Facebookページの投稿表示を決めるエッジランク徹底解説

facebook

Facebookのエッジランクとは

あなたは、Facebookのエッジランク(EdgeRank)を知っていますか。

Facebookのニュースフィードには、「最新情報」と「ハイライト」という2つの表示方法があります。

最新情報は、文字通りポストが最新情報から順番に表示されます。ハイライトは、パーソナライズ(個人ごとに最適化)された情報が順番に表示されます。

Facebookのエッジランクとは、ハイライトの表示方法において、最適な情報を選んで表示するためのアルゴリズムのことです。

もしあなたが運営するFacebookページのフィードが他の誰かのタイムラインに見やすく表示されている場合、それは最適なフィードだとFacebookに判断されたということです。

Facebookページの運営者にとって、ハイライトにフィードが優先表示されることは、死活問題になり得ます。

そこで今回は、フィードのエッジランクを高める要素についてお話したいと思います。

Facebookエッジランクを構成する要素とは

Facebookエッジランクには、「親密度」「重み」「経過時間」という3つの要素があり、それぞれスコア化されています。

親密度(Affinity Score)

親密度(Affinity Score)とは、フィードの投稿者と閲覧者との関係性のことです。

つまり、普段どれだけFacebookのフォロワーとコミュニケーションをとっているか、フォロワーから「コメント」「いいね!」「タグ付け」「メッセージ」「プロフィール閲覧」などのアクションが行われているかが重要になります。

重み(Weight)

重み(Weight)とは、フィードに対して「いいね!」や「コメント」などのアクション回数によるスコアのことです。アクションの種類によって、スコアが変わります。

たとえば、「いいね!」より「コメント」の方がスコアが高いのですが、たしかに「コメント」よりも「いいね!」の方が気楽な分、コメントの重み付けはありそうです。

ちなみに、「動画>写真>リンク>コメント>いいね!」という順序で重み付けがされていると言われています。

経過時間(Time)

経過時間(Time)とは、フィードに対するアクションが起こるまでの経過時間のことです。

「フィードがポストされてからの経過時間」と 「リアクションが付いてからの経過時間」の2つがみられています。もちろん、時間が短い方がスコアは高いということになるのでしょう。

エッジランクの要素の優先度

エッジランクを構成する「親密度」「重み」「経過時間」には、以下の優先度があります。

エッジランクの要素の優先度

Facebookは公式に優先度を発表していませんが、「経過時間>親密度>重み」 の順番でスコアを算出していると想定されています。

経過時間の優先度がもっとも高い理由

まず、タイムラインに表示される情報のため、「経過時間」の優先度が高いのは当たり前です。そのため、今日のフィードはスコアが高く、1年経ったフィードはスコアが低くなります。

親密度の方が重みより優先度が高い理由

次に、「親密度」の方が「重み」より優先度が高いのは、Facebookにとって活発なコミュニケーションが行われているフィードの方が大切だという判断です。

わたしが「いいね!」を押しているFacebookページはたくさんあります。その中には、フィード一つひとつに対して多くの「いいね!」「コメント」を集めているページもあります。

それにも関わらず、わたしのタイムラインにそのフィードが表示されないことを考えると、やはり「親密度」の方が「重み」より優先度が高いと推察できるわけです。

ちなみに、「親密度」のスコアを上げるには、「BCEI」を意識すると良いでしょう。

BCEIとは、Facebookマーケティングの成功フローを形成する、「Build」「Connect」「Engage」「Influence」の4つの言葉の頭文字をとって作られた言葉です。

ネガティブフィードバックとは

Facebookエッジランクを構成する3つの要素に加えて、「ネガティブフィードバック」もエッジランクに影響を及ぼすと言われています。

ネガティブフィードバックとは、ユーザーがフィードに対して否定的なアクションを取ることです。ネガティブフィードバッグとは、ユーザーによる以下の4つのアクションです。

ネガティブフィードバックの定義
1. 特定のフィードを表示しない設定をする
2. 対象者の全てのフィードを表示しない設定をする
3. フィードをスパムとして報告する
4. 一度付けたいいね!を解除する

もし、あなたのFacebookページがこういったネガティブフィードバックのアクションを多くうけてしまうと、タイムラインにフィードや広告が表示されにくくなってしまいます。

エッジランクをあげる方法

もしフィードのエッジランクを上げたいなら、以下のルールを守ってFacebookページを運用してください。

・ファンに対して興味あるフィードを提供し続ける
・写真や動画をポストして、ファンからアクションをもらう
・リンクつきフィードを流して、リンクを押してもらう
・ネガティブフィードバックにつながるポストをしない

フィードの質は、「親密度」「重み」「経過時間」に左右されます。これらを意識して、効果的なFacebookページを運用を心がけてください。

もちろん、初めはあなたが運用するFacebookページのファンとって、効果的なフィードが何かわからないかもしれませんが、そこはトライ&エラーで効果検証をしていくしかないでしょう。

「1日○回はフィードをポストする」などのルールをもうけてFacebookページを運用しているなら、1回のポストで一人でも多くのユーザーにリーチする工夫を考えながら運用しましょう。