけでなく、カカオトーク、Facebook、Commなど、その他のメッセンジャーアプリも同様に確認できるので、Androidの人は試してみてください。他にも、以下のAndroidアプリがあります。

既読回避アプリ のぞきみ 写真、メッセージ、スタンプもきどくつけずに読むアプリ
無既読 – 既読をつけずに読める既読回避アプリ – 画像・スタンプ対応

パソコンで既読をつけずに読む方法

パソコンでLINEをする人も多いと思いますが、パソコンでもメッセージに既読をつけない方法がいくつかあります。

トーク一覧画面で確認する

iPhone/AndroidのLINEアプリ同様、パソコンでもトーク一覧画面を見るだけなら、既読をつけないでメッセージを確認することができます。

パソコンで既読をつけずに読む方法

トークルームを開き、別の作業をしながら確認する

これは、対象のトーク画面を立ち上げた瞬間に既読になるので注意が必要です。

スマホだと注意していても、パソコンだと対象のトーク画面をすぐに立ち上げてしまう人がいます。ちょっとした注意で既読をつけずにメッセージを確認できるので、パソコンの人はこちらも試してみてください。

LINE既読の意味を理解してLINEを楽しもう

最近では、友達同士(仲間内)での既読無視がいじめにつながるなど、社会問題になっていますね。

KS(既読スルー)、未読スルーなどと新語まで誕生し、LINEの既読機能はやはり大きな関心毎のようです。

今回、既読をつけないでメッセージを読む方法を紹介しましたが、ぜひ、本来の既読機能の意味も理解してもらえればと思います。

既読スルー、未読スルーにイライラするのはやめて、メッセージンの返信待つ余裕を持って、LINEを楽しく使っていきましょう。

もちろん、LINE乗っ取りにも注意してください。乗っ取りに対して面白い対応をすることがLINE乗っ取り対策ではないので、間違えないよう。

LINE乗っ取りから、新手のコンボ詐欺も出てきたようです。真偽は不明ですが、こちらの詐欺の方がたちが悪いので十分に注意してください。