スマホからFacebook不正ログインを簡単に調べて削除する方法

読了目安:[3 分

Facebook不正ログインとは

GメールやLINEなど、いろいろなWEBサービスのアカウント乗っ取りが相次いでいます。

もちろんFacebookもそうです。

「Facebookは実名だから安全!」なんてことは一切ありません。むしろ、実名でビジネスツールとして活用されている方も多いと思いますので、他のWEBサービスより厄介かもしれません。

Facebookの不正ログインとは、あなたのFacebookIDとパスワードを使って、誰かが勝手にログインしてしまうことです。

不正ログインによる被害は、乗っ取り被害と全く同じです。

勝手にメッセージのやり取り

過去あなたが友達とやり取りしたメッセージを閲覧することも、さらに本人を偽ったやり取りをすることもできます。

勝手にFacebookページの運用

あなたが管理しているFacebookページの管理権限を他のアカウントに移譲することも、Insight情報を見ることも、ページ自体を削除することもできます。

勝手にFacebookアプリの運用

Facebookページ同様、管理情報の変更ができます。

勝手に支払い情報(クレジットカード)の使用

アカウントとクレジットカードを紐付けている場合、課金ができてしまいます。

などなど。

参考:
Facebookなりすましとは?すぐできるアカウント乗っ取り対策

そこで今回は、

・スマホからFacebookの不正ログインがあるかどうかを調べる方法
・現在進行中の不正ログイン状態を削除する方法

をご紹介します。

普段から不正ログインがないかをしっかり調べて、万が一を未然に防ぐようにしましょう。

Facebook不正ログインの調べ方と削除する方法

STEP:1
Facebookアプリを立ち上げ、メニューの「その他」をタップ。
その他をタップ


STEP:2
「設定」をタップ。
※現在は「アカウント設定」になっているとのこと。2015年7月現在
設定をタップ


STEP:3
「セキュリティ」をタップ。
セキュリティをタップ


STEP:4
「進行中のセッション」をタップ。
進行中のセッションをタップ


STEP:5
現在進行中のセッション一覧が表示されます。

デバイスまたは場所に覚えがない場合は、「×」をタップしセッションを削除しましょう。

※場所に関しては大まかなので、参考程度に思った方が良いかも。例えば下記の「kasukabe」はその一例かと思います。
セッションの削除

進行中のセッションとは?

進行中のセッションとは、ログインの履歴のようなものです。

ただしFacebookの場合は、一度ログインするとつなげっぱなしの人も多いと思います。

そのため、上記の確認方法によって、セッション=つながっている状態、が進行中のセッションに表示されます。

[セキュリティ設定]ページの[進行中のセッション]セクションには、最近のFacebookアカウントへのアクセスのリストが表示されます。それぞれのエントリには、サインイン時の日付と時刻、だいたいの場所のほか、あなたのアカウントへのアクセスに使用された機器タイプが含まれます。進行中のセッションを終了するためのオプションも表示されます。

参考:
進行中のセッションとは何ですか。 | Facebookヘルプセンター | Facebook

Facebookの不正ログインは毎日60万件以上!

現在、Facebookの不正ログインは毎日60万件以上だと推測されています(もっと多いかもしれません)。

フェイスブックが公式発表した数字によれば、同SNSでは毎日10億件以上のログインが行われている。そのうちの0.06%、すなわち60万件以上が、乗っ取られたアカウントによる不正ログインだという。

参考:
フェイスブックは、毎日60万件以上不正アクセスされている!(1/2) | ビジネスジャーナル

本日、紹介した「セッションの削除」は最低でも月1回程度は行うことをおすすめします。

また、不正だと思われるセッション履歴があった場合は、セッションの削除だけでなく、登録しているメールアドレスやパスワードの変更も行いましょう。

不正なアクセスだとFacebook側に認識された場合は、以下のようにアカウントロックされる場合もあります。

ロック解除は簡単なので焦る必要はありませんが、普段からセキュリティには気をつけましょう。

参考:
不正アクセスでFacebookアカウントロック…停止解除方法は?

この記事が参考になりましたら、Facebookページヘのいいね!もお願いします。

※本サイトは、Facebook社とは関係ございません。Facebookに関するご質問はFacebook社にお願い致します。

この記事を見た人はこんな記事も見ています!