他のFacebookページのファンにもリーチ可能なタグ付け機能

読了目安:[2 分

Facebookページからタグ付けが可能に

News Feed FYI」に、アップデートが公開されていたので紹介します。

今回のアップデートで、Facebookページ投稿の際に、他のFacebookページのタグ付けが可能になりました。

Facebookページからのタグ付け方法

個人のタグ付けと同じように、@(アットマーク)の後ろにタグ付けしたいページを入力し選択することができます。とても簡単ですね!
Facebookページからの「タグ付け」方法

タグ付けの活用方法

従来は、Facebookページに投稿することでファンにリーチし、ファンからいいね!、コメント等のアクションをもらえると、そのファンの友達にリーチができる、というものでした。

今回のアップデートにより、他のFacebookページをタグ付けすることで、タグ付けしたFacebookページのファンにまでリーチすることができるようになりました。

Facebookタグ付け例

例えば、スポーツ情報サイト「Bleacher Report」が、バスケットボール選手「Dwight Howard」にタグ付け投稿を行いました。

このタグ付けであれば、スポーツ情報サイトのファンとしても、Dwight Howard選手のファンとしても見たいコンテンツであるため、非常にマッチしていると思います。

ただし、不適切な表示を減らすよう、双方のFacebookページのファンに向けて表示を増やしたり、いいね!やコメントは、アルゴリズム的な考慮はされるようです。

ですので、「あのFacebookページはファンが多いから」といって、そのページのことを紹介し、タグ付けしファンを増やす安易な行為は、あまり意味が無いようです。

それはその通りですね。使い所は考える必要があります。

スポーツ系はタグ付けに向いている

最近であれば、オリンピックがあったので、それに関連するスポーツメーカーなどが、選手のページにタグ付けするといった行為はマッチしていました。

もう少しするとワールドカップもありますし、スポーツ系のイベントは非常にわかりやす効果が期待できますね。

スポーツ以外でも様々なイベントがありますので、考え方次第でどんなFacebookページでもうまく活用できるのではないでしょうか。

※本サイトは、Facebook社とは関係ございません。Facebookに関するご質問はFacebook社にお願い致します。