うわっ…Facebook退会、で検索増えすぎ…?Facebook離れが加速してるかも

Facebook退会

読了目安:[4 分

Facebook離れは本当か

去年から話題になっているFacebook離れですが、本当でしょうか?

2013年11月頃から、Facebook離れに関する記事を見かけるようになり、その話題は一気に盛り上がりましたが、12月には一旦収束した様に見えました。

ところが、この「わかること!」では、「Facebook 退会」「facebook アカウント 削除」などのキーワードで流入してくる人が今でも増え続けています。むしろ今年に入ってからが顕著で、検索クエリで見ると、2014年2月は2013年12月の3倍ほど増えています。

Facebookさよなら アカウントを永久削除して退会する方法」が該当する記事です。

というわけで、個人的には実感している、という状況です。

※12月と2月を比べると、順位が10.1位→8.2位と上がっているため、相対的に検索クエリは増加しますが、それにしても3倍増は多いという判断です。

Facebook離れのメディアの見解とは

実際にメディアに取り上げられる記事内容は、若者離れが中心となっています。

Facebookは、今回のデイリーユーザー数減少のデータを米国のローティーンに特有のデータだとしているが、調査会社globalwebindexによると、同様の傾向が世界的にみても確認できるという。

同調査会社によると、最も10代のユーザーの減少が大きいのはオランダで、今年4ー6月期から7ー9月期に10代のアクティブユーザー数が52%減少したとしている。マレーシアは45%減、フランスは44%減を記録。日本は12%減だった。ただ同社は、今回の調査結果にどれほど季節要因が関係しているのかは不明で、10ー12月期の結果がでるまでは、明確な傾向があるとの結論は出せないとしている。

参考:
湯川鶴章メルマガ ITの次に見える未来「ついに若者がFacebook離れ?時代が再び動き始めたか

日本の12%減がどれだけの影響があるかはわかりませんが、オランダの52%減は、季節要因で片付けるにはあまりにも大きな数字です。

Facebook離れが業績に影響を与えているか

Facebook離れが顕著だとすると、業績にも影響を与えているかもしれません。そこでFacebookの売上高推移を見てみます。

facebook売上高推移
画像参照:ITmedia「Facebook、モバイル広告が好調で売上高60%増、黒字転換」

13年の第三四半期までは急激ではないにしろ、順調に増加しています。

直近はと言うと、14年1月29日に発表されたFacebookの四半期決算でも25億8500万ドルと過去最高を計上しています。

月間ユーザー数も同時に発表されており、全体で12億3000万人で、このうち9億4500万人がモバイルデバイスからのアクセスとなっています。

今のところ業績に影響を与えているということはないようです。

また、若者離れと言うと、所謂モバイル世代離れと結びつくことが考えられますが、Facebookユーザーの77%がモバイルからのアクセスというデータを見る限り、こちらもなかなか疑わしく思えます。

Facebookのピークはもう過ぎているかもしれない

個人的見解を話すと、12億を超えた今がピークだと思います。今年、または去年末を境に徐々にユーザーは減少に転じることになるかなと。

※Facebookがどのような発表をするかはわかりませんが…

では、Facebookから他の同様なサービスに乗り換えるのかというと、そうとも思いません。LINEやWhatsAppは決して類似ではありません。Facebookのような雑多なサービスは次のタームでは生まれてこないと考えています。

ここに、なるほどと思った記事がありました。

筆者がたびたび指摘しているのは、モバイル時代になればなるほど、サービス名は明確な行為の名前、すなわち「動詞」になるべきというアイデアだ。「Google」はウェブ検索するという明確な動詞になり辞書にも載った。その動詞をモバイルでも実現できるよう、グーグルは努力している。「Instagram」はスクエアでイケてる写真を撮って共有すること、「Twitter」は140文字での情報発信、「Uber」はタクシーを拾うこと、「LINE」はスタンプ付きのメッセージ(トーク)を交わすことだ。

では「Facebook」は何の動詞になっているのか。つながること? 写真を共有すること? 「いいね」すること? ギフトを贈ること? どれも機能のピースではあるが、これといった明確さがない。
参考:
東洋経済ONLINE「フェイスブックはもう「旬」を過ぎたのか?

まさにこのとおりだと思います。雑多なFacebookは、端的にどのような行為をしているかがわかりません。

今のところ、Facebookの利用者自体はある程度上手くモバイルに移行できました。

ただ、LINE、Snapchat、Vineなど最近のサービスの特徴として「モバイルに特化している」、「行いたいことが明確」ということは、ユーザーが増える要素として重要なのかもしれません。

Facebookは今後どうなるか

10年近く前に世界のコンピュータは、5つに集約されるというような論調がありました。その候補がGoogle、Microsoft、Yahoo!、Amazon.com、eBay、Salesforce.comでした。

その後、Appleが加わりました。そして、Facebookが加わり、これら全てを抜くのは間違いなくFacebookだと言われていたのが、たった5年前です。

ただ、今の流れを見ていると、Facebookの伸長だけでなく、集約されていくという見通しも疑わざるを得ません。

更に今後Facebookがどうなるかもわかりません。

これを検証するためにも、わかること!のログは追い続けて、また報告したいと思います。

参考:
3割が今年中にFacebookをやめるという衝撃の調査結果?

※本サイトは、Facebook社とは関係ございません。Facebookに関するご質問はFacebook社にお願い致します。