死んだらどうなる?Facebook追悼アカウント申請か削除申請か

読了目安:[2 分

Faebook追悼アカウントとは

Facebookには追悼アカウントというものが存在します。

追悼アカウントとは、Facebookアカウントを保持したまま亡くなった方の家族や友達への配慮として、所定の手続きを行うことで、アカウントを追悼アカウントに変更することができます。

この、追悼アカウントを設定すると、Facebook上に表示されないようになります。また同時に、ログインができないようにアカウントが凍結されます。そうすることで、Facebookが個人のプライバシー保護に努めているようです。

詳しくはこちらをご覧ください。

Faebook追悼アカウントの主な機能

・Facebookでは、追悼アカウントへのログインを許可していません。
・追悼アカウントはいかなる場合も変更できません。これには、友達の追加や削除、写真の変更、そのユーザーが投稿したすべての既存のコンテンツの削除も含まれます。
・亡くなられた方のアカウントのプライバシー設定に応じて、友達は追悼タイムラインで思い出をシェアできます。
・誰でも亡くなられた方にプライベートなメッセージを送ることができます。
・亡くなられた方がシェアしていたコンテンツ(写真、投稿など)はFacebookに存続し、それをシェアしていたユーザーが引き続き見ることができます。
・追悼タイムラインは、[知り合いかも?]の提案や、誕生日のお知らせなどの公開スペースには表示されません。
・追悼アカウントのみが所有していたグループは、新しい管理人を選択できるようになりますが、FacebookページはFacebookから削除されます。

Facebookヘルプより引用


追悼アカウントになった後も、Facebook上にはこれまでの投稿を残すことができます。遺族や友達が追悼メッセージを書き込むことも可能です。

また、追悼アカウントとして残すのではなく、アカウントを削除することも可能です。(この場合は、故人の投稿は全て削除されます)

Faebookアカウントの追悼をリクエストする方法

こちらのページにアクセスして頂き、所定の手続きを行うことで、故人のFacebookアカウントを追悼アカウントへ変更する申請をかけることができます。

なお、いたずらに申請をかけることはご法度ですのでご注意下さい。偽証罪にあたるそうです。

追悼アカウントのリクエスト

Faebookアカウントの削除をリクエストする方法

故人の近親者であることを証明できる方にかぎり、こちらのページにアクセスして頂き、所定の手続きを行うことで、故人のFacebookアカウントの削除をリクエストすることができます。

この場合は何らかの証明書が必要になります。

例としては、亡くなった方の死亡診断書、出生証明書、委任状などです。

アカウントに関する特別リクエスト

もしものために追悼アカウントをお願いしておく

Facebookにアクセスし、1日の出来事を投稿したり、友人の投稿にいいね!やコメントをすることが日課になっている人も多いと思います。

自分が死んでしまった後に、アカウントがどうなるかなんて考えている人は、ほぼいないですよね。

ただプライバシーのこともありますし、生前に家族や友人に、自分が亡くなった後、Facebookアカウントをどうしたいかをしっかりと書面で残しておいた方が良いのかもしれません。

そんな時代なんですね。

※本サイトは、Facebook社とは関係ございません。Facebookに関するご質問はFacebook社にお願い致します。

この記事を見た人はこんな記事も見ています!